読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツ発 雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

一般入試で入学したわたしから見れば、学校推薦はふざけてる

教育
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

推薦入試、あれなんなんでしょうね。学力以外の能力を見る、とかって理由で「学歴」を手に入れられるって納得いかない。

そんな能力があっても、学力足りてなかったら入る資格ないんじゃないの? 必死こいて勉強してるのに、内申がいいからって不相応にいい大学入れちゃうの? 

学力がすべてじゃない! っていうなら、一般と推薦でわけるんじゃなくて、推薦入学だけの入試にしたら?

  

わたしは、実力で入学した

高校は一応進学校だったので、学校推薦枠も結構よかったんですよね。

評定平均は5段階で4.5くらいあったから、推薦だってもらえた。っていうか勧められました。それがマーチだったから、推薦とれば安泰だったと思う。でも、望んだ学部じゃなかったんですよ。

「望んだ大学、学部で推薦もらえたから」っていう人は、まぁラッキーだったんでしょう。


でもさ、実力で入った人間からすると、ちょっと納得いかないんだよね。


だって学校推薦って基準があいまいじゃん。
偏差値60の高校の内申4.0でA大学に入れるとして、偏差値50の内申4.5でA大学の推薦がもらえる、とか。

そもそもレベルの違う高校の内申っていう基準がわからない。

高校によって推薦枠が違うから、そこで偏差値が反映されてるでしょうけど。内申なんてそれなりにやってればとれると思うんだよね。

いやね、推薦で入った人がどうこうとかじゃなくて。一般入試勝ち抜かなくても入学できるなら、それに越したことはないです。

それを叩くつもりは毛頭ありません。


推薦で受かった人を批判したいんじゃなくて、ただ推薦ってシステムが納得いかないわけです。


学校推薦って絶対に不公平だよ。その高校で希望する人がいなければかんたんに取れるわけだし、一般入試に比べたら、明らかに競争率が低いもん。

推薦の人もがんばったっていうけどさ

推薦の人は総じて、「楽したわけじゃない」って言いますよね。

人によっては「楽したいから推薦にした」っていう人もいるけど。そういう人はむしろすがすがしくて好きです。そういうスタンスもアリです。


でも、「落ちたときにそなえてちゃんと勉強してたから、馬鹿扱いされるのがいや」って理論。
だったら一般で入ればいいじゃないの。そしたら誰も何も言わないよ。と思ってしまいます。

あ、推薦の人の批判になってきてしまった。
でも「推薦もがんばった理論」ってちょっとわたしはわからない。ごめんなさい。


実際、推薦の人で3ヶ月間毎日10時間勉強した人がどれくらいいるかって話。

あんまりいないですよね。合格もらうのが10月とか11月だから、それ以降必死で勉強する人なんてわたしは見たことありません。

時間がすべてじゃないのはもちろんだけど、推薦で受かった人の中で、一般でも受かる実力あった人ってどれくらいいるのかなぁ。

いやね、学力だけじゃすべてじゃないっていうのも一理ある。っていうかむしろ正論。

でも日本の大学が「入学が大変で卒業が楽」である限り、入学時点で楽するのは、こっちからしたら悔しいわけです。

逆恨みっぽいですが、本当に逆恨みですw

 

学力で入学しろよ

日本は、いまだに学歴主義です。学歴が大切です。それなら自分の学力で入学しろよ! って思うんですよ。

AOだろうが学校推薦だろうが、入ったら同じ。同じ大学の学歴になる。それってずるくない? 就活では学歴を見られる。そこで、一般でも推薦でも、「早稲田、慶応」っていうブランドは同じ。


ずるいよ!!


わたしは必死こいて勉強したの! メンタル弱すぎて吐きそうになりつつ勉強したの! アニメも見ないで勉強したの!

なんやかんや、「不公平」だから納得できないんですよ。

だって推薦を受け入れたら、「あんなにがんばったのなんだったの?」って思っちゃうじゃないですか。もちろん学力だけじゃない精神的成長もしたんだろうけどさ。

内申が良い人はずっとがんばってたっていう考え方も聞いたことあります。でもたかだか内申ですからね。


受験って戦争だよ。受験戦争。それに勝ち抜いたんだよ。


でもさ、学校推薦って、しょせん学校内での競争じゃん。うちの高校だったら、250人の中の競争。それでがんばったって言われてもぴんとこないです。

まぁ人の人生ですから、推薦で志望校入れたならいいと思います。だって楽じゃん。

それなのに、「推薦でも勉強した」「推薦もらえる人は3年間がんばった人」っていう理論はきらい。
内申なんて受験ほど必死にならなくても、ある程度とれますし。


スポンサーリンク
 



一般と推薦は分けるべき

推薦で合格。別にぜんぜん問題ないです。そういうシステムですから。

でも学校推薦と一般では、質がまったく違うんです。推薦は内申がよかった人。一般は勉強ができた人。っていうか入試で点が取れた人。

それぞれいいところがある。でもそれを一緒に並べるのは違うんじゃないかと思うわけです。

人事支援サービスのHRプロの寺澤康介社長は「基礎学力の低下も確かにあるが、企業の採用担当者が首をかしげるのは、コミュニケーション能力や競争心のなさ」と言う。

「社会では壁にぶつかったときにそれを乗り越える突破力が求められる。また異文化に遭遇したときには、それに接点を見いだすコミュニケーション力が必要だ。受験では一発勝負に挑む覚悟と集中力が磨かれる。その経験の多寡に企業は注目しているのでは」(同氏)と分析する。

作家の佐藤優氏は本誌連載で「大学受験を本格的にした経験がある人とそうでない人とでは、同じ一流大学を出ていても、身に付いている勉強法がかなり異なっている」としたうえで、「現在の日本の学校教育では、受験以外に勉強の目標がなくなってしまっているので、大学受験を事実上迂回した人たちは、高校レベルの知識を記憶に定着させる機会がないまま社会に出てしまった」と指摘している。

東洋経済 


まぁこれは賛否両論ある考え方でしょうね。この考えが100パーセント正しいとは思いません。でもそういう面は少なからずあるんじゃないでしょうか。

その分推薦の人は面接とかが上手なのかもしれませんし、一概に悪いとはいえません。

とはいえ、学校推薦と一般の人が、大学に入学した時点で同じスタートラインに立てることに疑問があります。

素行が悪くて内申さんざんだったけど勉強できた人。自頭がよくて、さした努力をしなくてもいい内申をもらっていた人。
これはまったく違いますよ。


でも入学して卒業したら、同じ学位が手に入る。一般の人ってそれなりに入学に苦労したんだけどなー? って思っちゃいます。

ひねくれてるのは自覚してますが、やっぱり納得いかないよ!

推薦っていう方法で学力以外を見るのはあり。でも一般と一緒にされたくない。

……と思うのは、心が狭いわたしだけでしょうか。

ひとつ言わせていただくと、わたしは第一希望に入れましたよ。嫉妬ってわけではないですw