読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツ発 雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

結婚する前に同棲すべき3つの理由!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近の若い人は、「結婚しなくてもいいや。面倒くさいし」という考えの人も多いそうです。とはいえ、長く関係が続いているパートナーがいる人、一生添い遂げたいと思う人に出会ったのなら、頭に浮かぶのは「結婚」という文字。

 

結婚には、いろいろな準備と覚悟が必要です。だれだって結婚で失敗はしたくないですよね。

 

わたしは自身が彼と同棲していることから、結婚前に同棲することを心の底からおススメします。

 

結婚前に同棲すべき3つの理由

f:id:amamiya9901:20160717154807j:plain

わたしはいま、ドイツ人のパートナーと一緒に暮らしています。かれこれ2年くらいですね。ドイツだと学生でも同棲はふつうなんですが、日本だとなかなかむずかしいかもしれません。

 

ですが、結婚を視野に入れてるのなら、同棲は踏んでおくべきステップです。

「一生一緒」の約束をしてから一緒に暮らし始めるなんて、リスクが大きすぎます。

 

結婚を後悔ないものにするために、結婚前の同棲は必須です。

 

生活を共にしてわかること

生活を共にするにあたって、「同じ価値観」が求められる要素があります。たとえば料理のクオリティだったり、部屋のきれいさだったり、物の量だったり、インテリアだったり、就寝時間だったり。小さいすれ違いも、放っておけば大きな溝になります。

 

どれだけ気が合っていても、一緒に生活は無理、というのは往々にして起こりうることです。

 

わたしの友人は、親友同士でルームシェアをしました。几帳面なAちゃんは、Bちゃんが食事後の汚れた食器をキッチンに放置すること、ゴミ捨てをしないことにブチ切れて、絶縁となりました。

 

たかが食器、たかがゴミ捨て。それでも、毎日のこととなったら、すれ違う可能性が出てきます。

 

生活パターンや生活スタイルを共有し、お互いが妥協していく期間として、同棲は大切です。

 

「それは結婚後でもいいんじゃない?」と言う人もいると思います。ですが結婚は、なかなか後戻りができません。

わたしだったら、「結婚したけど一緒に暮らしたらイヤになった」なんてことになりたくないです。それなら、同棲は手っ取り早い「準備期間」として適当でしょう。

 

ちなみに、「同棲したら束縛がひどすぎた」「同棲したら酒癖の悪さにあきれた」は聞いた話なので、結婚する前にわかってよかっただろうと思います。

 

結婚する前なら家事は分担する

結婚するとなると、お金を共有したり、家事を分担することになります。最近は結婚後も働いている女性が多いので、家事分担に関してもめるなんてことも耳にします。それを防ぐために、同棲はかなりおススメです。

 

結婚してしまうと、どうしても「女が男を支える」っていう考えが強くなっちゃうんですよね。もちろん、いろいろなパートナーのかたちがありますが。

 

同棲だと、そこまで「お互いが助け合うべき」という意識が強くありません。同棲はあくまでも生活を共有するだけで、結婚のように人生を共有する段階ではありませんからね。

 

そうすると、自然と「やってもらうことが当然」という考えも弱くなります。つまり、家事分担がスムーズにいきやすいんです。

 

わたしと彼氏は、自分が得意な家事を自然とやるようになりました。料理がわたしで、掃除が彼。洗濯は着るものがなくなった方。楽です。 

これが結婚だったら、「やっぱり女のわたしがやるべき」って考えたと思うので、やっぱり同棲していてよかったです。

 

スポンサーリンク

 



結婚への意志が固まる

わたしはまだ結婚したことがないのでわかりませんが、同棲してから「この人とならうまくやれるだろう」という思いが強くなりました。

 

ワンルームなので自分のプライベートが皆無ですが、ストレスはいっさいありません。クラブやパーティーがあんまり好きじゃないしお酒が苦手、そのくせ外食が好き、部屋はちょっと汚いくらいが落ち着く。同じ価値観です。

 

もちろん、お互い妥協しないといけない部分もあります。

わたしは洗い物が雑だそうで、何度か注意されました。気をつけるということで妥協。彼は衝動買いするタイプなので、共有の家計費から私物を買うときは承認制にしました。それでも先日彼が勝手に木刀を買ったのでチョップしましたが。

 

そうやってお互いが、ふたりの生活を作り上げていけば、結婚までのいい足がかりになります。

 

結婚するならまず同棲を

同棲、というと仰々しいですが、ただ一緒に生活するだけです。どちらかが一人暮らしなら、一か月でもいいので一緒に住んでみてください。週に一度会うだけではわからない、その人の生活が見えてきます。

 

ぶっちゃけ、相手の生活をたいして知りもしないのに、結婚してから一緒に住むなんてコワいです。

 

相手が浪費家かもしれないし、几帳面すぎて息苦しいかもしれないし、ご近所さんに無愛想かもしれないし、夜中大音量で音楽を聞く人かもしれないじゃないですか。

そういう側面を、結婚なんて大事な決断をする前に知らないなんて、すっごくコワいです。

 

嫁入り前の娘が!って思う方もいらっしゃると思いますし、わたしも相手が外国人じゃなければ親が許さなかったかもしれません。

 

ですが、自分の人生ですからね。結婚するほど本気で付き合ってるなら、準備期間、そして相手を本当の意味で見定めるために、同棲は必要です。

 

「結婚を考えてるけど、やっぱり踏み切れない……」なんていう人は、相手の家に転がり込むでも、ウィークリーマンション借りるのでもいいので、とにかく同棲してみた方がいいですよ。

 

同棲を持ちかけて嫌な顔をされたのなら、それはそれで結婚という選択肢について考えなきゃいけませんしね。

 

おすすめ関連記事

女性の社会進出の問題は、男が妥協しないと成り立たない

なぜ化粧は女の身だしなみ? 素顔でいることは悪いことなの?