読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツ発 雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

学歴はもう古い、塾歴の時代がくる!ってマジかよ、ありえないだろ

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

ものすごく興味深い記事を発見しました。
日本のエリート教育を牛耳るたった2つの塾 という東洋経済オンラインの記事なんですけどね。エリート教育がもうかわいそうで仕方がないって話。

 

わたしは偏差値に囚われず、興味のある分野を自発的に学ぶ方が健全だと思いますが。

 

中学受験が終わればそのまま大学受験へ

これ、びっくりしましたよ。心の底から引いたね。ドン引きだよ。

高橋康志さん(仮名)の息子・道正くん(仮名)は、第1志望だった駒場東邦(以下、駒東)に合格した。

2015年の東大合格者数82名。開成、筑波大附属駒場(以下、筑駒)、灘、麻布に次ぐ全国5位。押しも押されもしない中学受験の超人気進学校だ。

塾の送り迎えはもちろん、塾がない日は高橋さんが家で勉強を見た。入試直前から当日の約2週間、高橋さんは会社を休んだ。
親子ともに、昼も夜もなく週末もなく総力で臨み、つかんだ合格だった。

合格を確認して最初にしたことは、大学受験塾「鉄緑会」への入塾手続きだった。

合格直後のこのタイミングなら、駒場東邦の生徒は「入会選抜試験(以下、入会テスト)」が免除される。駒場東邦は、たった13校しかない「指定校」の1つだからだ。


ええ!なにそれ!


本気のエリート教育ってこんなにすさまじいのか……。知らなかった……。

っていうかw 2週間会社休むってはじめて聞いたんですけど! いや有給だからどう使おうが勝手なんだけどさ……。
これを「やりすぎ」って思うのはわたしだけかな……。

中学受験が終わって息つく暇もなく、6年後に向けての受験勉強が始まっているのである。

高橋さん親子だけではない。道正くんは、春期講習の初日だけで、サピックスの同じ校舎の友達10人と出くわしたという。

ほとんどが「α」と呼ばれる最上位クラスの生徒たちで、開成、筑駒、桜蔭など最難関校に合格していた。

同じ中学受験塾でしのぎを削り合った最上位クラスの卒業生たちが、思い思いの中高一貫校に合格していく。

しかしそれからたった6〜7週間後、再び同じ塾で出会い、「東大」という同じ目標に向かってともに学び始めるのである。 


うん、一息くらいつかせてあげようか! これ鬼畜すぎるでしょどう考えても。


小学生なんだよね? 12歳でしょ? それで東大って……。わたしが12歳のとき、大学名なんて近所の香川大学しか知らなかったわw

その子たちは、「東大はいるぞー!」って燃えるんでしょうね。洗脳ですもんね。でも、東大でなにやるんでしょう。やっぱり医学部目指すのかな。

脳みその無駄遣いですねー!

 

わたしは親が「勉強するかどうかは自分次第」という考え方のおかげで、ストレスなく自分から勉強するようになりました。受験勉強も楽しんでました。

 

スポンサーリンク

 



塾がエリートを育てる社会

塾歴ってはじめて聞いたぞ。

ちなみにわたしは東進でした。東進生だったお兄ちゃんのテキストそのままもらえるし、自分のペースで勉強できるから。

いい先生って横浜とか東京に集まってたから、横須賀だとたかが知れてたんですよ。だから東進で林先生とか安河内先生の授業を、DVDで見てました。でも「合格させる塾」ってのは、確かに存在してるみたいです。

 

特に注目に値するのは、東大理Ⅲ(医学部)の定員に占める鉄緑会出身者の占有率。

日本における最難関、受験競争のヒエラルキーの最上位のなんと6割以上が、鉄緑会出身者で占められているのだ。

東大理Ⅲに多くの合格者を出す学校といえば、灘、開成、筑駒、桜蔭あたりが有名。
それぞれ個別に見ていくと、たとえば2015年に開成から理Ⅲに合格した14名中13名が鉄緑会出身だ。同様に、灘では15名中13名が、筑駒では9名中8名が、桜蔭でも9名中8名が鉄緑会なのである。

卒業生数と東大合格者数の割合から東大合格率によるランキングを作ってみたり、各大学の偏差値と合格者数をかけ合わせて学校ごとの「大学合格力」なる指標で並べてみたりして、「どの学校がいちばん東大に近いのか」「いい大学に行ける学校はどこか」をあの手この手で比べようとする。

それによって翌年の中学受験における各学校の倍率が如実に変わる。しかしそれも虚しいことに思えてくる。
「学歴」よりも「塾歴」。

この国では塾が受験エリートを育てているのだ。


もはやこの塾と東大の癒着を疑うレベルですねw どんな教育してんだよ。


っていうかさ、塾ってもともとは「学校教育のサポート」だったはずでしょ?
なんで受験のために塾が必須なんですかね。学校行く意味なくなっちゃうじゃん! だから家庭の経済力が学力になっちゃうんだよ。

やっぱり腑に落ちないね、この「エリート受験戦争」。エリートだから幸せになる、ってしつけしてると、おちこぼれた時に人生詰みそう。

 

やらせる勉強に価値はないと知れ

うちは勉強に関しては完全放任主義でしたね。ありがとう! 勉強しろなんていわれたことないし、テストの点や成績でどうこういわれたこともない。本当にありがたいです。


そのぶん、勉強は自分でやりました。やりたいときに、やりたいことを学びました。


いまでも覚えている、お母さんの言葉があってですね。

「勉強は自分のためにするものだから、したくなければしなくていいの。困るのも喜ぶのも自分。自分の勝手よ」


お父さんもお母さんもこのスタンスだったので、むしろ「やろう!」って思いましたね。だって言い訳できませんし、自分でやった方が達成感ありますし。

だれも「やりなさい」って導いてくれないから、勉強しないと「自分に返ってくる」んだから、自発的に勉強しました。

おかげさまで、勉強が好きな子になりました。「やりなさい!」なんて言われたら、そのまま教科書燃やしてたでしょうね、わたし。

 

勉強ができても何か足りてなさそう

いや、わたしの身近にこんなエリート教育受けてる人いませんけどね。だからこれは価値観の問題なんですけど。

受験に恋愛は無駄です(会場笑)。

1日は24時間しかありません。女の子とスタバで2~3時間、お茶する。年1回ならいいですよ。
けれど10回あれば30時間! その時間があれば参考書が1冊終わります。
恋愛している場合ではないことを教えましょう。

「男前じゃなくても、医学部に受かったら彼女ができる、良いことがある」と持っていったほうが良い。恋愛だけじゃなく、いいものは努力して勝ち得るほうが人を成長させます。実際、医学部に行けばモテます(笑)」
dot.


と言ってるわけです。こんなお母さんいらないよねw クソうざいよw

こういう「お受験ママ」は、学歴を得る=子供がしあわせになるって思ってるんでしょうけど。そんな考え方のもと育てられた子供は、不幸ですね。不運です。

親が子供に教えるべきなのは、「人にやさしくすること」「人の内面を見ること」「自分で悩んで解決すること」とかだと思うんですよ。決して、「学歴があればモテる」なんてことじゃない。


こんな教育してたら、子供が「なにか欠けた人間」になりそうですね。
ポケモンの話題とかもできないだろうし、受験科目以外、すごく無知なんじゃない? 「時刻表の見方がわからない」とかさ。

学歴があっても、世間知らずは社会的に相当なハンデになるよ。

学歴で人間性は買えませんからねぇ。

 

何かひとつに特化させると絶対に失敗する

例で取り上げられている男の子、東大に受かるんでしょうかねぇ。こういう教育してると、挫折したら一環の終わりですね。
よくあるのが、「自分よりできるひとがいっぱいいた」パターン。


自尊心ばっかり大きくなって、「東大に入らないと悪!」みたいな教育受けて、東大入れなかったら……。考えるだけで気の毒です。

スポーツ推薦とかでもそうですけど、結局なにかひとつに特化させると、保険がきかないんですよ。
自分の意思で道を選んだんなら割り切ることもできるでしょうけど、親の言いなりでやってきて挫折しちゃうと、もう目も当てられませんね。


もしそんな教育してて、子供が大学落ちたらどうするんでしょう。このお母さんは、その子の人生に責任持てるんでしょうか。刺されても知らないぞ。

 

子供はのびのびやってりゃいいんだよ

そりゃ、学歴なんてあるに越したことありませんけどね。でも子供のときにしか学べないことって、腐るほどありますし、そっちの方がよっぽど大切ですよ。


お受験ママって、自分が学歴にコンプレックスを持ってる人が多いですね。子供は「親の無念を晴らす存在」じゃないですよw それぞれの人生や可能性を持っているんです。

ま、そんなやり方で東大入って医者になったとしても、ぜんぜんうらやましくないです。むしろ同情しちゃう。


勉強したい子供は自分から勉強はじめるから、小さいときはちゃんとのびのびやらせてあげなよ。