読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツ発 雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

海外・地方移住予定者必見!ぶっちゃけ、海外生活に飽きた

ドイツ生活
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

いや~奥さん、聞いてよ。ドイツ生活も合計3年目に突入したんだけどさ、ぶっちゃけ飽きちゃったよ。

 

「海外生活」してるなら、やっぱりそれなりの驚きやら体験やらしたいじゃん? でも3年目ともなるとほっとんどのことに慣れちゃったんだよね。

 

実家に住んでたらふつうのことでも、「せっかく海外にいるのに」って思っちゃう。まぁ、飽きたんですわ。

 

海外や地方移住を考えている人は、「一生そこに住むのか」「その地を離れるなら、離れてもやっていけるのか」を考えた方がいいですよ。

 

海外生活に飽きた理由

f:id:amamiya9901:20160921165539j:plain

ドイツに飽きたとは言っても、ドイツがイヤになったとか、日本が恋しくてたまらないってわけじゃありません。ただ、「特別感」はもうないよね。3年住んでれば。

 

最初は思い描いていためくるめく毎日を送ってたけど、そういう目新しさっていうのはもう感じません。

 

海外だって住めばただの居住地

身も蓋もないことを言っちゃうと、海外だって住めばただの居住地なんですよね。家があって、食料品買って、たまに人と会って、寝る。

ドイツだと生活水準は日本と変わらないから、毎日新たな発見があるわけじゃありません。

 

都会の喧騒がイヤになって田舎へ移住っていうのも、最初は理想通りのスローライフが送れるでしょう。でも1年も経てばそれが当たり前になって、日常になります。

 

それが悪いことではないけど、「せっかくの海外」「せっかくの移住」って考えると、「なんかマンネリしたなぁ」って感じてしまいます。

 

最初は斬新に思えたマンガも、毎回似たような展開だと「それはもういいよ」と思ってきますよね。そんな感じです。

 

慣れたら無いものねだり

で、慣れてくると、捨ててきたはずのものが恋しくなってきます。日本食を食べたいし、日本語を話したいし、和室で寝たい。

 

田舎へ移住した人も、最初はスローライフに満足してても、それを充分に楽しんだら今までしていたように都会でショッピングしたくなるかもしれません。最初はほっこりしていた近所づきあいも面倒になるかも。

 

あこがれていたものでも、慣れてしまえば、今まで「ふつう」だったものが恋しくなってくるものです。

 

感動が減った

ドイツに来たときは、街並みにいちいち感動してたし、ドイツ人とジョーク交わしてる自分カッケ―って思ってました。でもそれがふつうになると、なんの感動もしません。日常生活です。

 

「それって日本でも同じじゃんw」って思いそうですが、そこなんです。日本でも同じなんです。逆を言えば、海外に住んでいる必要もない

せっかく海外にいるのに、日本と同じような心持ちで生活してたらもったいないよなーって思うんですよね。

 

もちろん、イケハヤさんみたいに田舎生活が合っていて、ずっとそこに住みたいって言う人もいるでしょう。それは素敵だと思います。

 

けど、海外や地方移住に多大な憧れを抱いていると、慣れたときに「こんなもんか」って思うんです。わたしにとってドイツは「海外」ではなく、もはやただの居住地です。

 

スポンサーリンク

 



海外・地方移住するならどこでも稼げる手段を

なんでこういう記事を書いたかっていうと、「移住はやめとけ」って言いたいんじゃないんですよ。移住はすればいいと思うよ、したいなら。

 

でもそのとき、「人生のすべてをリセットする!」みたいなのはやめたほうがいいです。人間は適応する生き物なので、いずれ飽きがきて「もういいや」ってなる可能性も大きいんです。

 

じゃあなにを伝えたいかというと、「移住するならどこでも稼げる手段を持っとけ」ってことです。

 

「海外で大学院へ!」「田舎で自給自足!」とか言ってても、もしそれがイヤになって飽きちゃったら、以前と同じステータスで仕事をさがすのは難しいでしょう。ブランクもあるしね。

 

だから、移住を考えている人は、いつイヤになってもすぐに違う場所に引っ越せるように、どこでも稼げる手段を身につけておいた方がいい。わたしは日本でもほかの国でも、パソコンさえあれば稼げます。

 

移住はあくまでも居住地の選択

移住して、新しいライフスタイルを手に入れる人は多いでしょう。自分が望む生活ができるだろうし、最初はドキドキワクワクの連続です。

 

でも、その感動にも慣れてしまう日が来ます。

 

そこで「この生活はぴったりだわ~」って思える人と、「もういいかな……」って思う人がいるでしょう。

前者は住みつづけて楽しい移住ライフを送ればいい。でも後者なら、がんばってその地にとどまる必要はありません

 

で、その場所から離れたくなったときに大切なのが、どこでも稼げる手段があること。本当に心強いです。

 

移住は人生を変えるきっかけにもなる選択。でも後戻りができないものでもありません。

 

わたしは彼が大学生なので3月まではこのクソみたいな街に住みつづけますが、3月に引っ越します。住んで1ヵ月で嫌いになったから、本当に待ち遠しいっす。

 

移住はあくまで居住地の選択です。思い描いている理想の生活が送れるかもしれないし、そうじゃないかもしれない。

人生のすべてを賭けて移住っていうのは、リスクが大きすぎます。イヤだったらまた引越せばいいや、くらいの心持ちで移住したほうが安心ですよ。

 

▼おススメ関連記事

www.amamiyashion.com

www.amamiyashion.com