読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツ発 雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

転勤族のわたしが思う、引っ越すべき理由3つ

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

引越しはした方がいいね。3年に1回くらいはすべき。

わたしはお父さんの仕事の関係で、高校までの15年間で横浜→姫路→相模原→横須賀→高松→小金井→横須賀と引っ越してます。

横須賀に家買ったので、高校+大学は横須賀の家から通ってました。
横須賀いいよ~。

  

1回くらいは転校しとくべき

転校はいいね! 子どもがいる人は、思い切って引っ越しちゃえばいいと思うよ!

転校すると子どもに迷惑がかかる……。なんてことはありません。はずれを引く可能性がないとは言いませんが、同じ場所でぬくぬく育つよりはいい経験になります。

転校すると、「社交性」「順応力」「忍耐力」がつくんです。

  • 社交性
言わずもがな、社交性は上がりますね。見知らぬ人の中に放り込まれるっていう経験はいいですよ。自分のキャラを模索するし、「優しい人」と「敵意がある人」の区別がつけられるようになります。

人見知りのお子さんとか、なおるかもしれませんね。

  • 順応力
香川に転校したとき、いろいろと驚きましたね~。

まず、方言。標準語で話したら、「うわ気取ってるwww」って言われたこと、いまだに忘れられません。

で、1ヶ月くらいでバリバリ方言話すようになったんよ。子どもの柔軟さってほんますごいやんね。

ほかにも授業の速度が違ったり、「ケイドロ」「ドロケイ」って呼び方違ったり、制服の着こなし方が違って生意気に見られたり。

なつかすぃ~

そんなことも受け入れられるようになります。っていうか受け入れないと生活できないからね。

小さいうちに、「環境に適応する」力を養うのって大切だと思います。

  • 忍耐力 
やっぱり良くも悪くも転校生って目立ちますからねぇ。それに、なにもかもわからない状態ってすっごいストレスです。慣れるまでは、忍耐力が必要です。

転校って、「環境の変化」に対応するための能力を得られるんですよね。子どものときに経験しとくのは、悪いことばっかりじゃないですよ。
 

なんかうまくいかなきゃ引っ越してみよう

こう、なんかうまくいかないなぁって時は、引っ越せばいいと思うんですよね。

帰る場所である家が変わるって、すっごい変化だよ。でも引越しって、「気分」でするものじゃなくて、「事情」でするものだって考えてる人が多いじゃないですか。

そんなことないよー。引っ越しちゃえばいいじゃん!

引越しは確かにお金がかかりますけど、環境を変えるっていうのは、それだけの価値があると思います。

なんか気がめいる。なんかやる気がでない。そんな人は思い切って引っ越しちゃえばいいと思います!


住まいが変われば人が変わる

っていうじゃないですか。環境を変えれば、人って変わるんですよ。だってさ、東京から竹富島に引っ越したりしたらさ、人だって変わるでしょ。

横須賀はのんびりした人が多いかな~。香川は逆に気が強い子が多かった。
それに適応しようとしたら、自分も変わる。

ちがう言い方をすれば、環境を変えて見知らぬ土地にいれば、あらたに人間関係が築ける。そこで自分を変わる努力をすれば、そこで知り合う人たちは、新しいあなたを認めてくれる。

自分を変えるなら、引越しを機会にするといいんじゃないでしょうか。 

そろそろ引っ越したいなぁ……。

引っ越したいと思ったあなたは、来月引っ越そう

あーたしかに引越しっていいかも。って思ったそこのあなた! もう来月引っ越しちゃえば?

一人暮らしなら、自分でバンでも借りて荷物運べば、お金もあんまりかかりませんよ。 思い立ったが吉日! そのまま引っ越しちゃいましょう。