読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツ発 雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

伸び悩んだ時、お父さんにもらった一言を今でも覚えている

ライフハック
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

あーあれももう3年前かぁ……。時の流れが速すぎて、このまま朽ちて死んでいくのではないかと不安に駆られます。いえーいネガティブ!

で、ネガティブ人間のわたしは3年前の3月、やっぱり超ネガティブでした。

 

とにかく辛かった

3年前のこの時期は、留学中でした。

留学してすぐにドイツ人の人と付き合い始めたんですが、3月に別れちゃったんですよねー。同棲状態だったので、急に異国の地でひとりぼっちになりました。

しかもイースター(復活祭)で祝日続き、友達はみんな実家へ帰省。祝日だって知らなくて、スーパーが閉まってしまって食料もない。なんなら3月末なのに雪も降っていた寒冬の年という最悪のコンボ。

その頃あたりで、ドイツ語も伸び悩んでいたし、ちょっとホームシックになった時でした。


友達は実家、わたしは寒い中食料のない家でひとりぼっち。
「あーなんでドイツなんかにいるんだろ……」とやさぐれ、落ち込んでしまいました。

今考えれば、初の一人暮らしで、しかもそれが異国の地で心細かったんだと思います。


今でも心に残っている言葉

ふとFacebookを見たら、お父さんがログインしていまいした。日本は確か、午前4時とかだった気がします。

とてもさみしかったので、「もう起きたの? スカイプしない?」と連絡しまいした。お父さんはすぐに「いいよ」と答えて、スカイプで電話をかけてくれました。

久しぶりにお父さんの声を聞いて、ぽろぽろ泣いちゃいましてね。ほっとしちゃって。

詳しく話していなかったのに、お父さんが「さみしくなっちゃったんだな」って言った時、やっぱりバレるものかーと思った記憶があります。


で、なんかうまくいかないよーって弱音を吐いたんですね。彼氏と別れたことがショックでしたし。
そのときにもらった言葉を、いまでも覚えています。


「バラは、冬の間は伸びないんだ。でもその分、地面の下で根を張っているんだよ。いまはお前にとって、しっかりと根を伸ばしていく時期なんじゃないか」


お父さんの趣味の家庭菜園の知識が、いかんなく発揮されました。
写真はお父さんが手塩にかけて育てたバラ。


向上するだけがすべてじゃない

わたしはまぁ、なんというか完璧主義っぽいところがあります。
「しっかりしてないと」「ちゃんとしてないと」と自分で根つめちゃうところがあるんですね。だから失敗に弱いんです。

こういう日本人は多いんじゃないかな。常に何かに向かって努力してなきゃいけない、みたいな。


「もっと頑張らなきゃ!」と思っていたところで、「上へ向かうだけがすべてじゃないよ」と言ってくれたのはとてもうれしかったです。

「あ、立ち止まったり、悩んだりすることも、上へ伸びるためには必要なんだ」
と思うことができました。父ちゃんまじでありがとう。

やっぱり結果が出るとうれしいから、上へ上へって思っちゃうじゃないですか。のんびりしていたら置いていかれる、頑張らなきゃいけないんだ! って。

でも頑張る方向は、上だけじゃないんですよね。足元を見てみたら、気づくことがたくさんあるんです。
あんまり駆け足で進むとまわりが見えないので、立ち止まることだって大切です。もちろん、息抜きもね。



あれから3年経つわけですが、いままでお父さんからもらったたくさんの温かい言葉の中でも、一番心に残っているものです。

上へ伸びない時は、下に伸ばしていくのもアリですよ。