読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツ発 雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

Airbnbは危険!ブームに乗って痛い目に遭うな!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近、Airbnbが世間、いや世界をにぎわせています。Airbnbっていうのは、民間人が空いている部屋を宿泊所として提供し、報酬を得るビジネスの最大手です。

 

民泊がブームになった理由は、「ホテルじゃ味わえない現地の生活を楽しめる」「人との縁ができる」ところが大きいようです。

 

ですがわたしとしては、まったくもってメリットがわからないし、むしろデメリットばっかり頭に浮かびます。軽い気持ちでブームに乗って痛い目に遭う前に、運営、利用はよく考えた方がいいです。

 

Airbnbのブームに潜む危険性

f:id:amamiya9901:20160718170507j:plain

Airbnbというシステム自体が悪いとは思いません。部屋を放置するくらいなら、有効活用した方がいいでしょう。ですが、ホスト側にもゲスト側にも、危険が多すぎます。

 

ゲストは、知らない人と出会うために命を賭けられるくらいの情熱がないのなら利用しない方が無難ですし、法的に微妙ですから、ホスト側も大々的に宣伝はしない方がいいでしょう。

 

Airbnbビジネス自体が基本違法

わたしが一番納得いかないのが、ビジネスが法的にグレーであることです。Airbnbの違法性は、かんたんに言えば、旅館業法に抵触するかもしれないということです。

 

お金をとって宿泊スペースを提供するには、旅館業法に則って運営しなくてはいけません。ですが、自分の家の空き部屋などを提供するAirbnbでは、まずこの法律をクリアできません。

 

法律の専門家ではありませんが、摘発されてなくて、明らかに法律を犯しているわけじゃないけど、限りなくグレーなビジネスを持ち上げている風潮は、理解不能です。

 

いくら腕が良くても、医師免許のない人が美容整形手術しちゃダメでしょ? 「人々をつなぐ、異文化交流★」などの夢や理想を持っていても、法律的にアウトに近いことに変わりありません。

 

自治体によって規制の度合いもちがうようなので、一概に違法とはいえないのでしょうが、釈然としません。

 

スポンサーリンク

 

 

ホストとしてのAirbnbの危険性

ホストとしてAirbnbを使う人は、それこそ「家や人生を壊されてもかまわない」という覚悟でやるべきだと思ってます。性善説に基づいて素敵な思い出が作れるんならそれはいいことだけど、そんな保障どこにもありませんからね。

 

民泊は匿名性が高いので、脱税が可能だ(フランスで民泊の儲けを確定申告しているのは15%)。
警備もいらないし、衛生基準もないため、経費はさしてかか らない。それどころか、犯罪に使われてもわからない。
盗難、売春も起こるし、近隣の住人が騒音やゴミ出しで迷惑を被っている場合もある。去年のISテロの 時、犯人の潜伏先は民泊だったという。

出典:現代ビジネス [講談社]

 

「ですよね」っていうトラブルです。ほかにも、こんなトラブルが。

 

・売春宿として使われた

・売春婦を交えた乱交パーティーを開催された

・ホストの私物を盗まれ、家具を破壊された

・ゲストが退去日なのに退去しない

・ゲストが部屋に売春婦を呼び、男が売春婦を刺す

出典:実際起きたトラブル/事件! Airbnbの安全性は?

 

いやいや……。すごいな! 殺傷事件起こっとるやんか!!

 

これはさすがに例外としても、トラブルの可能性は十分にあり得るわけです。ホテルみたいに保険に入ってたり警備員がいるわけじゃないので、トラブルになるとかなり厄介だと思います。「自己責任」って言われたらおしまいですし、場合によってはあなたが家を追い出されます。

 

多大なリスクを背負って、ほとんど違法なビジネスに手を染めてまで、Airbnbを使いたいですか?

 

ゲストとしてのAirbnbの危険性

あなたは、電車で偶然となりに座った人の家に行きたいですか? わたしは絶対イヤです。でもAirbnbって、つまりはそういうことじゃないですか。

 

googleで『Airbnb』と検索すると、こんな結果になりました。

f:id:amamiya9901:20160718173850p:plain

 

それだけ多くの人が「問題が起こる可能性が高い」ことを認識しているのに、なぜ利用するんでしょう。

 

ホストが性犯罪の前科者って可能性もあるんですよ。わざわざカモがネギ背負ってライオンの住処に行く必要あります? 安いから? 貴重な体験ができるから?

それって、自分の命や尊厳を賭けてまで得たいものですか?

 

評価や口コミがまったく当てにならないとは思わないし、ホテルだから絶対安全ってことはないでしょう。でも危険性で言ったら、Airbnbはかなり高いですよ。ルールもなければ責任もないんですから、あくまで個人の良心にかかってきます。

 

わたしなら、「見ず知らずの人のあるかわからない良心」に、旅の思い出や命なんかを左右されたくないですね。

 

Airbnbの危険を理解して使用しているのか

f:id:amamiya9901:20170111030615j:plain

気軽に「Airbnb利用すべき!」「Airbnbで稼ごう!」と言う人たちがいますが、そんな言葉に踊らされちゃだめです。

 

宿泊業を営むこと自体を批判するつもりはありません。でもそれなら、どんなに大変でも、ちゃんと認可されるように努力すべきです。

「違法だけど夢を追ってやっています!」っていうのは、「労働法守ってないけど社員は楽しんで働いてます!」って言う経営者と同じにおいがします。

 

Airbnbの危険に目を瞑るな

ゲストだろうがホストだろうが、「気をつければ危険じゃない」っていうのは、「気をつけられるリスク」に関してだけです。

 

女ひとりで泊りに行って、鍵閉められてクローゼットからワラワラ男が出てきたらどうします? ゲストがこっそり売春婦呼んで部屋を使われる可能性は? それを見た住民からクレームが入って、ホストのあなたが家を追い出されたら?

 

Airbnbなんてもう無法地帯ですよ。「住民はきっと親切だから」って、法律がない国に行きたいですか?

 

Airbnbをやりたいならやればいいし、利用したいならすればいいと思います。ブログなんかで顔出ししてある程度知名度がある人がホストだと、それなりに安心できるでしょうし。

 

利用は個人の判断だけど、あまりに美化しすぎな気がします。日本はたしかに治安がいいけど、だからって危険がないわけじゃないんですよ。勝手に危険が向こうから歩いてくることだってあります。

 

たしかに、人との出会いをつなぐサービスかもしれません。おもしろい経験ができるかもしれません。でも、そのために命かけれます? 人生が詰む可能性があるのをわかっていますか?

 

そういうのがわかってないのに、民泊に過剰な期待をしてブームに乗っかるのは危険です。

 

Airbnb規制? 解禁?

一部の自治体はオリンピックに向けて、民泊を認め始めているようです。

 

東京オリンピックへ向けて「観光立国推進基本計画」では、2020年の訪日外国人は2500万人を目標としている。
しかし、それには圧倒的に宿泊施設が足りない。
そこで宿泊施設の不足を補うためにでてきた動きが条例による民泊の開放である。

国家戦略特別区域法では民泊を7日から10日以上の最低宿泊日数を定めれば条例で合法的な民泊が可能になる。

出典:旅館業の許可不要でAirbnb。政府が定めた民泊特区。

 

「合法的な民泊が可能」って言ってる時点で、その地域と日数以外なら違法って言ってるようなものですね。

 

あなたがマンションに住んでいるなら、となりの部屋にとっかえひっかえちがう外国人が出入りしたらどう思いますか? 不法入国者なら、さぞかし過ごしやすい宿泊所でしょう。

 

いろいろな工夫でそういうリスクを回避するんでしょうが、ホスト側は相手がテロリストの可能性を考慮すべきだし、ゲスト側は家主が性犯罪で前科がある可能性を理解しないといけない。それくらいの覚悟がなきゃ民泊なんて成り立たちません。

 

実際、多くの人は「Airbnb最高ー!」と謳っているし、わたしも友人の友人とかならぜひ泊まりたいと思います。いい思い出になることも多いでしょう。

 

でも、いくらキレイな夢を語っていても、納税をおろそかにして賃貸契約違反して条例に違反していたら、犯罪です。違反とまではいかずとも、多くのホストは近所の人に通報されたらヤバイのは事実です。

 

夢を語るなら、通報されないビジネスにした方がいいです。

 

ゲストとして泊まるなら、避けられるリスクは回避しつつトラブルが起こる前提くらいの覚悟を持ったほうがいいと思います。

 

みんなが楽しそうなAirbnbの写真上げてるからって自分も安全安心最高な民泊経験ができるわけじゃないのは、理解した方がいいと思います。

 

おすすめ関連記事

入れ墨入ってる外国人は銭湯NG?それ、古いよ

セクハラの実例にドン引き。相変わらず女は下に見られてる