読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツ発 雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

日本が自慢する「おもてなし」は、正直狂ってる

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

日本に一時帰国中の雨宮です。実家は落ち着くし料理がおいしいしお風呂は最高だし、日本とドイツの生活のちがいを実感しています。特に強烈なギャップを感じるのは、日本のサービス

 

いやいや、おもてなしなんだよね。わかるよ。でも正直やりすぎというか、過剰すぎるというか、居心地が悪い!! 正気の沙汰とは思えない!!

 

斜め上の「おもてなし」は狂ってる

f:id:amamiya9901:20170323123226j:plain

サービスの原点は、「顧客を満足させる」ことです。細部まで丁寧な心遣いや、顧客の要求を神に与えられた試練のように死に物狂いでこなすさまは、たしかに「顧客を満足」させるのかもしれません。

 

日本にいたときは当たり前だと思ってたけど、一回海外出ちゃうと、日本の「おもてなし」はちょっとおかしいんじゃないかと思えてきます。そう思ってるの、わたしだけじゃないんじゃないかな!?

 

人間性を捨てたサービスがおもてなし?

やってもらうことが当然だと思ってるような、失礼で傲慢なお客さんをよく見かけます。ごはん食べても「ご馳走様でした」って言わなかったり、店員さんにため口使ったり、「水」って単語しか言わなかったり。

 

開店直後のデパートに行くと、店員さんが並んでお辞儀してるじゃないですか。でもお客さんはそんな店員さんなんて見えないかのように、平然と無視して歩いていきました。

 

日本のサービスだから「当然」になってるけど、人間として本来めっちゃ失礼な行為だよね……。

 

それに対して、店員さんは全力の笑顔なんです。いくら虐げられても喜んでしっぽを振る感じが、狂気じみてる気がして、ちょっと怖いです。

 

色違いの靴を取りに行くときも小走りだし、レジの調子が悪くて30秒待っただけで土下座する勢いで謝られるし。そんなにがんばってくれなくていいのに……。

 

なんか「おもてなし」が妙な方向にいってる気がします。この狂気を世界にアピールしてるのか……。

 

「おもてなし」感は意外とない

日本のサービスって、たしかに「すごい」のかもしれないけど、よく考えてみると、「もてなされてる感」をそんなに感じなかったりもします。

それなりのホテルとかレストランならもちろん手厚いサービスを受けられるけど、それはどこの国でもそれなりにやってるしな。

 

「いらっしゃいませ」を無視するのが心苦しくて会釈するようにしてるんですけど、店員さんも割とこっち見てないんですよね! それっておもてなしどころか、むしろ感じ悪い!

 

機械的にお辞儀したりお礼を言ったり見送ったり笑顔を作ったり……なんかむしろ落ち着かないです。

 

いつもお願いしてる美容師さんとか、高校時代からお世話になってる眼鏡屋のオバちゃんとか、みんな気さくでちょっと適当だもん。そっちの方が居心地がよくないですか?

 

ATMでお金おろしただけで「ありがとうございました」って深々とお辞儀されても、むしろ恐縮しちゃいます。

 

やらされてる感や作ってる感が強くて、人間らしさを感じない「おもてなし」は怖いです。

 

スポンサーリンク

 

 

おもてなしは本当に日本の自慢なのか?

わたしのまわりに「おもてなし」っていう言葉を知ってる外国人が皆無なんですが、「おもてなし」は日本が自慢するほど日本の魅力なんですかね?

 

むしろ多くの外国人から見たら、「なんでそんなに自己犠牲するの?」「なんでそんなに媚びへつらうの?」って不思議に思うんじゃないかな。

 

世界的に見て、座ってるお客さんと話すために膝をついたり、お客さんがいるから閉店時間を延ばしたりっていうのは、素晴らしいことっていうよりも、「謎」だと思う人の方が多いはず。

 

たいていの人は、出身国にかかわらず、相手が好意としてやってくれることを面と向かって批判しません。だから「日本のサービス最高!」って言ってる外国人ばっかり注目されるんじゃないでしょうか。

 

でも、日本のサービスを受けるためだけに日本に来る人って、どれくらいいるんでしょうね。日本がアピールすべき魅力って、おもてなしじゃないと思うよ!

 

本当の「おもてなし」は心のふれあい

おもてなしって、自然と笑顔になるような心のふれあいのことを言うのであって、自慢するものでも、機械的に客をあがめるものでもないと思います。

 

その人の「心」に沿うような言動で、お客さんを笑顔にする。それに感じ入ったお客さんがそのお店を贔屓して、感謝する。そういうお互いがいい気持ちになることがおもてなしのはずですよね。

 

日本ご自慢の「おもてなし」って、ただ顧客がチヤホヤされてるだけです。だからお客さんが横暴化しちゃうんじゃないかな。

 

「おもてなし」を自慢してサービス業従事者を疲弊させるよりも、モノやコトの売買を通じて、人間らしい交流を楽しむ方が健全だと思います。

斜め上の「おもてなし」に力を入れるよりも、お客さんと店員が一緒に楽しめる時間を共有するようなサービスの方が素敵だよね!

 

意味のわからんおもてなしアピールはやめて、サービス従事者の負担を減らして、もっとゆるい空気で買い物できた方が店側も客側もリラックスできるはず! わたしはそっちの方がすき!!

 

おすすめ関連記事

おもてなし?ちょっとずれてる日本の感覚

どこまでお客様に誠実でいるべき?JALのお客様トラブルについて思うこと