読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツ発 雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

文系理系なんて分類する意味はあるの?

教育
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

わたしは完全なる文系です。国語、英語、世界史の偏差値は70とかいってたんですけど、数学や理科は偏差値30台たたき出してます。分数の割り算で終わってます。サインコサインタンジェントとかもう1ミリも覚えていません。

 

わたしは完全なる文系なので、「文系」であることに疑問を抱きませんでした。

 

が、わたしの友達が数学受験でドイツ文学科に入ってきたんですよ。センターの日本史が2割しかとれなくて、一応受けといた数Ⅰが9割手前だったとのこと。

いや、意味わかんないよね。

 

大学卒業して思うのは、文系やら理系やらで分類するのはクソってこと。

 

文系理系の分類と差別

一般的には、文系=国語・英語・社会、理系=理数って感じで、文系と理系は分類されています。

 

でも、その分類はなんで必要かっていうと、ただ受験のためですよね。

国公立なら5教科7科目、理系私立なら英語、理科、数学、文系私立なら国語、英語、歴史。

 

受験のために文系理系って分類するのが、アホらしいとしか思えません。

 

途中で進路を変える文転や理転やらがむずかしくなるじゃないですか。それに、経済学部は文系に含まれて入るけど、数字を分析する意味では文系っぽくないよね。

 

文系理系を分類する意義

わたしの高校は3年生になって文理がわかれるんですが、早い段階からわかれる高校もありますよね。塾も「難関私立 文系コース」みたいにわかれます。意味わかんないよね。

 

経済学部いくなら、歴史より数学が得意な方がいいんじゃないの?

 

文系とは主に人間の活動を研究の対象とする主に人文科学と社会科学に分類される学問の系統とされ、理系とは主に自然界を研究の対象とする自然科学に分類される学問の系統とされてきた。

文系と理系 - Wikipedia

 

ちゃんと考えれば、研究対象がちがうわけでね。

 

だから自然と学問が文系と理系にわかれていったんでしょう。でも、高校や大学入試のときに分類する必要あります?

 

文系と理系の分類って、学問する際に指標としてるわけでしょ? なんかそれで受験で、「文系コース」みたいなのってなんかなぁって思うんですよ。

 

文系が差別にされるんですが

なぜか文系がやたら見下されるんですよねー。立教文学部は、「あそぶん学部」って言われてました。まぁ2年生から週3日しか授業なかったしね……。

 

でもさぁ、楽したいから文系学部にいったわけじゃないんですよ。

 

むしろ勉強しないまわりの人にイラついて自習してた人ですから、文系だから勉強してない、っていう偏見は勘弁してほしいんですよね。

 

理系は実験とかで忙しいんでしょう。わたしも忙しくて困るくらいの勉強したかったよ!

 

文系理系の分離をやめるべきでは?

文系だからどうだ、とか、理系だからどうだ、とかってダサいですよ。理数の科目は苦手だったから、文系3教科で受験できてよかったけどさ。

 

でも理系、文系に特化したり、文系理系で分ける必要はないと思います。

 

文系の学部だって理数の科目で受験できたほうがいいと思います。

そうじゃないと、理数ができないから文系、みたいなことが起こります。それも変じゃない?

 

ドイツ文学科は文系だけど、英語も日本史も関係ないしね。経済なら、歴史より数学が大事だろうし。

 

理数系だからって国語がまったくできないってのも基礎教養としてどうなのよ。文系理系の分類ってやっぱり変ですよ。

 

文系だから、理系だから、みたいな考えから解放されるべきです。

 

で、やりたい学問をやりたいようにやればいいじゃない。私立文系だから歴史! ってのもよくわからん。

 

こういう、よくわからない分類はやめていけばいいのになぁ。

 

▼おススメ関連記事

www.amamiyashion.com