読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツ発 雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

「しくじり先生」を見て、挑戦は大切だと思った話

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

しくじり先生って、深夜の時の方がおもしろかったよね。っていう話は置いておいて。
この番組好きなんですよ。

しくじりって、誰にでもありますよね。
わたしは人生投げ出してばっかりだったし、ドイツで鼻っ柱を折られたこともありました。24年しか生きてなくても、いろいろあるものです。

  

しくじりは、巻き返せる

もちろん、番組に出ている人はしくじりを清算した人達なので、一概には言えません。

でも、ものすごいしくじりをした人たちでも、それを悔いてまっすぐに生きていこうとしていますよね。
しくじりなんて、巻き返せるんです。

わたしは借金を背負ったこともないし、「どん底」というほど厳しい状況に追い込まれたことはありません。
でも「もう頑張れない……」と落ち込んだこともあるし、「なにしてんだ……」と絶望したこともあります。これくらいの経験は、誰にもあると思います。


でもさぁ、巻き返せないほどのしくじりってほとんどないと思うんだよね。


だってしくじりなんて、気の持ちようじゃないですか。
「ミスったー!」って思ったらそれはしくじりだし、「おっしゃ頑張るぜ!」ってなったらそれは糧になる。

自分の責任でなにか失敗したとしても、ある程度は巻き返せると思うんですよ。
むしろしくじってない人なんていないし、そんな人は魅力がないんじゃないかな。程度の差はあっても、みんな同じ。


みんな失敗して、悔やんで、見つめなおして、立ち上がっていく。
そうやって人生を豊にしていくんだと思う。



さすがにしくじり先生に出てた人たちみたいに、数億の借金とってレベルになるとちがうんだろうけど、その人たちだってまだ巻き返すチャンスがあったわけです。

死ぬこと以外はかすり傷っていう言葉があるように、生きていればいくらかの希望は見出せるはず。


挑戦はしたほうがいい

番組的には、挑戦して失敗したというより、ただしくじった人が多いですが。

でも失敗する時って、何かに挑戦したときが一番多いんじゃないかな。リスクを取ってなにかに挑戦した。でもうまくいかなかった。
わたしはドイツ移住がそうですね。就職しないというリスクを取って、ドイツに来たわけです。そこでいろいろと辛い経験をしました。

「なんでドイツに来たんだろう……」「しくじった!」と思ったこともありました。

日本にいたら、たぶんそれなりの企業に勤めて、お母さんのおいしい手料理を毎日食べれただろうから、そう思うといたたまれなくなりました。


でも、挑戦しない人生は、つまらない。
小さなことでも、「これをやりたい!やってやる!」という気持ちがなければ、人生はただ時間を消費するだけのつまらないものになるでしょう。

挑戦したら失敗するかもしれない。やっぱり怖いし、リスクのことばっかりが頭をよぎる。

でもさ、失敗して、死ぬの?

死ぬレベルの挑戦をするつもりなら、それはちょっと考えたほうがいいですw
でもそんな挑戦、ほとんどないよね。あるとしたら、今の地位を捨てることとか、お金が減ることくらいなものじゃないかな。


やりたかったらやればいーじゃん? 1度きりの人生だよ。
挑戦って、そんな大変なことじゃないはずです。腹括って一歩踏み出すだけです。


人生は長いんだからさ

平均寿命から考えたら、わたしはあと60年人生があるんですよ。

20代なのに人生がつまらない人へ。君の人生は君のものだ。という記事は多くの人に読んでいただけました。20代っていろいろ迷う時期ですもんね。よくわかります。

20代だけじゃなく、50歳の人でも、まだまだやれることはたくさんあるはずです。
年を取るにつれ、挑戦するリスクが重くなるかもしれません。でもさ、それで死ぬの? 死なないじゃん?

だったらやればいいと思います。


しくじったって、十分巻き返せる。
しくじったなら巻き返せばいいじゃないですか。それだけです。


リスクがあったとしても、やりたいことをやって波乱万丈の人生の方が、ゆーておもしろいですよね。わたしはそう思います。

みんな、やりたいことにどんどん挑戦しよーぜぃ!