雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

日本の難民制度はゆがんでる? 鎖国してた国ですよ?

スポンサーリンク

日本の「難民制度」を歪めているのは誰なのかという記事。島国鎖国経験アリの日本が、地続きのヨーロッパのように難民を受け入れるとでも思っているんだろうか、なんて感じました。

 

日本は島国だから「自分の国」って意識がことさら強い。それに長い鎖国時代を経て、日本は独自の文化や価値観を構築してるんだから、難民を受け入れたい人が少ないのは当然じゃないでしょうか。

 

日本の難民制度をゆがめているのは誰か

という記事なので、犯人探しをしましょう。まず、犯人を捜すためには状況をよく調べなきゃだめですよね。

2005年に384人だった難民申請者は、この10年で急増し、2014年には5000人に膨れ上がった。
だが、認定されたのは11人。認定率はわずか0.2%だ。

なぜ、申請数と認定数の間にこれほど大きな開きがあるのか。

難民行政を司る法務省があげるのは、「乱用的申請が多いから」という理由だ。 母国で迫害されているわけでなく、本来は「難民」とはいえないのに、「日本で働いてお金を稼ぎたい」といった理由で来日し、難民申請する外国人が多数いる。


とのこと。日本って受け入れあるんだー。ってくらいな印象です。11人「も」認められたと思うわたしは、少数派なんでしょうか。

 

法務省がいけないのか?

「根本的な問題は、保護されるべき難民が適正に保護されていない現実です。
『乱用』を強調するあまり、難民保護とは異なる動きにばかり目が向いてしまうことには賛同できません」と渡邉弁護士は言う。

「本当の難民が、日本で働きたいと考えて、難民申請をすることには何の問題もありません。『難民性(=迫害のおそれ)』と『働くこと』は、決して矛盾するものではないのです」


とのこと。

法務省としては、疑わしくは、って感じなのかもしれません。
日本の難民の条件は知りませんが、働くことを許容してしまうと、就労目的のアジア人が殺到するでしょうね。

 

入国管理局が悪いの?

次の容疑者は入国管理局。

 

「入国管理局が難民申請した人に対しておこなうインタビューにも問題があります。申請者はまるで、刑事事件の被告人のように扱われています

インタビューの回数があがるほど、どんどん細かい質問をされるようになった。

「申請書に書いてあることと違う」などと、矛盾をつくような「取調べ」で、難民の調査というよりも退去強制のためのインタビューのようだったという。


これは難しいなぁ。でも事実なら矛盾が生まれない、って思うのはわたしが甘いからなんだろうか。
でも恫喝されたりしたわけじゃないなら、「適切な事実調査」だと思います。軟禁したりはアウトですけど。

あと、誤訳の問題も取り上げられていました。それは難民どうこうじゃなく、ちゃんとした通訳呼びましょう。どっかの手話の人じゃないけど。

 

じゃ、裁判所?

次は裁判所です。

 

裁判所は、難民問題について適切に判断できていない――。渡邉弁護士はそう考えている。

背景には、難民について専門性のある裁判官が日本にほとんどいないことがあるという。

世界の約60カ国から裁判官が集まり、難民認定の水準を統一していくことを目的としたネットワーク『難民法裁判官国際会議』に、これまで日本から正式参加した裁判官は一人もいないとされる。


まぁ0.2%の承認率じゃね……。需要がなければ供給がないのは当たり前の話です。

 

日本は受け入れたくないんだって

全員が全員んじゃないけど、「日本は日本人のもの」って考えが強い。

よそはよそ、うちはうち。日本は日本でがんばるから、お前らはどこか他の場所でがんばれよっていう考え方があるんじゃないでしょうか。


だって島国ですし。鎖国してましたし。日本独特の文化ってすごいと思いますよ。「日本だけの特徴」なんていっぱいある。そしてそれを誇りに思っている人が多い。

その日本が、いきなり他国の困っている人を助けるっていうのは難しい。


法務省か、入国管理局か、裁判所か。どっちにしろ、どこも「基本的には受け入れたくない」って態度がありありと出ていますよね。

法律では受け入れられる制度があっても、実際は受け入れたくないんでしょう。
だからこうなる。どの機関が悪いというわけじゃなくて、考え方の問題ですね。

 

難民受け入れのハードルは高くて良い

そもそも、日本って社会福祉はぜんぜんダメですし。日本人にだってそうなんだから、難民が国の恩恵を受けられないのもしょうがないです。日本っていう国は排他的で、国からの支援が乏しいんです。そう思ってきてもらわないと、お互いにとって良くない結果になると思います。

日本に難民申請に来た人たちは、「だめもと」かもしくは「日本はアジアの夢」という考えのどちらかでしょう。

だめもとなら、首尾よくいけばラッキーですね。でも日本に過剰な期待をしていると、裏切られることになります。だって受け入れる基盤が出来ていませんから。日本の難民受け入れは、制度の問題ではなく世論の問題じゃないでしょうか。