雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

慰安婦問題、ドイツではこう報道されたー全文・後編ー

スポンサーリンク

不可逆的解決。……ほんとか?
長い記事の全文翻訳は骨が折れるので、分けました。慰安婦像について、この記事の翻訳です。

2011年、慰安婦問題解決の支援者が、ソウルにある日本大使館の前に慰安婦像を設置した。どの時代であっても、日本が歴史的責任と罪を思い出すように、という目的だ。

20111214214157_bodyfile
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2011/12/14/0200000000AJP20111214004100882.HTML

日本の外相は、日本国民は「しかるべき形で違う場所への移転」を期待していると述べた。それに対し韓国は、大使館前にあることは安全面でよくないだろう、と理解を示した。それは、20年前から慰安婦の生き残りとその支援者たちが、1910年から1945年まで日本が韓国を植民地化したことに対しデモを行っていたためだ。 

韓国外相のユン・ビョンセは慰安婦像に関し、政府は「適切な解決」を模索する協議をすると約束した。

事実、日本は韓国の期待以上の驚くほどの譲歩をした。だがそれでも、同意が公になったあとの韓国では、歓喜の声で埋め尽くされることはなかった。一部の元慰安婦はこの同意に失望した。彼女にとってこの問題は、金では解決できない。それ以上に、日本が法律にのっとり、女性を性奴隷化した責任を負うことが大切なのだ。先日の同意では、この件については保障されていない。

「慰安婦」という問題は、大戦後から日韓の良好な関係を築く弊害となっていた。だが大きな問題として取りざたされたのは、90年代になってからだ。その頃になってから、韓国は元慰安婦に月々寄付金を払い始めた。長期にわたる韓国側のデモは、双方の態度をかたくなにさせた。

1993年以降、韓国政府は肥大する感情的な世論に押されている。その感情は韓国を弾圧した当時の日本と、慰安婦問題に根ざしている。 

次回の朴大統領と安倍首相の会談で、この同意は両国関係の継続的緩和に役立つだろう。だが本当の理解までは、まだ時間がかかる。

前編は→慰安婦問題、解決?ドイツではこう報道されたー全文・前編ー 


慰安婦像を大使館のまん前に置いて、「解決」なんて片腹痛いですねぇ。
やっと「普通の外交関係」程度には戻れるかと思ったんですが、お互いが敵視している中ではあんまり好転してないみたいですね。

せめてこれを書類にして条約にできれば意味もあったんでしょうが……。


執筆依頼、留学相談、翻訳などなんでもどうぞ!→雨宮のオンラインショップ


おすすめ記事! ドイツ編



日本人の私が、どうしても受け入れられなかった日本文化5つがこれだ

アイドルは日本だけ!? ヨーロッパにアイドルがいない5つの理由

ドイツ人なら誰でも知ってる日本の漫画TOP5


おすすめ記事! ライフハック編



人生無計画。それでも必死にやってれば結果オーライ

勝ち組と負け組みの差はどこ? 結果○○力が高ければ勝ち

侍にあこがれる現代日本人。もっと文化を大切にしようよ


頑張って書いたよ! 有料記事



日本の大学の価値がゼロな件。ドイツの大学で本気でやれば?

はじめての人はこちら!



はじめまして。