雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

ベッキー不倫なら、慰謝料のないドイツですべきだったね!

スポンサーリンク

ある程度で収まるかなー? と思っていましたが、ベッキーの不倫の話題は盛り上がる一方ですね!w

カオスな時系列はこちらにまとまってます→バズプラスニュース 

いやもう意味わかんないこれw

両親が結婚してたのを知らないのもなぞだし、結婚したのに元カノと会ってたのもなぞだし、離婚届を卒論って言うのもなぞすぎるんですが。

さすがゲスの極みですねぇ。
常人じゃここまでアクロバットにはいかないですよ。

ゲスっていうかカオス。どういう思考回路してんだ……


いやもうスキャンダルっていうか、わたしとしては川谷さんの思考回路が気になりますねぇ。もはや宇宙人レベルです。本当にやばい。

そして同情を禁じえないのは奥さんですね……。

「妻が激しく悲惨な16の理由」が本当に悲惨だったので、一部抜粋。 
 

3. 川谷絵音と結婚していることを口外するなといわれる
川谷絵音のイメージを考え、結婚していることを口外しない約束をさせられた。若い女性のファンが多いことから、結婚がバレるとネガティブな要素になりえるらしい。

4. 結婚式を挙げることを拒否される
結婚していること秘密にしているため、結婚式を挙げることも拒否された。身内だけでも結婚式をしたいと願望を伝えたが気持ちは届かなかった。

5. 川谷絵音の実家への帰省航空券を妻だけキャンセルされる
川谷絵音の実家へ年末に帰省するための航空券をだいぶ前から予約していたが、妻だけキャンセルされた。のちに川谷絵音は、ベッキーを連れて帰省することになる。

10. ベッキーのほうが先に川谷絵音の実家に初帰省
結婚後、初めて川谷絵音の実家に一緒に帰省するはずだった妻だが、妻の航空券はキャンセルされ、代わりにベッキーが実家に行った。

11. 妻にもかかわらず川谷絵音に「友達」だと言われる
週刊文春の記者が川谷絵音に妻の事を聞いたところ「友達です」「結婚してない」と返答。妻の存在を隠された。

13. 結婚後初の誕生日にベッキーに不倫謝罪会見を開かれる

ベッキーが不倫謝罪会見を開いた日は、妻の誕生日だった。川谷絵音がマスコミに不倫謝罪文を送信したのも同日。

苦行すぎるだろこれ……。

kawatani01
バズプラスニュース

しかもこの人だからねぇ……。うん。


さて気になるのはやっぱり慰謝料


ベッキーさんは特に稼いでいますからね。川谷さんは結婚したことを隠したり、ほかの人を実家に紹介したり、余罪が出てきそうです。

 

 

 


 

「話し合いで解決できず裁判になった場合には、一般的には婚姻期間が短いことから慰謝料は100万~300万円、多くても500万円になりますが、協議の場合は当事者が互いに合意できた金額、特に“奥さんが納得する金額”となるので、ある意味『上限』はありません」

「会見で不貞関係を否定し、言い逃れをしているため、関係が明らかに認められるのに否定や不合理な言い訳を繰り返していると判断された場合には、慰謝料の増額要素となります。
また、マスコミ報道自体が奥さんの精神的苦痛を増大させているので、慰謝料が一般の場合より増額される可能性も」

「契約違反をした場合、違約金はギャラの倍が通例。
ベッキーは1本のギャラが約2000万~3000万円なので、今回のようなイメージダウンによる打ち切りは1本につき4000万~6000万円の違約金が発生する可能性がある。10本全てで違約金が発生すると合計4億~6億円にまで膨らみます」日刊ゲンダイ

もう終わりですね。

b309cf2e0a0cd1efcf18e98e773e113620160114134021793
日刊ゲンダイ

スキャンダル0、元気がとりえのベッキーです☆みたいな売り方が裏目に出たようです。
事務所の力である程度復帰は可能かもしれませんが、これは失墜もいいところ。

 

不倫するなら欧米が吉? 


ドイツでは、不貞行為に対する慰謝料を定める法律がありません。

日本では、例えば一方の配偶者による不倫が原因で離婚に至ったことが明らかな場合、相手に対して「慰謝料の支払い義務」が発生しますが、ドイツの法律にはこの規定はありません。

そもそも離婚の原因が夫婦どちらかに帰する、原因を作った方が責任を負わなければならないという考え方が存在しないのです。ニュースダイジェスト


ドイツにかかわらず欧米では基本的に、「不倫の慰謝料」という概念がありません。
  

アメリカの多くの州では、浮気相手に対する慰謝料請求が原則的に認められません。
イギリスでも、浮気相手に対する慰謝料請求は1970年に廃止。
ドイツでも、慰謝料請求は旧西ドイツの時代から一貫して認められておらず、「失われた愛の慰謝料は存在せず」という格言まであるようです。
フランスでは慰謝料請求は認められていますが、金額が抑えられる傾向にあり、古い裁判例ではありますが、1フランという判決もあったようです。しらべぇ

ドイツの格言かっこいいw

要は、「浮気は夫婦関係が破綻したから起きる」「それはどちらかの責任というわけじゃない」「もう壊れてるんだから浮気してもしゃーない」って感じでしょうか。

 

日本浮気しすぎ問題

 

東京外国語大学の助教授が、2004年に東京と大阪の男女1000人を調査した結果、28.3%の夫婦間で浮気が発生していることがわかりました。R25

10組に3組が浮気か……。一生添い遂げる覚悟はどこに……。

こういう人たちはなんでしょう、「たまには甘いものが食べたい」っていうノリ ? それとも奥さんと別れるのは面倒だけど、もう好きじゃないの?

うーん、わからぬ。 

不倫はもしかしたら本当に日本の文化かもしれないですねぇ。ドイツだと慰謝料はなくても社会的に軽蔑されますし。友達全員いなくなるでしょうね。 

婚前交渉NGだったのが、50年くらい前でしょうか。
日本の結婚事情は急速に変わっていったようですね。 

関連記事→婚活ブームだけど、日本で結婚ってデメリット多いよね? 


おすすめ記事! ドイツ編



日本人の私が、どうしても受け入れられなかった日本文化5つがこれだ

アイドルは日本だけ!? ヨーロッパにアイドルがいない5つの理由

ドイツ人なら誰でも知ってる日本の漫画TOP5


おすすめ記事! ライフハック編



人生無計画。それでも必死にやってれば結果オーライ

勝ち組と負け組みの差はどこ? 結果○○力が高ければ勝ち

侍にあこがれる現代日本人。もっと文化を大切にしようよ


はじめての人はこちら!



はじめまして。