雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

「多様性を認める」の本当の意味。多様性=何でもアリではない

スポンサーリンク

「多様性を認める」って便利な言葉ですね。わたしは色んな生き方、考え方を認めてるつもりです。でも、なにかを批判すると「多様性を認めてない」って言われることがあります。

 

「多様性を認める」って、いつから「だれのことも批判しちゃいけないよ! みんなで仲良しこよし!」になったんでしょう。

 

「多様性を認める」の意味を理解しているのか

f:id:amamiya9901:20161017154942j:plain

「多様性を認める」という言葉を都合よく解釈して、免罪符のように使っている人が多いように思えます。「多様性を認めるべきだから自分のことも認めるべきだ」みたいな。

 

では「多様性」って、そもそもどういう意味なんでしょう?

 

多様性(たようせい)とは、幅広く性質の異なる群が存在すること。 性質に類似のある群が形成される点が特徴で、単純に「いろいろある」こととは異なる。

多様性 - Wikipedia

 

ただ「みんないろいろだね!」じゃなくて、共通点のある人たちが集まって群れを成して、その群れがたくさんある感じのことを指すようです。

 

多様性を「認める」の意味

多様性を「受け入れる」じゃなくて、なんで「認める」と言うのか。それは単純で、認めるのと受け入れるのではまったく意味がちがうからです。

 

たとえば、内戦が起きて他国に避難する必要がある難民がいるとします。避難する必要性は、多くの人が「認めている」でしょう。だからといって、「うちの国に住んでいいよ」って受け入れるかどうかはまた別。

 

それなのに「認める」=「受け入れる」と思い込んでいる人が多いです。

 

わたしは、見ず知らずの人に対して人格攻撃をする人が大嫌いです。でもそういう人がいるのは認めています。とはいっても、嫌いだから受け入れる気はないし、関わりたくもありません。

 

わたしはナスが嫌いです。でも、「ナスが好き」「ナスが大好き」「ナスアレルギー」みたいに、「ナス」に対していろんな考えがあることを知っています。

 

多様性を認めるっていうのは、「自分が所属するグループ以外のグループもある」って理解することであって、ナスが嫌いなのにナス好きの人を受け入れて、自分もナスを食べるということではないんです。

 

多様性を認めるの反対は「排他的」

多様性を認めるということは、「自分とちがう人もいる」と理解することです。その反対にあるのは、「自分とちがう人は排除する」という排他的な考えです。

 

つまり、認めてはいても受け入れない。でも排除しない。それはひとつの「多様性」です。

逆にいえば、「排除したがる人がいるのも多様性だ」という言い分は通りません。それは多様性とは真逆の考えだからです。

 

「多様性を認める」って言っても、なにしてもいいわけじゃないです。排他的であるという多様性を認めてしまえば、多様性は損なわれます。だから認められません。

 

「多様性を認める」と「批判」は別物

「多様性を認めると言っておいて、相手の生き方や考え方を否定してるじゃん!(排他的じゃん)」みたいなことを言われたことがあります。でもそれはちょっとちがいます。

 

わたしは、自分とはちがう考えの人がいることを理解して、認めてます。でも嫌いだから否定したんです。

「多様性を認める」という言葉を意識しすぎて、「だれもなにも否定しちゃいけない」って思っていませんか?

 

たとえば、金目当てに結婚する女がいるとしましょう。別にその人の勝手だから、好きにすればいい。「多用な考え方・生き方」があるんだから、そういう人だっているでしょう。

でもわたしが、「そういう人は嫌い」と言ったら、それは「多様性の否定」なんですか?

 

「多様性を認める=みんな仲良しこよし」ではありません。相手の自由だと認めた上での批判は成り立ちます。

そうじゃなきゃ、「多様性」って言葉に惑わされて「反論や問題提起」が許されない風潮になって、逆に多様性が失われる状況になります。

 

スポンサーリンク

 



みんな堂々してればいいんじゃない?

いろんな人がいるのは当然。だから、自分とちがう人間を排除するのは無意味です。そう考えてるから、わたしは「みんな好きにやればいーじゃん」と思っています。

でもそれは、「批判も否定もしないよ!ぜんぶ受け入れます」ってことではありません。そんなことだれも言ってません。認めるのと受け入れるのはちがいます

 

「多様性を認める」っていうと、物分りが良くて社会的で道徳的に聞こえますね。でもかんたんに言っちゃえば、「みんな堂々してれば?」ってだけの話です。

 

いろんな人がいるんだから、法律違反や明らかな社会倫理の逸脱は別として、「俺はこうだ!」「わたしはこうだ!」ってみんな堂々してればいいじゃないですか。

それを否定する人もいるだろうけど、それはそれ。少数でも同意してくれる人がいれば、群れを形成できるかもしれません。それこそが多様性ですよ。

 

多様性を盾にゴチャゴチャ言うよりも、「みんなこうかもしれないけど、わたしはこう!」って堂々してた方が、多様性として健全だと思うし、本来の意味に沿っていると思います。

 

だからわたしは、「他人は知らんが自分はこうだ!」ってのを発信してるし、納得いかないことがあったら批判してます。

 

「多様性」を他人を惑わす言葉として使っている人は、「多様性を認める」ことを都合よく解釈しているだけですね。

いろんな人がいる。好きな人もいれば嫌いな人もいる。それを理解することが「多様性」です。それだけの話です。

 

▼おススメ関連記事

www.amamiyashion.com

www.amamiyashion.com