雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

口べた?人見知り?大丈夫、克服する必要はありません。

スポンサーリンク

すみません、わたし口べたじゃないし人見知りでもありません。

でも友達は割と人見知りする人ですね。口もうまい人はいない。
人見知りは損だとか、口べたで誤解される、とか言っている人がいますが、それは違うんじゃないかなぁ。

人見知りしなさすぎて「馴れ馴れしい」って言われたり、口がまわりすぎて「軽率」って言われたりもしますからね。ないものねだりです。

 



人見知りは損なんかじゃない

実際、相当極度な人見知りじゃない限り、そんなに損はしませんよ。
大丈夫、初対面でマシンガントークをする必要はないし、自分をアピールする必要もありません。面接とかを除けば。

だいたい盛り上げてくれる人っていうのがいるので(はい、わたしこのタイプです)、それに乗っかっておけばOK。気にしなくて平気ですよ。


自分も人見知りする人なら、「この人も人見知りしてるなぁ」と思うし、人見知りしない人なら、「自分が話を引き出してあげよう」と思うことが大半なので、どのみち理解されます。

そこで「つまらない人間だ」と切り捨ててくる人間は、「自分は選ばれた人間だ」とでも勘違いしているので、むしろ触れない方が吉です。ね、損しないでしょ?

だから気にしなくて大丈夫ですよ~。


それでも仕事で困る! とかって言う人は、相手の目を見て一生懸命相づちを打ちましょう。「なるほど」とか「おもしろいですね、それ!」とか。

自分で話せなくても、相づち打ってれば会話に入っている実績になりますから。

まぁ人見知りに程度があるのは事実ですが、「苦手」レベルなら問題ないはずです。それが「苦痛で消えてなくなりたくなる」とかならわたしじゃアドバイスできなさそうですが……。


わたしの友達は多くが、環境が変わることに不安を抱いています。人見知りが理由です。
でもその子が最初わたしに人見知りしていたとしても、結局は仲良くなっていますからね。そんなものです。

月並みですが、「相手は敵じゃない」っていうアドバイスを贈っちゃいます。

敵だと思って身構えてしまうと、相手にも伝わります。敵認識されてうれしい人はいませんが、人見知りされて不愉快な人っていうのはそうそういないと思います。(まぁレベルによるんだけど)

だから緊張しても、敵だとは思わず、相づちを打ちながら盛り上げてくれる人に丸投げしてれば問題ないですよ。人見知りってそんなハンデじゃないはず!


面接とかで上がるって人はまた別の話ですよ。
わたし人見知りしないけど、面接はぜんぜんダメですからね。ピアノの発表会とか黒歴史でしかないし、そういうのは人見知りと関係ないはず。


口べたはそうだね、ちょっと気をつけよう

ですが口べたはちょっと損しそうな気がします。誤解されやすいですからね。

わかってくれる人はわかってくれるんでしょうが、やっぱり悪気がないのに誤解されるのってつらいですよね。これはちょっと工夫した方があなたのためになりそうです。


ですが一つ言っておくと、「口べたであるあなたを理解できないまわり」に半分以上、ってか8割方責任があると思っています。

だってさぁ。足遅い人に「速く走れ!」って言っても無理じゃん。話が得意じゃない人に「うまく話せ!」って言っても無理なわけ。

そりゃ改善できるならした方がいいけど、誰にでも苦手なものがあるじゃないですか。わたしはコンピューター系なにもわからないし、同時進行が得意な分ひとつのことに集中するのが苦手。人間そんなもんだって。

だからまず、自分を責める必要はありませんからね。
大丈夫、わかってくれない方に責任があるんです。そう思うくらいがちょうどいいはず。


直せ、なんて直せるんならとっくにやってるわけなので、「気をつける」という言葉を使いました。

生活していく上で、口べたって結構損しそうです。
で、口べたっていうのは「思っていることをうまく言葉で伝えられない」ってことですよね。

じゃー言葉以外で伝えればいいんじゃね?



話すのが苦手なら手紙やラインでいいと思うし、うまく伝えられなくても表情やジェスチャーで伝わることっていっぱいありますよ。

うまく伝えられなくて自己嫌悪に陥るくらいなら「自分は口べたで不愉快にさせてしまったかもしれないけど、こう思っている」って弁明のラインでも送るのはどうでしょう。悩むより生産的です。

そこでわかってくれなければ、それこそ相手が分からず屋なだけです。多くの人は、あなたのその性分に理解を示して、次からむしろ歩み寄ってくれるんじゃないでしょうか。


で、表情やジェスチャーなんかでは伝わらない、と思いますか?
道ばたで外国人に駅の場所を聞かれて、身振り手振りで伝え、お互い満面の笑みで別れた、なんてことありませんか?

言葉が通じなくても、お互い理解しようと努め、必死で伝えれば、理解してもらえるはずなんです。

仕事とかだと確かに不便を感じることがあるかもしれませんが、本来コミュニケーションっていうのは、言葉だけでするものじゃありませんよ。だから大丈夫さー!

自分とうまく付き合っていきましょう

「そんな簡単なものじゃない! お前はわかってない!」って思った人もいるかもしれません。
じゃあ一生悩んでろ。

「とはいえ理解してもらえない!」っていう人。それは相手が悪いですって。
わたしがドイツ語が話せなかったとき、理解しようとしてくれた友達もいるし、せせら笑ってマシンガントークをはじめた人もいましたよ。

理解しようとしない相手に理解してもらおうなんて、無理ですよ。馬に念仏。



わたしは、「自分もうちょい人見知れよ……」ってレベルで人見知りをしません。
うらやましいですか? わたしはあなたがちょっとうらやましいですよ。

転勤族の習性か、人見知りしなさすぎて、初対面でも「10年来の友達か!」ってテンションで話せちゃうんですよ。引かれることもあります。

で、口が回っちゃうので、その気がなくても相手を畳みかけるように反論してしまったこともありました。

わたしは人見知りもしないし口べたじゃないけど、だから苦労しない、なんてことはないんです。
まぁ仕事面に限って言えばわたしの性格がプラスに働くことがあるかもしれませんが、結局のところないものねだりなわけです。


でもさぁ、うらやましいって言い続けてもしょうがないじゃん。
わたしはあなたじゃないし、あなたはわたしじゃないんだからさ。

それだったらうらやましがるより、自分とうまく付き合った方がいいじゃない。自分のことを少しでも好きになってあげたいじゃない。


ちょっと気をつけることによってうまくいくだろう、っていうのは口べたや人見知りだけじゃないですよね。
わたしだって口でうっかり言い負かさないようにw とかって気をつけてますもん。

だから、克服! なんて言って自分を追い詰めるよりも、うまく付き合っていった方が絶対にいいです。絶対。