雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

最近感情的になったのはいつ? 「怒る」という美学

スポンサーリンク

年を重ねるごとに、怒らなくなりますよね。イラっとしても、「キレる」まではいかなくなってきます。 怒ること自体が面倒くさいし、ある程度コントロールできちゃいますからね。


でも、時と場合があるのは当然だけど、「ブチギレる」ことがあっても全然いいと思うんですよねー。

 

スポンサーリンク

 



日本人は、もっと感情的になるべき

イラっとレベルじゃなくて、「ふざけんなよ! キー!!」ってくらい怒ったのっていつだろう……。

わたしは怒ると冷静になるタイプなので、ヒステリック感は意外になかったりするんですよ。ていうか涙腺が弱すぎるので、「ままならない状況」に直面すると、怒ってても涙が出てしまうんですよねー。モンスターズ・インクを10回見て10回号泣できる24歳です。

うまくいかない、理解しあえない、自分が悪いんじゃないか、そう思うと自然と涙が出てきて落ち込むパターンになるので、実は怒ることってそこまでありません。


そのぶん、嫌なことは「それはこういう理由で嫌だから、やらないでほしい」と言いますし、「納得いかないのでやりません」とも言います。だから怒る必要がないのかなー?

でも総じて、日本人って自分の感情をあまりださないですよね。表面だけの付き合いがうまいし、にこにこと「流す」スキルが高い。

それだと確かに団体としてうまくいくだろうけど、なんか楽しくないんじゃないかと思います。


ドイツに来て、議論する文化に触れました。いやーどこでも議論。移民問題とかスタバで2時間語ったりね。ドイツあるある。

最初はその議論を、「え、喧嘩!?」と思って焦っていました。お互いすごい勢いで自分の意見を話してるし、くい気味に「その意見はちがうよ!」って言い合ったりしてますからね。

でもそれは建設的な議論なわけです。後腐れなし。


日本には、「感情的に自分の意見を言う」機会が少なすぎます。仕事だと上司は部下に感情的に叱責することが許されてるのに、逆はダメですからねぇ。くだらない。

上から押さえつけられること、上からコントロールされることに慣れている中では、自分の感情をうまく出すことはできないでしょうね。

控えめな日本人の美学も持ち合わせてはいますが、それでもここぞという時には、ちゃんと自分の感情を出して相手に伝えないとダメです。そうじゃないと心から理解はし合えないし、自分自身もすっきりしません。


怒らない美学って他人に都合がいいだけ

よく知らないけど、たしか仏教とかは怒らないことが美学とされていますよね。悟りとか。キリスト教とかもそうかな。ちがう?


怒らない=自己コントロール、みたいな定説があるけど、それはちがいます。コントロールすべきなのは怒りという感情ではなくて、怒り方です。アンガーマネージメントなんて考え方があるみたいですが、怒りのコントロールなんて、基本的には小学校で学ぶものです。


怒らないことで自制することができる、自分と向き合える、みたいなのはおかしい。ちゃんと怒らなければ、自分にストレスがかかるだけなのに。っていうか怒るってそもそもそういうものじゃなくね?

というわけで、怒らないころがいいことだ、というのは、他人にとって都合がいいだけで、自分にはメリットがありません。そもそもコントロールできるレベルは怒りじゃないんじゃないかという話。


怒ることが未熟って考えは相当なおバカさんだと思います。喜怒哀楽って言うじゃない。そのひとつをわざわざ欠落させるってどうかしてるぜ! 人間に備わってる基本感情だってばよ!

怒らないことは、美しくもなんともありません。ただ自分をだましているだけです。大切なのは、正しく怒ることです。

怒っている理由、自分が望むことをちゃんと感情的に伝えること。あとあとモヤモヤしないために、感情を出さなきゃいけないんです。それは自分の心を守るために必要なことですよ。他人なんて知ったことか。


怒ったからって損はしない

言っておきますが、程度の差がありますよ!

お互いがある程度成熟した精神を持っていれば、一度怒ったからといって特にややこしくなったり気まずくなったりはしないはずなんですよね。 ちゃんと理由がはっきりしていれば。

八つ当たりやら、現実的に無理な要求とかってなったら別ですけどね。でも基本的に理解の範ちゅうだったら、みんな理解してくれるでしょう、怒ったとしても。

いや、怒るっていうのが「ヒステリック」って思われているかもしれないから、言葉を変えよう。怒りを原動力に感情を出してなにかを訴えかけること。うん、これがいいかも。


いやだ! 納得いかない! ふざけんな! という気持ちを前面に押し出して、なにかを訴えること。たとえば、「何それおかしい! これはこうじゃない!」とか。 

それを言っただけで何かしら不利益になることって、あんまりないと思います。不利になったとしたら、相手に理解する姿勢が足りないと思う。


もちろん、「自分の意見を言うのに感情的になる必要はない」という考えはあるでしょう。たしかにそうだ。
でも感情を押し殺す必要もないと思います。いや、淡々といえるならそれでもいいけどさ。

たとえばルフィが、「海賊王という夢は、確かに非現実的かもしれません。でも、わたしはそれでもそれを追い求めるつもりです」って言ってもさぁ、ワンピースって売れなかったと思うんだよね。

「うるせぇ! 俺は海賊王になるんだ!」って言ったから、心に響くものがあったわけですよ。 


人間は感情で動いている生き物です。だから感情を出すことによって伝えられることもあります。お行儀ばっかり気にしていたら 、自分の感情を見失っちゃいます。

滅私、なんて言葉があるように、感情を抑えることが美徳とされていますが、もっと自分を大切にした方がいいですよ。ちゃんと怒りましょう。