雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

出る杭は打たれやすいけど、飛び出してなきゃ見つけてもらえない

スポンサーリンク

出る杭は打たれる。ぬきんでてる人はまわりから憎まれるってことですね。でもそれは、ただのひがみです。

 

ひがみたいなら一生「いいなー」ってハンカチ噛んで過ごせばいい。でもチャンスを掴みたいなら、出る杭にならないとダメです。そうじゃなきゃ見つけてもらえないですから。

 

出る杭は打たれる←なんで?

f:id:amamiya9901:20161104193041j:plain

日本は「みんな一緒」という横並びが好きな国なので、出る杭というのは打たれやすいです。良くも悪くも、目立たない方が平穏な人生を送りやすい。18歳で起業すると言った石田君がいい例です。

 

わたしはとなりの杭の長さなんて見てません。比べたって仕方ないもの。スポーツみたいに1位=1人ってわけじゃないですから。

でも多くの人は、他人が自分と比べてどうなのかが気になるようで。だから必至でもがいて飛び出した杭を打ちつけたくなるんでしょう。

 

出る杭=はみ出し者

最近思ったのが、「出る杭=はみ出し者」だってこと。まぁ当然だよね、飛び出してるんだから。でもそれは「優秀」ってだけじゃなくて、「異質」でもある。

まわりよりも優秀で飛び出している人は、そのぶん異質なわけです。だからねたみ+異質なものを排除しようって圧力が生まれる。結果、「出る杭は打て」になります。

 

逆に考えれば、まわりの型にはまらないはみ出し者は、それだけで目立つってことです。良くも悪くも。

 

日本社会は調和を乱すはみ出し者を嫌いますから、「みんなとちがう」ことが叩かれる理由になります。飛び出している杭は引きずり下ろそうとするし、色がちがったら塗り替えようとする。杭の方向がちょっとまわりと違うと矯正しようとする。怖ろしや。

 

成り上がりが大好き

限界まで消耗してやっと「がんばった」って認められる風潮があるので、泥臭い苦労をして、それをアピールして、やっと成功を掴む成り上がりものが好きな人が多いですよね。豊臣秀吉とかがいい例です。

 

結局は、「苦労してないヤツは認めん」って考えがあるんでしょう。最初っから飛び出してた杭なんて、お呼びじゃないんです。ホリエモンとか、「ゆーて東大出身のエリートだろ」みたいに言われてますし。

 

東大に入るのだって努力が必要だったはずなのに、苦労アピールや成り上がりストーリーがないと受け入れられない。「最初はひん曲がった短い杭だったのに、それでも成功を収めた!」ってエピソードは好感度が高いんです。

 

いくら努力してたとしても、まわりが「苦労している」認定をしてくれないと反感を買う。そんな考え方じゃ、出る杭が打たれるのも納得です。

 

目指すのが平均よりやや上になる

そんな風潮があるから、目指すのは必然的に平均よりやや上になります。みんなに目をつけられないレベルのトップ。なんだかミニマムな世界ですね。

好感度の高い成功をしたいのであれば、恵まれない環境からの大逆転劇を見せ付けなきゃいけません。面倒です。

 

「無能じゃないけど超有能でもない、平均よりやや使える人間」が一番無難なんですよね。で、そのレベルを目指している人からすれば、高みを目指してどんどん階段を駆け上っていく人は目障りになります。

だから引きずり落としたいというひがみ根性が炸裂するんでしょう。

 

出る杭を打つって考えは、「みんなと同じ平均であれ」ってことです。「みんなと一緒」を心地いいと思っている多数の日本人からすれば、実に都合がいい言葉ですね。

 

スポンサーリンク

 



「出る杭」にならないと見つけてもらえない

でもまわりを見てみれば、成功してる人はみんな「はみ出し者」で、「上を目指して努力した人」なんですよね。そういう人はもともと、平均を目指してはなかった。もっと上を目指していた。だからチャンスを掴めた。

 

出る杭を打とうとする人は、その人たちは努力や苦労をしていないと思ってるんでしょう。だから腹が立つ。でも人並み以上の結果を出したいなら、人並み以上の努力や苦労をしてる人がほとんどでしょう。それなのに、「不公平」とか言い出す。まったく理解できません。

 

だれにだって平均を飛び出して挑戦する権利はあるのに、それを自ら捨てておいて人をねたむ。すごく残念な心構えです。

 

チャンスを掴みたいなら、平均より頭一個飛びぬけてなきゃダメなんですよ。そうじゃないとだれにも見つからない。

でもそれは才能とかじゃなくて、本気で取り組めばだれだって「平均以上」にはなれるはずなんです。だって多くの人は平均に甘んじてるんだもん。

 

むしろ「集団」から抜け出すだけではみ出し者としてのポジションを確立できるんですから、そういう意味で日本はチャンスが多いとも言えるかもしれませんね。

あとは出る杭を打ちつける「大多数の抵抗勢力」を無視して引き離すだけ。それだけでチャンスはどんどん転がり込んでくる。

 

……とまぁ「全然成功しないお前が言うなよ」って感じですが、わたしはそう思ってます。だから色々言われても、はみ出し者として堂々と自分の道を進んでいきます。

週末にはうれしいご報告ができる!かもしれないのでお楽しみに!

 

▼おススメ関連記事

www.amamiyashion.com

www.amamiyashion.com