雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

大地震が起こったから、また自粛ブームになるんだろ? しょーもな

スポンサーリンク

東北大震災が風化しつつあるなか、今度は熊本ですか。

首都圏直下型地震が騒がれていて、九州って……。日本は本当に地震が多いですね。今回はわたしの思いいれのある阿蘇ということで、胸が痛みます。

 

ですが地震とは別に、少し思うところもあるんですよね。それは「地震後の娯楽自粛祭り」。今回もその波がきそうです。

 

今回も自粛祭りがはじまった

f:id:amamiya9901:20160728224309j:plain

 今回の場合は熊本、というわりと限られた範囲での被害です。が、さっそく「自粛」する動きがでてきています。これから悪化するんじゃないでしょうか。

 

 

たとえば、ほかの九州の地域のイベントで、「交通網が混乱しているからイベント中止」「安全面を考え延期」ならわかるんですよ。現実問題、イベント開催をすることによって危険があるわけですから。

 

でもさ、楽しみにしてたディズニーシーでセレモニー中止したからなんなの? それで浮いたお金は寄付するんですか?

 

こういう「反感買う前にとりあえず全部自粛」ってやめるべきだと思います。自粛したからなんになるのか理解できません。

 

それには多くの反対の声

さっそく言及したのが堀江さん。ツイッターでは自粛に関して、反対意見が目立ちます。

 

 

多くの人が、エンターテイメントの自粛に納得いっていないようです。わたしもだけどね。

 

東日本大震災で身にしみた「自粛」の風潮

記憶に新しい自粛祭りは、東日本大震災ですよね。3月の話なのに、夏の花火大会が中止されるほどの「自粛」ムードでした。

電車のつり革広告でさえ、「東北復興へ!」みたいなのばっかりでした。

 

震災後バラエティ番組が姿を消したことに関して、「うーん、まぁこれだけの被害だし、しょうがないかな」と理解をしめした人は多かったはずです。

 

「ここまでやる必要はないかもしれないけど、確かに東北の人の気持ちを考えると……」と心を痛めた人も多かったでしょう。なんせ、常に津波の映像が流れていたんですから。

 

ですがそれが1週間、2週間と経って、多くの人が日常を取り戻していきました。そうすると、「そこまでするか?」という疑問がわいてきます。

 

結局は多くの人が、「そんなに自粛してどうすんだよ!?」という考えにまでいたりました。

 

そう、自粛する目的がわからないんですよね。

 

そりゃ「地震でおおぎり!」とかになったら「いや人の気持ち考えろよ!」って思うけど、ディズニーシーですからね。熊本といろいろと距離がありすぎるでしょ。

 

自粛してどうすんの? 浮いたお金ぜんぶ寄付するの? しないの? は??

 

スポンサーリンク

 

 

地震で自粛って理解できない

自粛って結局は、「文句言われる前にやめとこ」ってことでしょ? だから不謹慎厨以外は「しょーもない」って思うんですよ。

 

日本って、「不謹慎」だとか「人の気持ちを考えていない」「空気読めてない」ってバッシング得意ですよねぇ。お前だって当事者じゃないだろっていう。

 

震災に関して言えば、「バラエティ番組を放送することで被災した人を傷つけるのか?」って思うし、「ディズニーシーでパレードやったら空気読めてないのか?」って感じます。

 

日常を送ってる人だっている

地震は、程度があるにせよ局地的なものです。いまだかつて、日本全国が機能しないほどの地震に直面したことはないはずです。

 

ということは、地震が起こって被害があったとしても、その他大勢は「日常生活」を続けているわけです。

 

東北大震災のときは、わたしの家は計画停電の範囲でした。でもバイト先は電気が通ってるから自転車でバイト行ってたし、停電中は公園で友達と飲んだりしていたのであんまり困ってはいませんでした。ふつうの日常を続けていたんです。

 

で、日常生活を送っているのに、「娯楽は我慢」という風潮になると、納得できないんですよね。だってこっちはふつうの生活しているわけですから。

 

たとえば東北震災後、「テレビ番組の収録は多大な電力が必要なので、自粛します」ならまだ大義名分があるから理解できますよ。それこそパレードとか。

 

でも、「不謹慎って言う人がいるからやめます」っていわれると。「はぁ?」ってなる。だってそんなのごく一部だもん。いやなら見るなって話。

 

わたしたちが娯楽を諦めることで、被災した方たちになにかできるなら別ですよ。節電での不自由くらいは受け入れます。

 

でも、娯楽の自粛ってそうは思えないんですよね。ただ「叩かれそうだからその前に自粛しとく」ってだけな気がしてならない。くだらない。

 

被災地の人が喜ぶことをしようよ

たしかに「バラエティなんて!」って思う被災者の方はいるかもしれません。

でもそんなこと言ったら、どんなことにだって反対意見を持っている人はいますから、何も出来なくなります。

 

地震の被害がなかった場所では、ふつうの生活してればいいじゃないですか。「どこかの誰かが苦しんでるから自粛」なんて言ってたら、アフリカではいまも貧しい子どもたちが飢えているんだから、全世界自粛ですね。

 

 

本当にコレ。

 

せっかくなら、いま地震の影響で苦しんでいる人が喜べるようなことをした方がいいに決まってるじゃないですか。バラエティ番組がなくなったからって喜ぶ人がいるんですかね?

 

なんかいろいろとずれてる気がする。いや、そもそもバッシングが怖くて尻尾を巻いてる奴らに「まとも」を求めてもムダか。

 

日常生活をわざわざ放棄する必要はない

今回地震の被害にあわれた方たちの心が少しでも軽くなって、たくさん笑えるようになればいいなぁと思います。温かいご飯を食べれる環境であってほしいし、子どもたちには早く学校に行かせてあげたいと思います。

 

でも、だからといって、いまある日常生活を犠牲にする必要はありませんよね。そこから何が生まれるの? 不満以外になにか得るものあるの??

 

こういうくだらない「みんな我慢」の風潮やめません?

 

節電みたいに、わたしたちが我慢することでなにかの役に立つならいいけど、そうじゃないなら無意味ですよ。

一部の不謹慎厨はちょっと黙っててください。そんなこと騒ぐ暇があったら募金でもしましょうね。

 

わたしたちは日常生活の中からできることをすればいいだけであって、日常生活をわざわざ放棄する必要は1ミリもありません。

 

東北震災の時うちは停電したけど、九州の家は電気使ってバラエティ番組見てたんですよね。「その電気くれよ!」とは思わなかったし、「バラエティ見てんじゃねぇよ不謹慎!」なんて思いませんでしたよ?

 

だれかが不幸な状況になったらみんな不幸にならなきゃいけない国ってなんなの? 楽しいことやっちゃいけないの? アホなの?

 

一応先進国なんですから、くだらない理由でくだらないことするのやめましょうね。恥ずかしいです。