雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

バセドウ病になったら、ブログがもっと好きになった

スポンサーリンク

2週間前、バセドウ病であることが発覚しました。歌手の絢香さんが闘病中の病気で、甲状腺ホルモンがドバドバでる病気です。

わたしの甲状腺は通常の5倍弱まで膨れていて、大至急薬を飲むことになりました。

 

でさ、病気ですっていうと、みんな「大丈夫?」って言ってくれるじゃん? 「ムリしないでね」って。でも、そんなのわかってるし、心配されたから病気が治るわけじゃないじゃん?

 

って思ってたけど、見ず知らずの人たちの言葉が優しすぎて、ブログやってて良かった、って心の底から思いました。

 

バセドウ病になりました

バセドウ病っていうのは、甲状腺の病気で、代謝の役割をする甲状腺ホルモンがドバドバ出てきます。つまり、常に体がめちゃくちゃ代謝してます。

よく言われるのは、「体が常に全力疾走と同じくらい働いている」とのこと。

 

それによって、汗をかきやすくなったり、疲れやすくなったり、血圧が上昇したりします。低血圧気味だったのに、いきなり140越えをたたき出しました。

ほかにも、手足の震えや髪の毛が抜ける、のどが痛くて声がしゃがれる、イライラして怒りっぽくなる、という症状が出ています。

 

基本的には薬を飲めばOKという病気なのでショックは受けていませんが、びっくりはしました。

 

自分が病気になるとは思わなかった

正直、予防接種すらしてないのにインフルエンザになったことすらない人間ですから、風邪以外の病気になるとは思いませんでした。

去年扁桃腺炎になったときも、風邪の延長っぽかったし。

 

バセドウ病は、絢香さんのことがあるから、聞いたことはありました。が、よく知らない。しかも、ドイツ語でHyperthyreoseって言われてもまったピンとこない。ググったら甲状腺機能亢進症とのこと。別名バセドウ病。ますますわからない。

 

いまは薬を飲んでいるせいで、全身がのた打ち回るほどかゆいです。かゆいっていうのは痛いよりうっとおしいですね。

買い物に行くだけで持久走レベルで疲れるので、基本は家にこもっています。

 

健康は資本

お父さんが病気になったときに言ってたけど、やっぱり健康は何よりも先立つものですね。わたしの場合、毎週病院に行かなきゃいけません。面倒くさいです。時間がもったいないです。

 

1週間で3回採血されるなんて思っても見なくて、健康を損なうと余計な時間がかるんだなぁーといまさら。健康はなによりも大切ですね。

 

ドイツでは医療費が0円、薬も1か月分で600円なので、金銭的にはほとんど損はしていません。が、日本だと結構お金がかかるはず。やっぱり健康が一番だと痛感。

 

みんなすごい優しかった

バセドウ病になったので、看護士をやっている親友と家族に報告しました。そこまでの重病ではないんだけど、首がびっくりするくらい腫れてます。

また、誕生日会でもお酒飲まなかったので、ほかの人たちにも心配をかけてしまいました。

 

病気になって思うのは、みんながほんっとに優しいこと。びっくりしたよ。優しい人ばっかりで、感動して泣いた。病気にはなったけど、幸せだなぁ~なんて思いました。

 

 

って書いたら、いろいろな方の優しいメッセージをいただきました。

 

しかもね、絡んだことないブロガーさんだとか、コメントするタイプじゃないフォロワーさんとかが、すごく優しかったんですよ。みんな一度も会ったことがない人です。ブログ上の関係ってだけ。

 

それなのに、本当にすごく心がこもった丁寧なメッセージをくださったんです。いいですか、友達でもなんでもない、ネット上の関係なんですよ。もうめちゃくちゃうれしかったです。

 

いままで、「雨宮さんに勇気をもらいました。留学します!」や、「雨宮さんの考え方を知って、ぼくも自分らしく生きようと思います」といった、幸せなコメントをいただいていたんですね。

 

それで、「わたしでもだれかに何かすることができるんだ」と思うことによって、自分の可能性を感じることができました。そういうコメントに、何度も心を救われました。

 

そしてバセドウ病になったいま。

 

「ムリをしないでくださいね」「雨宮さんの文章を読めなくなったらさみしいです」「いつも勇気をもらっていたので、わたしでなにか出来るなら言ってください」なんてコメントをいただきました。

 

わたしは思ったことを書いているだけなんですが、ブログが割りと喧嘩口調()なので、「調子のんなよ!」と言われると思っていました。

 

ですが意外に炎上することもなく、それどころかわたしの考え方や生き方を認めて、それを受け止めてくれる人がいます。すごく幸せです。

 

病気って言ったらだれでも心配してくれるだろうけど、支えてくれようとする人がいるとは思ってもみませんでした。

 

ブログは文章を書くことに慣れるためにはじめたもので、「だれかを勇気付けよう!」と思って書いていたわけではないんですね、もともとは。それでもわたしの文章を受け止めてくれる人がいるわけです。超幸せですよね。超幸せ。

 

病気にはなったけど、わたしの記事を楽しみにしてくれる人がいると知りました。もっとブログが好きになったよ。

 

これからもがんばりますので、雨宮をよろしくお願いします
( ☞´◔‿ゝ◔`)☞