雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

江戸時代のエロは健全!オープンに楽しんでた!

スポンサーリンク

日本文化って本来、性におおらかだったはずなんですよね。風俗とかも社会的にかなり認められてるし、異性の親とわりと大きくなるまで一緒にお風呂に入ったりしますし。

 

でも西洋文化が流入してからは、西洋の性的倫理観に影響されました。が、もともと日本人は性におおらかな国民性です。

 

というわけで、江戸時代の性生活について語るよ!!!!!

 

スポンサーリンク

 



エロは健全であるべき

エロは、健全であるべきなんですよ。健やかに楽しんで、自己完結する。日本のアニメはなぜこうもレイプシーンが多いのかという記事も書きましたが、日本のエロって変態じみてることが多いです。

 

日本人以外の男の子に、「日本のAVは変態」と何度か言われたことがあります。結構有名らしいです。わたしは見たことがないから知らないけど、いろんなフェチがあるそうで。

 

エロって健全に楽しむものなんじゃないの?

 

公衆浴場は男女みんな裸で当然

結構前から幕末にはまってるので、いま読んでる本の一部を引用します。長い部分は多少変更しています。トロイア遺跡を発掘したすごい人の本だよ!!

 

浴場は、道路に面した側が完全に開放されている、夜明けから日暮れまで、禁断の林檎をかじる前のわれわれの先祖と同じ姿になった老若男女が、いっしょに湯をつかっている。


「なんと清らかな素朴さだろう!」はじめて公衆浴場の前を通り、三、四十人の全裸の男女を目にしたとき、私はこう叫んだものである。


彼らは衣服を見につけていないことに何の恥じらいも感じていない。その清らかな素朴さよ!

シュリーマン旅行記 清国・日本 (講談社学術文庫 (1325))

 

おーぷん!!!!!! ザ・健全!!!!!!

 

社会的に混浴が認められていた時代ですから、本当にムラムラとかしなかったんでしょうね。当然だと思っていたんでしょう。

 

ドイツにある温泉的なものは混浴なんですが、ムラムラしている男子が結構います。女の裸目的で。健全じゃないですね。っていうか見るだけでうれしいの? って思います。

 

売春は国が奨励

職業に貴賎はないわけです。売春婦もごくふつうに生活していたようで、契約期間が終わったら実家に戻ったり結婚したりと、ただの職業だったようです。

 

 貧しい親が年端も行かぬ娘を何年か売春宿に売り渡すことは、法律で認められている。売春婦は、日本では、社会的身分としてかならずしも恥辱とか不名誉とかを伴うものではなく、他の職業とくらべてなんら見劣りすることのない、まっとうな生活手段とみなされているからである。

シュリーマン旅行記 清国・日本 (講談社学術文庫 (1325))

 

ちなみに「日本政府は売春を是認し奨励」とも書かれています。すごい時代ですね。「色を売る」といって一種の浪漫だったようです。

遊郭の収益が国の一番の利益であるとも書かれていますので、ものすごいビジネスだったわけですね。

 

愛人もOKな夫婦関係

 将軍さまとかって、どの人と一夜を共に過ごすとかオープンだったわけでしょ? お金がある人たちは堂々と妾を囲っていたわけですし。

 

妾は古くは「しょう」と発音。次第に「(男が)目をかける」という意味で「めかけ」と言われるようになりました。さらに妾とは、妻公認の存在なんですね。だから、妾との関係ですら、すくなくともタテマエ上は「浮気なんかじゃない」ということになっていたのです。

さすが日本、古くからタテマエ社会です! しかも、同じ愛人枠でも(武家に多い)「側室」の類とは違い、妾は別宅を与えられる存在でした。

現代の派遣社員? 江戸時代、女性の隠れた人気職業は「妾」だった!

 

愛人枠ってすごいですね! 公式の愛人。不倫しただけで社会的に批判される現代と比べればかなりのちがいです。

 

遊郭とは、遊女(娼婦)を抱える売春宿を1か所に集めて塀で囲った場所であり、広義的に売春宿で「吉原」(よしわら)が有名です。
遊郭はあくまでも娯楽と捉えられ、お金を払って遊ぶ分には罪には問われず、裕福な身分階級の者が気に入った遊女を大金を積んで囲うことがありました。

江戸時代の不倫は斬り捨て御免!不倫・浮気の歴史は?

 

妾も浮気ではなく、お金を払って女を買ったら娯楽……。すごいですね。オープンというか、男女の価値観がちがったんでしょう。

 

パートナー以外と関係を持つのはタブーとされている現代の価値観は、西洋から入った概念。「日本の価値観」では、もっとおおらかだったようです。

 

エロはオープンに健全に!

 盗撮とか痴漢とかさー。そういう性癖なのか知らないけど、ぜんぜん健全じゃないですよね。こそこそ浮気したり。

 

やっぱりエロはオープンに楽しんでこそだと思うわけです。男性が女を求めるのは当然だし、女も妾や遊女でもちゃんと社会的地位がある。こういう理解のあるエロはいいですね。実際生涯パートナー以外異性としてみないっていうのは無理がありますし。

 

人間って隠されると気になるじゃないですか。「性に関することは言っちゃいけない」とか言われると知りたくなるじゃないですか。「パートナーだけと関係を持て」って言われると反発したくなっちゃうじゃないですか。

 

そう考えると、社会的に健全な性が認められていた江戸時代の方が、男女共に心地よかったんじゃないかと思います。

 

やっぱりエロは健全に楽しんでこそです。

 

▼おススメ関連記事

www.amamiyashion.com