読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツ発 雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

海外の「エセ日本料理屋」事情。ドイツでラーメンは日本食

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

日本食って、外国ではめちゃくちゃイメージがいいんですよね。「健康的」「おいしい」の代名詞みたいなものです。ドイツのいたるところに日本料理屋があります。

 

でもね! 日本人にちゃんと運営されておらず、微妙な日本食が出る「エセ日本料理屋」が意外に多いんですよ! 寿司があれば日本料理屋だと思ってる人もいるんです。実は日本食の認識って、そのレベルなんですよ。

スポンサーリンク

 



え、ここ日本食料理屋?

最近は「日本アゲ」の番組が多く、「多くの外国人が日本を好きで、日本食を食べている」と思っている人もいるかもしれません。半分あたりで半分はずれです。

 

たしかに多くの人が日本人に好意的ですが、ドイツ人の大部分は「てんぷら」「うどん」さえ知らないでしょう。日本食といえば寿司。その寿司っていうのには、「カリフォルニアロール」やら「アボカド巻き」「パプリカ巻き」がふつうだと思われています。

 

日本人がいない日本食レストラン

わたしが住んでいるのは、1年住んでても1人も日本人を見かけないようなマイナーな街です。その割りに日本料理屋が10件くらいある。

で、そのほとんどのお店に行ったけど、店長や店員が日本人だったためしがないんですよね。

 

2つの日本料理屋で働きましたが、ひとつめのお店はインド人とカンボジア人の夫婦が運営していて、ふたつめの店長は中国人。日本語はもちろん1単語も話すことができません。

 

日本料理屋で働いている人の多くはアジア系の人たち。語学が堪能ではないアジア人の勤め先として重宝されているようにみえます。

お客さんは「日本食料理屋に行ったら店員がアジア人で当然、ドイツ語ができなくてもしょうがない」と思ってくれますからね。

 

それでも日本が好きで多少日本の食文化を知っていてくれればいいんですが、基本的にただの勤め先で、日本食知識なんてまるでありません。ちょっとなぁ、という感じです。

もちろん日本人街のレストランは店員さんたちが日本人ですが。

 

日本食じゃない日本食レストラン

わかりやすくメニューを見てみましょう。

こっちが(たしか)日本人が経営しているフランクフルトのお店のランチメニューです。

f:id:amamiya9901:20160424162953p:plain

Fujiwara-Restaurant

 

日本食ですね! 値段もまぁ妥当な感じです。

お次は日本料理屋として何店舗か構えている食べ放題のお店。結構有名。

 

f:id:amamiya9901:20160424163156p:plain

なんか微妙なラインナップです。「白身握り」は何の魚なんでしょう。タコの軍艦って日本で見たことない気がします。ちなみに鳥のてんぷら巻きはおいしかったですw

 

f:id:amamiya9901:20160424163257p:plain

Menu | okinii

 

注目すべきは44番ですね。わたしたちが知ってるカラアゲじゃありません。47番、アヒルって日本で食べますっけ? 春巻きも餃子も中華料理じゃ……。

 

客も日本食がわかってません

多くのお客さんは、ラーメンは「日本の食べ物」と認識しています。どこの日本料理屋にもあるからね。たしかに日本でラーメンは人気だけど、日本食って言えます? 中華そばですよ?

 

でもドイツでは、ラーメンは日本食なわけです。ラーメンが日本語だと思っている人もいます。まぁ別にいいんですけど、なんか「ちがうなぁ」感がいなめない。

日本人の中でもラーメンをもはや日本食として認識している人がいるかもしれませんが、明治期に中国から入ってきた中華そばですからねぇ……。

 

で、ラーメンを「日本食でーす」ってどこの日本料理屋でも出してるから、ドイツではラーメンは日本食って感じになるんです。

 

お客さんだって、実際なにが日本食かなんてよくわかってないわけです。それでも、雰囲気や味を楽しんで、ラーメンを食べながら「日本食はおいしいねぇ」って言う。

それが悪いわけではないんですが、なんかモヤモヤします。

 

それをメディアは「日本料理大好きな外国人」って言うわけですから、また微妙な気分です。確かに詳しい人もいるけど、基本的にはその程度の認識ですよ。

 

日本料理屋やるなら日本に精通しろよ!?

ただの店員さんなら別にいいんですが、日本人以外で日本料理屋を運営するなら、日本の食文化に精通しててほしいなぁと思うわけです。

 

働いていたところの店長は、「ねぇねぇ、日本と同じ味!? 日本行ったことないからわかんないんだよねぇ~」と言っていました。え、ちょっとなにそれw

 

日本の味を知らずに日本食を提供しているレストランは、ドイツをはじめ世界各国にあるんじゃないでしょうか。日本食は人気ですからね。寿司つくっときゃいいと思ってるんでしょう。

 

日本人以外が日本食を好きでいてくれることはうれしいです。が、それが「日本食」かどうかはまた別の話です。 

商売ですから、日本人じゃなきゃダメ! と言うつもりはありませんが、せめてちゃんと日本食に精通して、日本食をこしらえてほしいです。

 

やるならちゃんとやろうね

まぁその人たちが悪気があってやってるわけではないと思うので、これはただの私見なんですが。でもやっぱり日本料理屋のデザートが「揚げバナナのバニラソースがけ」だとちょっとなぁと思うわけです。

 

日本にも、エセイタリア料理屋、エセスペイン料理屋みたいなのがたくさんあります。わたしたちはそれを「イタリア料理」「スペイン料理」だと思って楽しみます。

日本食か微妙な日本料理屋も同じ話なので、怒ったり責めるつもりはありません。

 

それでもやっぱり日本人だから、日本料理屋ではちゃんと日本食を提供してほしいんですよね。だってドイツ人はそれを基準に「日本食」を知るわけですから。わたしの中でラーメンはあくまで中華そばなので、日本食のくくりに入っていると「ん?」と思います。

 

日本食が多くの人に好まれるのはうれしいことです。だからこそ、日本料理屋ならちゃんと日本食にしてほしいわけです。