雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

「違和感」を持ち続けた雨宮のプロフィール

スポンサーリンク

 

フリーライター、雨宮の簡単な経歴

f:id:amamiya9901:20170619161732j:plain

1991年11月生まれ、横須賀出身。小さいときから日本の社交辞令や同調圧力などが苦手で、海外に興味を持つように。ドイツ留学ですっかりドイツを気に入り、大学卒業後ドイツへ移住。

 

意気揚々と移住するも、ドイツで挫折しまくり、引きこもりニートへ。そんな自分に嫌気がさし、「これじゃいかん」と一念発起。

2015年12月にブログを立ち上げ、2016年の4月から少しずつライティングのお仕事をいただくようになり、2016年10月に正式にフリーライターの道へ。

 

ブログ運営、月額マガジン『無重力人生』更新などをしながら、ライターとして生計を立てています。

→お仕事のご依頼や実績はこちらから。

 

雨宮が伝えたいこと・やりたいこと

自慢じゃないですが、わたしはなんの特技も持っていません。「わたしにはこれができる」とか「わたしはこんなすごい人だ」と胸を張って言えることが、なんにもないんです。

 

世の中にはすごい人がたくさんいて、多くの人が「がんばらなきゃ」「成功しなきゃ」というプレッシャーを背負っています。

でも残念ながらわたしは、自分を追い込んでがんばれるタイプではないし、月100万円手に入れるためにガムシャラに働ける人間ではありません。

 

だからわたしは、凡人だって、才能がなくたって、あんまりがんばれなくたって、それでも身の丈に合った幸せになる権利くらいはあるよ、と伝えたいのです。

 

気負わずに、自分らしく、自分のペースで。自分なりの幸せを探している人の背中を、そっと押せる記事を書きたい。そう思って、ライターという仕事を選びました。

 

現在はライターとして記事を書くだけでなく、小説執筆や写真撮影もはじめています。ドイツ語フレーズを紹介する『雨宮のAlltagsdeutsch』も配信してますよ!

 

世界にずっとなじめなかった雨宮の半生

f:id:amamiya9901:20170619193545j:plain

わたしの人生を振り返ってみると、ずっと「身の回りの世界に馴染めていなかった」ことに気付きました。

だからずっと、自分の人生や環境に生きづらさを感じていたんです。

 

女の子に馴染めなかった小学生時代

小学生のときはとにかくお転婆で、男の子とばかり遊んでいました。おままごとも好きだったけど、砂遊びの方が好きな子どもでした。

 

小学2~4年生のときに通っていた小学校が、男子20:女子10のクラスだったんです。女子内の派閥争いがえげつなくて、10歳にしてすでに、徒党を組む女の子に関わると火傷することを学びました。

 

おかげで男子とばかり遊ぶようになって、なおさら女子グループと溝ができてしまうという悪循環……。

 

若干10歳にして、女子とつるむとロクなことにならないと思うようになりました。

 

 学校に馴染めなかった中学生時代

男の子とばかり遊んでいたわたしも中学生になりました。が、相変わらず友達は男子ばかり。そんななか、中1の夏、転校することになりました。(転校が多い家庭だった)

 

転校後もすぐに男子と仲良くなったんですが、それが女子のお気に召さなかったらしく、ぶりっこ認定されてしまいました。

中1の夏休みというタイミングで引っ越したので、クラスはすでに新しいグループが出来ていてなかなか女友達ができませんでした。転校のスタートとしては、最悪です。

 

さらに、流れで入ってしまった吹奏楽部ではクラリネットになったんですが、1年生3人と2・3年生とのグループが分かれており、わたしは完全に孤立。

こんなおしゃべりな人間なのに、部活中一度も口を開かないなんてこともザラでした。

 

それでも仲良くしてくれる子がいたんですが、その子が陰で「あの子が嫌いだけど仕方なく仲良くしてる」と言っていたことを知ったり、付き合った人と相互依存状態になってメンタル崩壊したり、暗黒の青春時代を送りました。

 

みんな一緒が前提の中学校生活は、本当に息苦しかったです。

 

団体行動に馴染めなかった高校生時代

高校では、犬夜叉の桔梗にあこがれて弓道部に入りました。が、いかんせん団体行動が苦手なわたし。毎日同じメンバーでいること自体が苦痛で、閉鎖的な部活動という空間がしんどくなってきます

 

部活以外では弓道部ではない人たちと仲良くして、自主練という名の強制練習に出なくてもいいように、部活と並行してバイトを始めました。

結果、部活では孤立していき、少しずつ居場所を失ってしまいました

 

部内に親友がいて同じクラスだったんですが、部内のいざこざがクラス内の人間関係にも飛び火。ドロドロした人間関係が面倒にもなり、親友だと思ってた子にも失望し、退部しました。

 

部活でもクラスでも浮いたわたしですが、ちょうどそのとき仲良くなった他クラスの子が、休み時間のたびに遊びに来てくれていました。

その子は違うクラスなのに、一人ぼっちのわたしを心配して、修学旅行でも自分のグループを離れて会いに来てくれました。いまでも大事な親友です。

 

ほかにも仲がいい子に巡り合えたので中学時代ほど暗黒ではなかったにせよ、「自分は団体のなかでは生きていけない」と悟るには十分な威力があった高校時代でした。

 

社会に馴染めなかった大学生時代

大学に入学し、ふたたびバイトをはじめました。で、バイトをしていくうちに、自分が日本の社会生活に適合できないことに気づきます。

 

「タイムカードを押した後なのに残業を命じられたから拒否した」

「労働時間外のミーティングの招集に応じず行かなかった」

「店長に理不尽な暴言を吐かれたから本部に報告した上で事務所に言われたことをすべてリストアップしてさらしたら問題になった」

「気分屋の上司が不機嫌だからってあいさつを無視してきたので、わたしも次の日から上司を無視したらミーティングで怒られた」

 

などなど、枚挙にいとまがありません……。

「日本で暮らすなら我慢すべき暗黙の了解」も、わたしは納得できませんでした。

 

なぜ年上は偉いのか。なぜ話し合うより黙る方を選ぶのか。なぜ勉強する気がないのに大学に来るのか。なぜみんな同じスーツを着るのか。なぜみんな黒髪であるべきなのか。なぜ夢がないのに仕事を探すのか。

 

みんなが当たり前だと思って受け入れていることが、わたしには理解できませんでした。

だから、「日本では生きていけない。海外へ行こう」と、海外へ行くことを現実的に考えるようになりました。

 

ドイツで見つけた自分にもできること

f:id:amamiya9901:20170619193817p:plain

ドイツに1年間留学をして、「自分が悪いわけでも、日本が悪いわけでもなく、ただ自分と日本の相性が悪かったんだ」ということに気づきます。

 

ドイツだったら労働者の権利を守ってくれるし、言いたいことを言っても怒られないし、空気を読んで黙る必要はない。ドイツは可能性に満ち溢れているんだ!と、ドイツが大好きになりました。

 

ドイツへ移住してぶち当たった壁

留学から帰り、日本の大学を卒業して、ワーホリビザでドイツに戻ってきました。留学生のなかではドイツ語には結構自信があったし、大学も出ているんだから仕事が見つかるだろう、と考えての渡独です。

 

結果からいうと、希望していた仕事は見つかりませんでした。

 

留学生としていくらドイツ語が出来ても、ビジネスレベルには達していなかったんです。ドイツのビジネスマナーも知らず、専門知識もない。いま思えば、自分が甘かったとわかるのですが……。

 

さらに、留学先のように友達を作りやすい環境になかったので、異国の地でひとり、どんどんふさぎこんでいってしまいました。

 

ドイツの大学へ入学し、引きこもりの道へ

ワーホリビザは1年間だしこのままじゃいかん!ってことで、ドイツの大学に入学しました。入学資格は持っていたので、申し込むだけで入学できました。

 

大学ではがんばって友達を作ろうとしたし、勉強もめちゃくちゃがんばりました。それでも自分が外国人であるっていうのが、どうしてもコンプレックスだったんです。

 

経済や経営、言語学なんかの学部だと外国人は少なくないんですが、わたしが入学した学部には、外国人がまったくいませんでした。

日本では知り合いが多くて授業でも積極的だった自分が、なかなか友達ができず授業でも発言できない。

 

ドイツ人ですら、規定の3年で大学を卒業するのが半分以下のドイツ。こんな調子じゃ、3年はおろか、卒業までに5年くらいかかるだろうなぁ。とぼんやり考え始めました。

 

もともと大学へ行く明確な理由がなかったので大学へ通う意味が見出せなくなり、秋からは大学へ行かず引きこもりニートになりました。

 

一歩踏み出さなければ変わらないと気付いた日

f:id:amamiya9901:20170620185922j:plain

引きこもっていろいろ考えたら、自分は大学を卒業してドイツに来て、まだなにも成し遂げていないことに気付いたんです。就活から逃げて、大学から逃げて、自分の殻に閉じこもる。それじゃ、なんのためにドイツに来たのかわかりません。

 

わたしにはたしかに、できないことがたくさんあります。でも、できることだってきっとあるはず。一念発起して、自分ができることについて考えてみました。

 

そこで、文章を書くことが好きなことを思い出しました。

 

国語の授業では作文を書くのが得意だったし、記者を目指したこともありました。そういえば小さい頃から、両親は「文章を書く才能がある」と言ってくれていました。

 

実際、たいした才能なんてありません。ただ、なにもないと思っていた自分に、「ほんの少しの能力」があるかもしれないと思ったとき、すごく心が軽くなったんです。文章を書いて生きていこう、そう決めました。

 

とはいっても、どうやったらお金が稼げるかわからなかったので、とりあえずブログを作ってみることに。これがこのブログの始まりです。

 

小さな挑戦を続けて大きな夢を叶える

わたしは本当に、なんの取り柄もない、できないことばかりのダメな人間です。でも、それでもコツコツとブログを続けて、思ってることを書いて、毎日少しずつ「なにか」をしていきました。

 

結果的に、大成功とは言わないまでも、ライターとして生活できるくらいにはお金を稼げるようになりました。ギリギリだけどな!

 

わたしでもできたんだから、小さな挑戦さえ続けていけば、きっとだれでも、大きな夢を叶えられると思うんです。

凡人だからこその、平凡な成功。わたしはそれが幸せだし、ないものを数えて落ち込んでいる人に、「あなただってできる!」と伝えたいです。

 

雨宮の好きなモノ・コト

・ベースを弾いたりピアノを弾いたり

・詳しくないけど、ビッグバンドが好き

・最近は一眼レフと塗り絵にはまってる

・アニメ、マンガが大好き!

 最近は『アルスラーン戦記』『ばらかもん』に夢中

・小説も好き!

 ミステリーや恋愛系から、最近はファンタジーにも手を出し始めてる

・後姿だけでもだれかわかるようなファッションが好き

・死ぬほどチョコが好き(ドイツで15キロ太った)

・メモ魔。すべて文字で記録しておかないと気が済まない

・中1から身長が伸びなかったけど、153センチを結構気に入ってる

 

雨宮の実績とお仕事依頼はこちら

▼実績やお仕事依頼は、こちらを参考にしてください

www.amamiyashion.com

▼はじめてブログに来てくださった方はチェック!

www.amamiyashion.com

▼インスタもやってるよ

www.instagram.com

▼Twitterはこちら。フォローミー!

twitter.com