雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

慰安婦問題、解決? ドイツではこう報道されたー全文・前編ー

スポンサーリンク

まだ立ち上げたばかりの弱小ブログですが、慰安婦問題の記事はほかの記事より読んでもらえたようで、改めて注目度の高さを感じました。

でも私の気になった箇所だけの翻訳だったので、もっと詳しく海外の反応を知りたい! という方には不十分だったと思います。なので、記事をそのまままるっと翻訳しました。12月28日フランクフルター・アルゲマイネのこの記事をもう一度紹介します。

langer-kampf-um-gerechtigkeit

日韓両外相は、10年間両国の関係を損ねていた日本の韓国植民地化問題を、「最終的かつ不可逆的な解決」として、同意した。日本の外相岸田文雄は、安倍首相の「第二次大戦の際に慰安婦として日本に従軍した女性たちへのお詫び」を伝えた。

残り46人となった慰安婦のために、日本は韓国募金団体に10億円ほど寄付すると発表した。ユン・ビョンセ韓国外相は、「この寄付は女性の尊厳を取り戻すため、そして深い心の傷を癒すために使う」と述べた。両国はこれから、国際関係の場、たとえばアメリカとの会談などで、このテーマでお互いの非難をすることをやめることを義務とした。

韓国にとってこの問題は、安倍首相の個人的なお詫びと、国費からの寄付という点が特に重要だった。今回は日本がはじめて公に慰安婦問題の責任を認めたことにより、韓国にとって大きな意味を持つ。
1995年、すでに日本は韓国、そしてその他アジア諸国の犠牲者のために賠償基金を設立した。だがその寄付金の財政源は私的なものだった。韓国は何度も日本に、「歴史的な責任を負っているのは国だ」と理解を求めていた。
この同意では、慰安婦問題についてのさまざまな角度からの解釈の余地をなくした。日本は「10億という金は賠償金ではなく、人道的理由から支払う」と述べた。

安倍首相は一貫したナショナリストとされているが、この問題について彼の意見は明らかになっていない。11月2日に行われた安倍首相と朴大統領の会談で、彼の立ち位置がはっきりとした。朴大統領はその際慰安婦問題への解決に固執し、主張した。
この同意が行われたその日は、両国にとっての記念日となりえるべきだ。北アジアの二つの大きな民主国家が、50年ぶりに「まともな外交関係」になったのだ。

後編はこちら→慰安婦問題、ドイツではこう報道されたー全文・後編ー 


執筆依頼、留学相談、翻訳などなんでもどうぞ!→雨宮のオンラインショップ



おすすめ記事! ドイツ編



日本人の私が、どうしても受け入れられなかった日本文化5つがこれだ

アイドルは日本だけ!? ヨーロッパにアイドルがいない5つの理由

ドイツ人なら誰でも知ってる日本の漫画TOP5


おすすめ記事! ライフハック編



人生無計画。それでも必死にやってれば結果オーライ

勝ち組と負け組みの差はどこ? 結果○○力が高ければ勝ち

侍にあこがれる現代日本人。もっと文化を大切にしようよ


頑張って書いたよ! 有料記事



日本の大学の価値がゼロな件。ドイツの大学で本気でやれば?

はじめての人はこちら!



はじめまして。