雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

中国、一人っ子政策廃止も大きなツケが

スポンサーリンク

一人っ子政策終了。でもその爪あとは消えない。一人っ子政策を廃止しても中国が背負い続ける「罪と罰」 


2015年末、中国では慌てて婚姻届を出そうとするカップルが急増したらしい。
理由は、1月1日から、正式に一人っ子政策が廃止されるから。そして「晩婚手当て」も廃止されることになった。

 

女性23歳、男性25歳が晩婚の条件だから都市では平均的な結婚年齢である。
結婚を意識していたカップルが、「どうせ結婚するなら奨励金や長期休暇の制度があるうちに」と民生局に殺到したのである。

 

でもさ、一人っ子政策ってもともと無理があったよね。

苦肉の策だったんだろうけど、子どもを生む生まないは、かんたんに国が介入できる分野じゃないと思うんですよ。だってすっごい大切な決断じゃん。

 

人口ピラミッドに変化

そりゃぁそうでしょう。

子どもを少なくしたんだから、高齢者の割合が圧倒的に増加するって。
それはつまり、若い人が高齢者のためにせっせと納税しなくてはいけない図ですね。

これが深刻な問題であることは言を俟たないが、高齢化や社会保障の財源不足問題は産児制限をしてこなかった国にも存在する。

だが、中国にはこれらに加え「一人っ子政策」という世界でも例を見ない実験の結果生じてしまった問題も多い。

その一つが男女比の歪みである。2012年の統計によれば中国の男女比は女性100に対して男性が117・7となっている。通常、自然の状態であれば女性を100とすれば男性が102~107の範囲であるとされることを考えれば、これがいかに異常なことか理解できるだろう。

この状況を踏まえ中国では、2020年には3000万人~3500万人の男性が「結婚できなくなる」と専門家が警告しているほどなのだ。


子どもを1人しかダメだー! とか無理なことやるから……。

農業をやっている田舎の家だと、特にそれが顕著だそうです。そりゃ、働ける男のほうが必要だよね。

そうやって子どもを選別するようになる。1人しか許されないのに、障がいをもっていた。さあ、どうする。そういった「選択」が迫られるんです。

 

いのちの選別、そして厳しい未来

実際は、こんなことが起こっていたようです。

 

自然状態では起きえない男女比が生まれた原因として胎内で男女の診断をして女性だと分かると人工流産によって処理したことが指摘されているが、農村部では生まれた女児を捨ててしまったり売ってしまったケースも多かったという。

国家衛生・計画生育委員会(国家計生委)は「医学的必要のない胎内での男女診断」と「医学的必要性のない人工流産」をともに禁じてきたが、問題がなくなることはなかった。  
2013年9月29日に配信された新華社の記事によれば、中国では毎年約1300万件以上の人工流産の手術(うち1000件は薬物によるもの)が行われたというのだ。

適齢期の男性が最大で3000万人から5000万人もあぶれるとすれば、それ自体が犯罪圧力になりかねない。
事実、中国南部では国境を越えて誘拐されたベトナムの女性が、お嫁さん候補として農村に売られてしまうという問題も起きている。

農村で女児が捨てられたのは労働力として男性を必要とすることが背景にあるのだが、一人っ子政策の範囲で対応できなければ出産したことを隠して育てるという問題も拡大したのだった。  

中国で戸籍を持たない子供たち、いわゆる“黒戸口(黒戸籍)”の問題だ

2014年7月から8月にかけ中国国家発展改革委員会は“黒戸籍”の実態把握のための人口調査を行っている。その結果、戸籍の無いまま暮らしている子供の数は、分かっているだけで約1300万人に上り、全人口の1%にも達したというのだ。

この1300万人の“黒戸籍”のうち約60%が生育計画に違反し、罰金が払えなかったことが理由だというから「一人っ子政策」の罪は重いといわざるを得ない。


うわあ……。

妊娠してまず心配しなきゃいけないのは、男か女か。女なら働けない。いらない。

すごい悲しいな。

自分の子はかわいいだろうに、産んでしまったから罰金を払わなきゃいけない。払えない。だから戸籍のない子どもとして育てる。それは決して明るい未来があるものではない。

やるせない……。

その上最近は、失独という問題が取りざたされているようで。
1人しかいない子どもを、事故や病気で失い、両親が老後の不安に直面するという問題だ。

1人しかいない。だからたくさんのお金をかける。将来稼げるようになってもらう必要がある。
そうやって育てた子どもを失ってしまえば、「アテが外れた」ということになる。

国に文句を言いたくなるのも当然だろう。

 

政策をやめれば、解決するのか

というと、そういう問題でもないみたい。当然か。

 

こうした中国が抱える問題を第2子までの出産を解禁した「二人っ子政策」がすぐにでも解決してくれるかといえば決してそうではない。  

今後中国が直面する社会保障の負担増という問題も含め、少なくとも20年は効果が期待できないとすれば、やはり大きな頭痛の種を背負ってしまったというべきだろう。


というわけで……とりあえず20年間で、人口バランスが戻って、とかは無理みたいですね。

っていうか、これくらい中国もわかってたと思うんですが……。


とにかく人口を減らすためになりふりかまわずって感じだったのかなぁ。そうだとしたら、ツケは甘んじて受けるべきですね。

中国は一時BRICsの「C」を担うほどの著しい経済発展を遂げていました。でも、若い人がいなきや、未来はありませんね。まぁ日本も人のこと言えませんが。経済は失速し続けるんじゃないでしょうかね。

子どもの命を選別しなきゃいけない政策を出した国の責任は、重いですよ。