雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

世界平均年齢 1位日本 2位ドイツ。これやばいってどうなるの?

スポンサーリンク

日本人女性の平均年齢は世界トップ。
男性は世界6位だが、男女平均では世界1位の84歳だ。
WHOの統計、2013年版より

これは喜ばしいことだが、なんと平均年齢も世界1位なのだ。
つまり日本人は平均して、世界で一番年をとっているということ。

そんな衝撃的な事実が述べられているフランクフルター・アルゲマイネのDurchschnittalter jetzt 44 Jahreという記事。

--------------------

ドイツ人の平均年齢がますます上昇している。1995年では40歳だったものが、2013年では44.1歳にまであがった。それは日本に続き、世界で第2位の数字である。そして平均年齢は、ドイツ国内でも地域によって大きな差があることがわかった。

besonders-niedrig-liegt-das.jpg

大学都市であるフライブルクとハイデルベルクは40.2歳と40.3歳となっている。
旧東ドイツ地区であるズールとアルテンブルクはそれぞれ50.1歳、49.1歳。10歳も平均年齢が高い。

州で見てみると、工業化が遅れているテューリンゲン、ザクセン、ザクセン=アンハルト州が比較的高齢化が進んでいる。西側ではニーダーザクセン州のフェヒタが40.1歳、クロッペンブルクが40.2歳と比較的若くなっており、それは出生率の高さが起因している。

--------------------

日本平均年齢が世界1位なんて知らなかった……!確かに高齢化が進んでいるし、出生率も低い。それでも世界1位なんて。

これは平均寿命が世界トップで必然的に平均年齢が上がることを差し引いても、かなりまずい状況だ。
日本の60歳以上の人口は、ぶっちぎってトップ

ちなみにこの統計によると、10年後にはさらに3.3歳も年齢が上がる見通しだそうだ。

――これ、日本終わるんじゃない?w

働く女の人がー、とか最近は晩婚化が進んでー、とか色々言われていますが、理由はそこじゃないんじゃないですかね。
私が思う、「出生率の低さ」の原因は、以下の3つだと思います。

1.残業が多すぎて家族の時間が持てない
残業も多いし、付き合いの飲み会も多い日本の労働環境。父親はたいていの場合、育児に参加する時間がない。だから女が仕事をやめて付きっ切りで育児をするしかない。
→金がない
とまぁ悪循環ですね。

2.お金がない

日本の教育は、お金がかかりすぎ。大学にいくのが当たり前の時代になったわりに、国公立の数が少なすぎる。結局は奨学金という名の借金を背負って、とりあえず大学へ。学校が教育を放棄して、塾に通わざるを得なくなる。そうすれば更にお金がかかる。
これじゃぁ独身で趣味に呆けていた方が楽しいと思うのもうなずけます。

3.地域社会が子育てに参加しない
バスでも電車でも、公共交通機関はベビーカーごとは乗れない。込んでいる時間に子供をつれて電車に乗ろうとすれば、肩身が狭い。公園はボール遊び禁止、道行く子供に声をかけたら不審者扱い。
これじゃぁ無理ですよ、育てるの。だって疲れるじゃん。

ただ託児所を増やせばいい、とか産休を取れるようにすべき、とか、それだけじゃないと思います。
男が育児に参加できるように労働環境の整備
教育に費やす家庭の負担を減らして経済的不安を取り除く
子供は社会が育てるという認識
が必要でしょう。そうじゃなければ、子供を持つデメリットが多すぎます。

今はまだ「高齢化」なんてぬるい言葉でお茶を濁していますが、30年後もこのままだと、「若い人が年寄りの奴隷」と化してしまうんじゃないでしょうか。

ブログランキング参加しています。
どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ