雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

難民はタダで革ジャンと携帯をもらえる?

スポンサーリンク

あいも変わらず難民問題です。
こちらの記事では難民の要求について述べられています。

-------------------
州官僚であるJosef Niedermaier氏は、またしてもこんな話を聞いた。
「難民が高い物をタダでもらっている」

この噂はさまざまな形で町中ささやかれている。たとえば80ユーロのかばんをもらった、300ユーロの革ブーツをもらった……などなど。州官僚らは「そんなことはくだらない」と悪態をついた。
たくさんの人や企業、地方自治体から、「どうなっているんだ」という問い合わせが殺到している。だがそれは、「まったくもってでまかせ」だそう。

lederjacken-handys.jpg

独身の人は月326ユーロ受け取っている。その中から食費や衣服代を燃費しており、州は家賃、光熱費、水道代を負担している。

―高額の服を支給しているというのは
引換券を渡しているが、引き換えられるのはバイエルンの赤十字のみ

―役所や警察が、市民を不安にさせないために不法に難民の不法行為をもみ消しているというのは
彼らの仕事は難民でもドイツ人に対してでも変わらない

出来る限りすべての意見に答えようとは思わないが、たまに「何と返せば良いのか……」と思うこともある。

--------------------

まぁね……。わかるよ。
率直に言えば、「自分たちの税金で、あいつらは勝手に来て高い物もらってんだろ?」ってな噂です。そうなるのももっともですよ。自分だってもらえるんならもらいたいもん。

実際ドイツの役所は誠実に対応しているんだとは思っているけど、それがあまりオープンじゃない。だから「ありうる」と思われてしまうんじゃないかな。

一番の問題は、難民の義務については触れていないところだと思う。難民として認められた者は、自国では得られなかったたくさんの権利を得る。でも義務を議論されることはない。

難民がドイツで何をもらっているかもそうだけど、彼らが何をすべきかっていう方にも焦点を当てた方がいいだろう。

ブログランキング参加しています。
どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村