雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

まだ就活で消耗してるの? 人生を楽しむ3つのコツ

スポンサーリンク

以前から拝読しているブロガー、イケダハヤトさんの企画に乗らせていただこうと思います。

まだ就活で消耗してるの?

私が大学卒業後、ドイツに行くと決めた時、みんなから「いいなぁ~」と言われました。
これ、毎回いらいらするんだよね!

私は何の保証もないまま、就活をせずに大学を卒業しました。
まわりの友達は、とりあえず就活、という考え方が大半でした。

ねぇ、そんなんでいいの? 人生楽しい?
ずっとそう思っていました。

卒業後の進路は、就活だけじゃない!!!!!

私がドイツに行った理由は色々とあるけど、第一に
就活、就職がしたくなかった!だけです。

みんな同じスーツなんて嫌だし。履歴書何十枚も書きたくないし。残業当たり前みたいな文化も嫌だし。付き合いの飲み会とか行きたくないし。希望じゃない部署の配属は嫌だし。

日本の就活、労働環境が大嫌い!!

そんなこんなで、就活せずにドイツに来ました。
ドイツでは学生をしながらフリーランスでお金をぼちぼち稼いでます。バイトもしてます。
やりたいことがないのに適当に、過酷な就活しなくて良かったと本当に思います。

高校→大学→就職
こんな流れ、別に守ってやることはないんです。就活したくなければ、しなきゃいいんですよ。

そんな私がおすすめする、人生を楽しむための3つのコツを紹介します。
これは、「自由に楽しく生きていこう」という私のモットーでもあります。

3010066621_3a8fe89fd4_o
from:http://www.gatag.net/?s=%5B自由の女神%5D

1. やりたいことをさがす




これが一番大切です。

就活して企業に入って、やりたいことができるかもしれません。でも日本の企業では、正直かなりしんどい。

職人系以外は。違う部署に配属されるかもしれないし、先輩のご機嫌をうかがって企画が出せないかもしれない。

会社に入るという枠を捨てて、自分は何がしたいか、考えてみましょう。

プリキュアになりたければ、なればいいんです。
ごろごろして過ごしたんなら、のんびり過ごせばいいんです。

私の将来の夢は、迷走を重ねました。
・小学校 先生 → チョークの粉が体に悪いと知って諦める
・中学生~高校3年夏 心理カウンセラー → 大学院まで行かなきゃいけないし、自分もメンタル弱いから諦める
・高3夏~大学卒業 なんかドイツ語を生かせる仕事 → 語学のプロフェッショナルになりたいわけじゃないから諦める

そして色々考えました。自分は何をしたいのか? 何しているときが楽しいのか? 何して一生暮らしたいのか?

一年間、冗談抜きで毎日考えました。

私は物を書きたい!!!

そう思ってからも迷走を繰り返し、四苦八苦しながら現在にいたります。
他のウェブサイトに寄稿もしてます。楽しくてしゃーないです。

ESの「志望動機」をひねり出す暇があったら、「自分が本当に一生やっていきたいこと」について考えてみてください。

今書いているあなたの「この業界を選んだ理由」、本当にやりたいことですか?

2. 自分本位で考える




一番ストレスになるのはこれ。「やりたくないことをやらなきゃいけない時」。
夏休みの宿題が溜まった8月31日とか、連立方程式を解かなきゃいけないとか。

人間誰でも、やりたいことにしかモチベーションがあがりません。
でも会社勤めだと、それでもやらなきゃいけない。嫌でも朝早く起きなきゃいけないし、電車乗らないといけないし、会議にでないといけない。

でもドイツに来た時に決めていました。「やりたいことしかやらない」!

お金がなくても、働きたくなかったからバイトはしませんでした。
興味のない授業は、先生に掛け合って、難しいけど興味のある授業の単位認定をしてもらいました。

大切なのは、「自分本位に考えること」です。

人に迷惑を掛けるかもしれない。親に怒られるかもしれない。
……それで? それで何を失うんですか?

もちろん嫌だから仕事ばっくれとか、嫌だから引き受けた仕事をしないとか、そういうのは駄目ですよ。
でも正々堂々と自分本位に考えて行動すれば、だいぶ人生が楽しくなります。

他人がごちゃごちゃ言っても、あなたの人生はあなたのものです、鼻ほじりながらシカトで問題ありません。

3. リスクを受け入れ、やってみる




でもやりたいことを見つけて、嫌なことを避けていれば当然リスクがあります。

私の場合、「それなりの大学の新卒」という立場を捨てて就活をしませんでした。
海外生活は楽しいけど、親にも友達にも会えない。お金もない。

24歳になって、ビザの関係で現地の大学に席はおいているけど、やりたいことは大学生じゃないから、今学期は行ってない。

20代半ばにもなって、形大学生の半ニート生活です。


友達がみんながんばってお金を稼いでいる中、したいことだけやって、小銭を稼いでカツカツの生活。
納得はしてるけど、毎日楽しくて仕方ない、というわけでもない。

社会人経験もないし、特別な資格もない。
いつまでもこうしてはいられないし、時間だけが過ぎていく。

でもね、そんなんわかってましたよ。
ドイツに行っても、楽しいとは限らない。収入制限でお金はあんまり稼げない。こうなるのなんて、わかってました。

でも、じゃあやめる? ってなると、「やめたくなかった」。

もっとドイツでがんばりたいし、「物を書く仕事」で生計を立てたい。
だから、マイナス部分も全部受け入れて、今もまだ挑戦中。

理想とは違うことも多くて落ち込んだし、このままじゃ駄目だと追い詰められたこともありました。

でも、やってなかったら絶対後悔してた。

適当に就活したら、仕事は見つかったと思う。でも、それじゃ絶対後悔してた。

ドイツに行く。大学に入る。やってみた。
それで本当にやりたいことが見つかった。だから今やってる。

なんだかんだ言っても、やらなきゃないも同じ。やってみた失敗は、後悔にはならない。
なんてちょっと良い事言ってみた。

長くなってしまったけど、これが私の思う、「人生を楽しむ3つのコツ」です。日本だと、なんとなく就活に流れちゃうけど、それだけが人生ではないはず!
やりたいことやって、楽しく生きればそれでいいんです。


執筆依頼、留学相談、翻訳などなんでもどうぞ!→雨宮のオンラインショップ


おすすめ記事! ドイツ編



日本人の私が、どうしても受け入れられなかった日本文化5つがこれだ

アイドルは日本だけ!? ヨーロッパにアイドルがいない5つの理由

ドイツ人なら誰でも知ってる日本の漫画TOP5


おすすめ記事! ライフハック編



人生無計画。それでも必死にやってれば結果オーライ

勝ち組と負け組みの差はどこ? 結果○○力が高ければ勝ち

侍にあこがれる現代日本人。もっと文化を大切にしようよ


頑張って書いたよ! 有料記事



日本の大学の価値がゼロな件。ドイツの大学で本気でやれば?

はじめての人はこちら!



はじめまして。