読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツ発 雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

学生は海外インターンをやった方がいい。その理由とメリット。

ドイツ生活
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

海外インターン、人気ですよねー。
わたしは海外インターンは参加していないのですが、ドイツでインターンのようなもの(試用期間)をしたことがあるので、その経験から海外インターンをやるべき「理由」と「メリット」を紹介します。

 

学生というブランドをフル活用すべし

学生って本当に最強ですよ。まじで何でもできるからね。これが「海外インターンをすべき理由」です。

社会は、学生に優しいんです。まだ「一人前の社会人」ではないから、学生割引があったり、年金を納める猶予があったりする。

いま学生ビザでドイツにいるんですが、多くの施設やイベントで学生は安くなります。一種のブランドですねー。


そして学生でいる一番のメリットは、時間があること。その割りに経済的に余裕があること。


人によりますが、学生はバイトする時間もあるし、勉強する時間もありますからね。だから「やりたいこと」をやるにはぴったりなわけです。


海外のインターンなんて、学生じゃなきゃなかなか出来ません。


ニートやフリーターだったら、相手が受け入れてくれるか微妙ですし、社会人だと仕事をかんたんに休めませんからね。やっぱり何かするなら学生が一番です。


働き方の概念が壊れる

これは「するべきメリット」ですね。

学生であるってことは、まだ社会人として働いたことはないと思います。だいたいは。
すると、働くっていうことがまだちゃんとわかってないんですよ。まぁ学生ですし。

日本の労働環境は特殊です。だから、その日本の労働環境に慣れる前に、海外を見ておくことはとても良い経験になると思います。


海外、というよりドイツなんですが、ドイツは完全に分業です。自分の仕事は自分のもの。人の仕事は人のもの。つまり自分の作業を効率化すれば、自分は楽できるんですね。

それを学んでからは、自分の仕事をやりやすいように配置をかえたり、予定を組んだりして、できるかぎり快適に働くように心がけました。

海外、という「未知なる世界」に飛び込むことで、気づくことはたくさんあります。
日本だとみんなと足並み合わせるように言われましたから、これはドイツでやってみたから学べたことです。


こういう言い方は個人的にあまり好きではありませんが、就活でも有利になるでしょう。TOEIC800点より、海外企業のカバーレターの方が有効だと思います。

外資系に勤めたい人なんかにはおススメですね。
さらに海外で就職、もしくは将来転職したい人は、基盤づくりの第一歩になります。


 

ボランティアじゃだめ?

ボランティアとインターンは質がちがいます。
医療やNGO系に進むなら、ボランティアもいいですね。

ですがわたしとしては、ボランティアよりもインターンを勧めます。


ボランティアって、基本的に来るもの拒まずじゃないですか。言ってしまえば、誰にでもできます。
もちろんボランティアでしか出来ない、学べないことがあります。だからボランティアもとてもいいと思います。

でも勧めるならインターンですね。


社会人になってからでも、東南アジアで1週間ボランティアをすることはできます。でも1ヶ月アメリカでインターンするのはは難しいんじゃないでしょうか。

ボランティアはいつでも出来ます。ですがインターンは学生向けが多いので、学生のうちにやっておくのがいいでしょう。


学生でいられるのはあと何年? やるなら今だよ


例外的に学生期間が長い人もいますが、大学生なんて4年でしょ? せいぜい6年。
わたしは第2の大学生活を送っていますが……。

それに比べ、社会人生活はまぁ40年弱。いろいろ出来るわけですよ。それこそボランティアもそうだし、海外旅行だってそう。

でも「学生の特権」はやっぱり学ぶこと。働くということを学べるインターンは、学生だからこそのものですね。特権です。逃しちゃもったいない。


海外のインターンは不安がつきものですが、海外ビジネス武者修行プログラム なんてサイトもあるので、心配な人は代理店を通しましょう。

せっかく学生ならインターンした方が良いし、するなら海外いっちゃえばいいと思う!