雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

イスラム系幼稚園は許される? 宗教教育の是非

スポンサーリンク

今日はこの記事

オーストリアでは2週間ほど前から、「イスラム系幼稚園の宗教教育を許すべきか」というテーマの議論が盛んだ。
きっかけは一つの研究報告。「ウィーンにある多くのイスラム系幼稚園では、宗教に根ざした教育が行われている」というもの。教育専門家たちの3分の2は「そのような幼稚園はコントロール下に置かれるべきだ」と述べている。

wie-religioes-darf-es-in

その調査では、ウィーンに150ものイスラム系幼稚園があることとなっている。だがそれが確かだという確証はない。ムスリム系団体の中で、150の幼稚園の教員をまかなえるとは思えないからだ。 

女子園児は全員ブルカを着用し、給食でもイスラム教の教えを守ってはいるが、公的には「イスラム教 の幼稚園」ではないとなっている。宗教的幼稚園は存在していないと。
だが報告によれば、「親は極度に保守的で、イスラム教に沿った教育を施すことを期待している」ようだ。

--------------------

難しいねぇ。
違う国にいるんだから その国に合わせろっていう気もするけど、自分のアイデンティティの問題だからね。
私がドイツで子供を生んだとしても、日本語や日本の文化を学んでほしいし。 

でも問題なのは、「イスラム系」ってところ。ヨーロッパではかなり評判が悪いからでしょうねぇ。これが仏教なら違ったと思うけど。イスラム教のトピックはかなり敏感ですからね。

そもそも、教育に宗教的背景を混ぜ込んでもいいのかなって話。日本は基本的にはダメ。でもヨーロッパではカトリック系の学校やプロテスタント系の学校が多いから、イスラム教だけダメっていうのは問屋が卸さない。結局は黙認になるんだろうね。

でも放置しておけば、将来国に牙を向いてくるかもしれないって心配しているみたいで。独自のカリキュラムを認めつつオーストリアの歴史を学ぶとか、そういう折衷案をうまく作れないものかなー。

個人的には子供は自分で考える必要があるから、親が特定の宗教に明らかに偏向させるのはよくないと思う。 

ブログランキング参加しています。 どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

にほんブログ村