雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

人生無計画。それでも必死にやってれば結果オーライ

スポンサーリンク

いつも拝見している、「鬱から成功するブログ ミラクリ」のとある記事が私の心を打ち抜きました!

【人生無計画】「あの時はその選択肢しかなかった…」の連発も良いものだ。
この記事、とってもいいです。がっつり引用させてもらいます。

決して安定して生きてきたわけではない。
13歳から親元を離れたし、社会人になってからは4つの会社で働き、最後は鬱になって退職し、その後はフリーランスになった。
これからは株式会社をつくるので、また更に環境は変わる。

うまくは説明できないが、リアルタイムで考えに考えた末に、何となくそうするしか無かった。 


人生はめまぐるしく過ぎていきます。環境がどんどん変わっていく。それに適応するために、「こうするしかないかなぁ」となんとなく選択することも多い。 
あれ、自分なんでこんなことやってんだ、と思うこともあるかもしれません。
 

・無職だったこと
・バイトしながら悶々としていたこと
・たまたま派遣された会社で正社員になったこと
・「お前は一生独身」と言われたのに結婚したこと
・転職を何回もしたこと
・鬱病になって会社を辞めたこと
・鬱が完治しても再就職せずに、フリーランスになったこと
・株式会社をつくること

すべてリアルタイムでは「これ以外に道はない!」と思いながらやってきた。
よく「人生設計を!」「夢を実現する」「思い通りの人生を!」とか言う人がいるが、アレは心からすごいと思う。 

 
自分の人生には計画性なるものが皆無で、その時々にできることを精一杯やり、「結果としてこうなった」みたいな生き方だからだ。

 
人間関係もこじらせてばかりだし、病気の経験も含めて、良いことばかりではなかった。
 
でもそれがずーーっと続くのか?と考えてみれば、実は悪いことばかりでもない。

計画通りの人生も素晴らしいかもしれないけれど、無計画のまま必死に生きてみるのも悪くない。


そう、人生なんてうまくいきません。計画なんて通用しません。
もちろん周到に準備をして、計画を立て、それを達成した人もいるでしょう。素直にすごいです。でもそれは奇跡だし、逆に自分の未来を縛ることになるかもしれません。

「こんなはずじゃなかった人生」っていうのは、「こんな可能性もあった人生」だと思います。

私の人生の無計画っぷりも結構やばい


甘えているといわれればその通りですが、なかなか無計画だと思います。

・第一志望の大学は補欠合格ですべりこみ、入学金を払った大学を蹴る
・「奨学金ももらえるし、ひとつ枠が空いたから、1年ドイツ行く?」「行く」
・帰国後、就活嫌だし留学楽しかったからまた行こう→半年フリーター
・またドイツに来ても仕事見つからない→現地の大学行こう
・大学がつまらない→行かない→ライターとして頑張ろう

う~ん……こうして見ると、結構雑なんですねぇ、生き方。

でも、そのときはちゃんと悩んで、「それでもこの道しかない!」と思ったんです。
留学は突然振って沸いた話だったけど、行って良かったし。

395146_302192963214757_577488030_n


就活も本当はほんのちょっとしたけど、「私じゃ無理だ……」と早々に諦めました。じゃぁどうするか。
よし、もう一回海外に行こう。この道しかありませんでした。フリーターを続けるつもりはなかったから。

ドイツでがんばって仕事を探しました。でもものすごい能力があるわけでもないので、見つからなかった。ビザが切れる。帰らなきゃいけない。彼氏と一緒に住んでる。まだドイツで何もやってない。帰れない。ビザがとれるのは何だ。よし、大学へ行こう。

この道しかありませんでした。

「人生なんとかなる」「死ぬこと以外はかすり傷」
今となっては手垢がつきすぎたこの言葉は好きではないが、長い目で見れば本当に何とかなるものである。
何とかする気持ちさえあれば…。


そう、人生はなんとかなるんです。死ななければそれで大丈夫。
そこで、「何とかしよう」と思えるかどうか。折れずに、「その場」でがんばれるか。それが一番大切だと思う。

人生には無限の選択肢がある


たとえば、大学で経済と経営学部に受かってたとする。それで、どっちを選ぶか。
ベンチャー企業だけど希望職種、大手だけど嫌な部署。どっちも内定もらった。どうする。

どの選択肢をとっても、それで人生が変わります。


思い描いていた未来と違うかもしれない。それでも、人生の可能性は無限です。
5年前の私には、「今ドイツで半ニート生活を送りながらブログを書いてる」なんて想像できませんでした。

それでもいいんです。

死ぬこと以外はかすり傷。今が充実してれば、結果オーライ。 


「今の自分には価値がない」「こんなところ、私がいる場所じゃない」そう思ったことはありませんか? 私はありますよ、何回も。

でも、その場その場で必死にやっていけば、充実してくるものです。不思議と。
計画と違うかもしれない、理想と違うかもしれない。それでも、「今がよければ結果オーライ」。 

人生一度きり。
後悔するよりも今を楽しんだ者勝ち! 

関連記事→苦労をしらない私が、ドイツに移住して鼻っ柱を折られた話  


執筆依頼、留学相談、翻訳などなんでもどうぞ!→雨宮のオンラインショップ



おすすめ記事! ドイツ編



日本人の私が、どうしても受け入れられなかった日本文化5つがこれだ

アイドルは日本だけ!? ヨーロッパにアイドルがいない5つの理由

ドイツ人なら誰でも知ってる日本の漫画TOP5


おすすめ記事! ライフハック編



人生無計画。それでも必死にやってれば結果オーライ

勝ち組と負け組みの差はどこ? 結果○○力が高ければ勝ち

侍にあこがれる現代日本人。もっと文化を大切にしようよ


頑張って書いたよ! 有料記事



日本の大学の価値がゼロな件。ドイツの大学で本気でやれば?

はじめての人はこちら!



はじめまして。