読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツ発 雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

STAP細胞小保方さん、手記出版。本書いてないで実験しなさい

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

STAP細胞で世間を賑わせた小保方さん。2014年1月の出来事です。彼女が手記を出版するそうな。まじかい。

 

あの騒動を振り返る。鮮やかな手のひら返し

すごい騒動でしたねぇ。ちょっと振り返ってみます。はい、まずSTAP細胞ってなんでしたっけ。

STAP細胞は、どんな組織にでも変化できる機能を持った多能性細胞の一種で、臓器や筋肉に変化することから、医療への応用が期待された。
同じ多能性細胞のiPS細胞やES細胞と比べて作り方が圧倒的に簡単で、刺激を与えるだけでできるとされていた。

HUFFINGTON POST 


そうそうこんな感じでした。
わたしはこういうことに疎いので、要は「超便利でかんたんに作れる細胞」が見つかったよって話ですね。

「うおー!すげぇじゃん!」って盛り上がった日本。でもすぐにその成功に影がさします。

論文中の証拠となるマウスの筋肉の写真が博士論文からの転用だったこと、遺伝子の実験データに改ざんのあとがあったことなどがネットユーザーらによって指摘された。
また、論文の根幹をなす、STAP細胞がT細胞からできていることを示す証拠も明らかでないことが判明し、理研は最終報告書で不正があったと認定した。
HUFFINGTON POST


これはまずいですねぇ。

理系は研究報告にめちゃくちゃ厳しいのが当たり前。なのに世紀の発見は画像転用だったと。で、根拠もなし。
リンク先に詳しい時系列なんかも載っているので、気になる方はどうぞ。

もてはやされた「リケジョ」

小保方さんがもてはやされたのは、やっぱり女性だったからでしょう。アイドル化ですね。リケジョなんて言葉も流行りました。でも女子が理系だからって何って話ですよ。

割烹着ですか。あざといですね~。


いや小保方さんがどうこうよりも、アピールするやり方が。彼女は踊らされたんじゃないかなー?と思ってます、個人的には。

実際割烹着着て実験なんてありえないって声もありましたけど、わたしは文系なんでわかりません。

「リケジョの星」的にもてはやされた彼女。あざやかな手のひら返しをくらいます。

バッシングすごかったですよねぇ。連日大ニュース。

そして手記とか……

はい、本題です。彼女が手記を出版するそうです。研究者を目指すところから、あの騒動までをつづっているらしい。

まぁよくあるパターンですよね。「壮絶な過去を語る」みたいな。

内容はちょっと気になるけど、どこまで本当か怪しいものです。手記でまた話題を集めて復活しようとする人、多すぎ。そろそろお腹いっぱい。

それでもある程度注目されて売れちゃうんでしょうねぇ。うーん……

本書いてる暇あったら実験すれば?って感じ。


1年かけてSTAP細胞があるか確かめるみたいな話なかったっけ? いま何やってんの? 頓挫?
結局うやむやじゃんね。

小保方さん騒動じゃなくて、STAP細胞があるかどうか説明してくれよ。


誰が書いたか知らないけど、そんなことに時間を使うなら、あなたは実験すべきですよ。

暴露本商売ってあざとくて好きになれない

まぁ興味がないわけじゃないけどね。
 
この前話題になってたのは、酒鬼薔薇聖斗。わずか14歳の少年が、児童の首を切断、頭を校門に掲げたというショッキングな事件。

この人も手記を出しました。まぁこの人は自己顕示欲が強いからだと思うので、小保方さんとはちょっと方向が違うかもしれませんが。

いままでもたくさんの有名人がやってます。一種の商売ですね。

こういう半生をつづるって名目の暴露本みたいなのを、好きになれません。

「失敗」した人たちが「再起」をかけているような気がするんですよ。


小保方さんはもう研究者としての道が閉ざされたようなものですから、名誉挽回して復帰を狙っているのかもしれません。 

別に手記じゃなくていいんじゃないかなぁ。

まじめに実験してたんなら、ちゃんとSTAP細胞を証明すればいいじゃん。
してなかったんなら、もう研究者は諦めておとなしくしといた方がいいよ。


こんな形でまた注目をあびて、何をしたいんでしょうか。わたしはわからないなぁ……。

この騒動の裏には闇みたいなのが隠れてる気がしてならないんですよ。
手記でぜんぶは語ってないと思うけどどうなんだろう。買う人、教えてください!