読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツ発 雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

炎上はネットの暴力。祭りだって喜ぶ人間はクズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

インターネットって怖いっすねぇ……。いままで炎上したこともなければ炎上を見たことがなかったんですが、最近どこもかしこも火事ばっかりですね。

 

人の考え方は人それぞれです。だからわたしは、「気に入らないことを言った、した人を攻撃する」ことが理解できません。

 

「これは気に入らない! 俺はこう思う!」って言うのはわかるんだけど、「うざいしね!」みたいなね。これは全然わからない。

 

所詮ネット? たかがネット?

ネットだからって、好き放題言ってもいいの? リアルで言えないことを匿名で知らない人に攻撃していいの?

 

炎上はネットの暴力

f:id:amamiya9901:20160710180908j:plain

わたしはいままで穏やかなブログ生活(?)を送っていたわけですが、先日寄稿した記事が炎上しました。はてぶ960、Facebookシェアが1225となっています。立派に炎上しています。

 

最近だと、宮森さんが1日50円で売ると言って大炎上して、いまは内定もらえなかったからフリーランスになるといったいわたくんがいろいろ言われていたり。ネットって怖いですね。

 

そこで目にするのが、「気に入らん。攻撃したれ」みたいな暴力性です。

そういう人たちって、「ほかの人が叩いてるから自分もいいだろう」みたいに思って、しょうもないこと書いてると思うんですよ。

 

でも、ネットだからってなにを言ってもいいわけじゃないのはわかりますよね?

 

超少数の暴力的な人たちが炎上させる

賛否両論がありつつも、多くの人に読んでもらえる。そういう記事は「バズった」って言うんですね。すっごい拡散されたりして。いろんな意見がでたり、「いい記事」って言われたりする。

 

で、炎上はどうちがうかと言うと、「否定する気満々で読んで、否定コメントして、ときに人格攻撃する」人が複数いて、その人たちが火をつけるんです。

 

で、煙が立ってきたところで野次馬が集まってきて、まわりがやんややんや言って盛り上げる。それこそお祭りみたく。

 

インターネットのブログや会員制交流サイト(SNS)などが批判の書き込みであふれる「炎上」の状態になる際は、ごく少数の人が繰り返し書き込んで いることが28日までに、国際大学GLOCOMの山口真一講師らによる約4万人へのネット調査で分かった。

過去1年間に炎上に加わったのは全体の1.1% だが、参加経験者の6割超は、同じ炎上への書き込みを繰り返していた。

ネット炎上、少人数の連投で発生 「許せない」が動機 :日本経済新聞

 

「うわぁ……」って感じの結果ですね。

 

結局ごくごく一部の人が火をつけて、それに乗じた、これもまたごく一部の人たちが何回も書き込みして、「祭り」を盛り上げるんですね。おそろしや。

 

スポンサーリンク

 



炎上したら人格攻撃になるふしぎ

炎上って「なんか気に入らないから一言言ってやろう」みたいな思いがあるんでしょう。気に入らなくてコメントするわけですから、最終的には人格攻撃みたいになってきます。

 

渦中の人物、宮森さんが炎上したことについて触れています。

 

それではどうしてこんなにも炎上したのか?

ツイッターの書き込みを細かく見ると、「プロブロガー」という肩書きを嫌ってる人、また、ぼく自身の「顔」(存在そのもの)を嫌っている人が本当に多くいました。

(略)

ぼくを叩いてきた人々のほとんどは、ただ単に嫌いなタイプの人間を攻撃できる「格好のチャンス」だと捉えただけです。

ツイッタートレンドに掲載されるほど「大炎上」したらあまりのストレスで血吐いた! - 未来は変えられるの?

 

結局のところ、「キライだから不幸にしてやろう」みたいな人間が火をつけたんでしょう。おそろしい思考回路ですね。

 

わたしの場合は無名なので、逆に炎上した1記事だけで人間性を判断されたようです。

 

「日本人に相手にされなかったから日本人男を下げたいんだろ」とか、「アジア人好きのロリコンに引っかかって調子に乗ってる痛い人」みたいに書き込まれました。

 

そういうのは、本当に事実無根で、ただの当てこすりです。嫌がらせです。だってわたし、ドイツよりも日本にいたときの方がモテてたもん。

たとえ彼氏がロリコンでも、アジア人が好きって理由だけで1年の国際遠距離乗り越えて2年の同棲なんてできませんよ。

 

炎上してる記事のコメントを見たらわかりますが、ただの嫌がらせなわけです。

 

こっちからしたら相手の顔は見えない。でも相手はこっちのことを知ってる。すごくイヤな気分です。本名でやってるブロガーさんは特にそうでしょう。

 

元モー娘。の辻ちゃんとか見てて思うけど、アンチってなんでああも執着するんだろう。

 

炎上を喜ぶ人たちはクズ

で、人格攻撃らへんになってくると、「うわww おもしろwwww」みたいに乗っかってくる人がいます。「みんなが叩いてるから自分も叩いていいんだ」って思いこんじゃう。

 

そういう人は、リアルじゃ堂々と自分の意見を言えないくせに、ネットでみんなが騒いでると、そこに便乗してドヤ顔でひっどいこと書くんでしょう。

どういう人生送ってたらそういうことができるのか、すっごくふしぎです。

 

ひとつ言っておくけど、だれかを攻撃したところで、あなたが得をすることはまったくありません。

 

キライな人が不幸になったからって、あなたに幸せが舞い込むわけでもありません。本当にナゾです。

 

自分の意見を書くのはいいけど、だれかを攻撃する必要なんてありますか? なんで「むかつく」→「匿名で攻撃したろ」って思考回路になるんだろう。

 

リアルで言えないことをネットに書くなよ

もともとインターネットは、匿名でいろいろ書けることが魅力だったわけですが、ネットだからってなに書いてもいいわけじゃないですからね。

 

ネット上で相手が見えないからって、人格攻撃していい理由にはなりません。どういう思考回路してたら、見ず知らずのわたしの恋愛経験を否定できるの? あんただれ?

 

宮森さんは、こうまとめています。

 

どれだけ価値観が違ったとしても、嫌いなタイプの人間だとしても、直接本人を叩いてはいけないし、ネットに書き込んではならないのです。

ツイッタートレンドに掲載されるほど「大炎上」したらあまりのストレスで血吐いた! - 未来は変えられるの?

 

ネットだからって、リアルで言っちゃいけないことを書いていい理由にはなりません。が、そういうのがわかってない人が多くてびっくりしました。

 

みんなストレス溜まる生活して、匿名っていうのもあって自制心がなくなっちゃうんだろうね。かわいそう。南無。

 

なんでそんなにイライラしてるかは知りませんが、ストレス発散のターゲットになった方はたまったもんじゃありません。

リアルで腹割って話せる人がいないから、ネットで適当なターゲットを見つけるんだと思うと、もはやかわいそうでもあるけど……。

 

炎上は、声がバカでかい少数の人の仕業らしいです。

炎上すると敵ばっかりのように思えてしまいますが、一部のかわいそうな人たちの仕業だったんですね。

 

炎上なんてのは、かんたんに言えばネットの暴力です。

リアルじゃ言えないことをネットならいいだろう、と思っている謎の思考回路の持ち主たちによる、単なる嫌がらせです。

 

でも、いくら匿名のネットとはいえ、画面の向こうに「ひとりの人間」がいるのを忘れちゃダメですよ。

あなたのコメントで、画面の向こうの「だれか」の社会的人生が詰むことだってあるんですからね。

 

▼炎上した感想

www.amamiyashion.com