読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツ発 雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

2分の1成人式は、子供のプライバシーを侵害してる? 社会病んでんな……

教育
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近の小学校では、2分の1成人式なるものがあるそうです。10歳をお祝いするんだとか。 わたしの時代はなかったなぁー。七五三あって成人式もあって、10歳も祝うのか。

小学校で大流行「2分の1成人式」の"異様"という記事です。

 

親への手紙、思い出の品なんて論外?

小学校では、授業参観などでよく、「親への手紙」がありますよね。なに書いたか覚えてないけど、一生懸命書いた思い出があります。面と向かってはなかなかいえませんからね。


でもそれは、子供の「個人情報コントロール権」を侵害してるそうな。なんぞそれ。

学校によって内容は異なるのですが、よく問題になる点は2つあります。

ひとつは「親への感謝の手紙」を書かせること。もうひとつは、子どもが生まれてからの10年間を振り返るために、写真とか名前の由来とか、いろんな思い出の言葉や品を引っ張り出してくること
ですね。

まず、「親への感謝」の手紙ということで言えば、
家庭で虐待されている子どもはどんな気持ちになるかというところ。


「過去の10年のいろんなものを引き出してくる」ということでは、離婚や再婚、里親、養親、施設などの子どもや家庭をどう考えるのかというところ。そういった問題があるのに、そこにはフタをして、「いいものだ」ということで行われているのです。


まじか……。
親への手紙がここまで深刻な「悪」だったとは……。って嘘でしょ!?


虐待されてる子、複雑な家庭環境がある子。クラスが40人なら、1人や2人いるかもしれません。

でも「そういう子がいるから、親への手紙や思い出の品を見せるのはかわいそう」ってちょっとねぇ。虐待は完全に犯罪だから、犯罪に一般基準をあわせるのはおかしい。


離婚や再婚、養子縁組とかが「言いたくないこと」であるんなら、それはまわりの理解が足りないんじゃないでしょうか。養子だから恥ずかしいとか、まともじゃないとか、まわりがそう思うから本人が言わないんじゃないですか?

家族っていうのは血が前提ってところもあるけど、家族だと思うから家族なのに。


しかも、複雑な家庭状況があったとしても、それが不幸と決め付けてはだめでしょう。そういう子だって、「楽しかった思い出」があるのは当然です。あっちゃだめなの?

そういう家の子は、たしかに「家庭」への考え方が「みんな」とはちがうかもしれない。でも、書きたいこと書けばいーじゃん。書きたくなければ「将来の夢」とかってテーマに変えればいーじゃん。

 

わたしは親への手紙とか、ふだん言えないことを伝えられるからいいと思うけどなぁ。むしろそれがきっかけで子供の悩みとかに気づけるかもしれないじゃないですか。


あえて読み上げる必要はないかもしれないけど、手紙を書くこととかはいいと思いますよ。

 

プライバシーの侵害だ! 論

その一方、「親への手紙」などによって「家族情報の開示を強要する」ことはプライバシーの侵害だと考える人もいるようです。


家族に関する情報はプライバシーの中でも核心的な情報です。「センシティブ情報」というものに当たる。

2分の1成人式というのは、そのセンシティブ情報を引き出させているということ。それはやっぱり、学校といえどもそう簡単にやってはいけないことです。

 2分の1成人式をうまくやっている学校というのは、たぶんそういうセンシティブな情報に触れずにやっているんだと思うんです。

個人のバックグラウンドには入らずに、「これから何年後に、みんなはどういう高校生になっていたい?」とか、「どういう仕事につきたい?」といった発表をやっているところもあるんですよね。

でも実際にはまだ、
プライバシーに踏み込んで「親が感動して泣く、子どもも泣く、それを見て先生が大喜びしてまた泣く」というのをやっているところが多い(苦笑)。


ぷ、ぷらいばしーときたか……。

そういえば最近、連絡網ってないみたいですね。個人情報保護とかで。わたしのときは、新学期にクラスの子の家の電話番号一覧を配られましたけど。
時代は変わっていくんですねぇ……。


っていうか発表されたら困る親の事情ってなにがあるんだろう。正社員じゃないとか、ブルーカラーの仕事とか?
もしそうなら、学校では「職業に貴賎はないこと」を教えるべきだと思う。

学校で子供が話すレベルで困ることがある方がちょっとまずいんじゃないでしょうか。たとえば離婚してたって、だからなにって話。

 

プライバシーってなんのことを差してるのかわかりません。勤め先? ライフスタイル? 言われて困るの?

 

学校教育って変わったなぁ……

わたし結構若い世代なんだけど、そう思いますね。運動会でも、1位を決めない、とか。こう、いろんな理屈を使って、文句をつけたがっている人が多いように思えます。


だってさ、子供が徒競走でビリだったら、「人の良さは足の速さで決まるんじゃない」って教えてあげられるじゃん。それで1位だったら、目一杯褒めてあげればいいじゃん。


順位を決めることが良くないって風潮がありますが、実際社会は競争で成り立ってます。徒競走で1位じゃないと立ち直れないほどの傷を負うんなら、社会じゃ3秒で死にますよ。

そういうことを習うのも、大切なんじゃないでしょうか。

親への手紙はプライバシーの侵害とか……。もう秘密結社でも作りたいの? って引いちゃいます。

スポンサーリンク

 



 

行事なにもできなくなる

今回のことだけじゃなくて、みんなごちゃごちゃ言いすぎ。どんどんヒートアップしそうですよね、モンスターペアレンツのときみたいに。

なんかこういうのって納得いかない。虐待されてる子がいるかもしれないから、親への作文はダメ? 虐待してる方がオカシイのに、なんで作文の方をダメにするの? ことなかれ主義? 作文で虐待に気づけるかもしれないじゃん。

 

親のプライバシーって言うけど、「これは秘密ね」って言ったら10歳なら理解するでしょ、ちゃんと理由があれば。

親が後ろめたいことがあるのか知らないけど、基本的には作文に書かれて困ることしなきゃいいじゃん。

 

っていうかそんなグダグダ言うんだったら、2分の1成人式なんてやめれば? わたしの学校にはなかったぞ。