読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツ発 雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

6ヶ月にわたる戦い!ドイツでフリーランスビザ取得のすべて

ドイツ生活 ドイツ生活-留学
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

半年にわたる外国人局との長い戦いも終わり、昨日正式にフリーランスビザを取得することができました。とりあえず1年間のドイツ滞在許可をもらいました。よかったぁーー!!

 

ドイツのフリーランスビザに関しては情報が少ないので、わたしがフリーランスビザを取得するまでの道のりを書いていきます。

 

ドイツでフリーランスビザを取得する!

f:id:amamiya9901:20161221010405j:plain

フリーランスビザはその名のとおりフリーランスの外国人が取得するビザです。フリーランスというと、ライターや民間学校の教師、エンジニア、建築士、場合によっては医者や弁護士なども入ります。

ちなみにアーティストビザはまたちがいますので、ご注意を。

 

ビザ申請に必要なもの

6月末、外国人局へ必要なものを持っていきました。同じくドイツでフリーランサーをやっているWASABIさんの『ドイツ・フリーランスビザ申請に必要な書類一覧!』にはこう書いてありました。

 

  • 有効期限のあるパスポート
  • 証明写真(35mm x 45mm)
  • 申請書(Antrag auf Erteilung eines Aufenthaltstitels または英語でApplication for Issuance of a Residence Permit)
  • 資金計画書(Financing plan)
  • 収入見込み書(Revenue forecast)
  • 履歴書(Curriculum vitae)
  • 専門職の許可書(Professional permit)※法律関係で働く人など必要な人のみ
  • 健康保険(Health insurance)
  • 家の契約書または権利書(Lease or proof of home ownership)
  • 銀行の預金残高証明
  • 大学の卒業証明書

 

が!!実際求められたものはかなりちがいました。州がちがうからかもしれません。

実際要求されたもの(ヘッセン州)↓

 

・パスポート、証明写真

・申請書(ベルリンのものとはちがったので、その場でもらって書きました)

・履歴書

・健康保険の証明書

・家の契約書

・収入の証明

 

この収入の証明に関しては、ブログのアクセス数やアドセンス収益、クラウドワークスの入金履歴、取引先の方から一筆いただき「フリーランスとして仕事依頼をしている」証明書、日本語教師としての雇用契約書などを、全部まとめて提出しました。

 

「ライター」として申請すると、ライター以外、たとえば翻訳でお金を稼ぐことはできません。が、現在翻訳家としての仕事がなければ、申請はできません。つまり、「稼ぎたいジャンルでなんでもいいから実績作っとけ」ってことです。

 

そこで、申請料金として50ユーロ払いました。

 

同棲するにあたり、彼が契約者になっていたので、賃貸契約書にはわたしの名前が載っていませんでした。大家さんに「同棲している証明書」なるものを作ってもらい、1ヵ月後再び提出。いつも予約が1ヶ月も2ヶ月も先なんだよな……。

 

IHKの審査を大人しく待つ

7月末、要求された書類をすべて揃え、「よっしゃ、あとは結果待ち!」と思ったんですが、甘かったです。まず、IHKの審査なるものがあるそうです。ドイツの商工会議所ですね。

 

そこで、わたしがライター、翻訳家、日本語教師として働いていいかの審査がありました。なにを基準に審査してるのかはよくわからないけど。

 

「2週間くらい」と言われましたが、1ヵ月後、やっと連絡がきました。「IHKの審査に通りました。IFBに57ユーロを入金してください」とのこと。なんだそれ!!

 

IFBの審査を大人しく待つ

IFBっていうのは、フリーランスを取り仕切ってる機関だそうで、登録料のようなものらしいです。FBIみたいでかっこいい。

 

よくわからないけど、とりあえず入金しなきゃいけないらしいので、入金。

 

IHKは「ドイツでその業種で働いていいか」の審査でしたが、今回は「フリーランスとして働いていいか」の審査のようです。まぁなにを基準に審査してるかはわからないんだけどね!!ドイツの役所には従うしかないからね!!

 

入金後、再び1ヶ月半待ちました。学生ビザが切れるタイミングだったので、臨時ビザをもらいました。臨時ビザ発行に20ユーロかかってます。

 

スポンサーリンク

 



フリーランスビザ取得…かと思いきや

1ヵ月半後の11月半ば。「ビザの許可が下りたので、12月○日の○時にきてください」とのこと。ドイツの役所は予約がないとまともな相談ができない上、予約は相手が指定してきます。一度「用事がある」と言ったら、3ヵ月後の予約になりました。となり街の役所は、次の週でもいつも予約できるのに……。

 

12月はじめ、意気揚々とビザを取りに行ったら、Steuernummerが必要と言われました。(先に言ってくれたら持ってきたわ!!)と心の中で悪態をつきつつ、「持ってきてないなら交付できません。20日に予約入れときますから、そのときに持ってきてください」とのこと。

 

ちなみにこのSteuernummerは、Finanzamt(税務署)で個人事業主として登録したらもらえます。

 

わたしの場合、Finanzamtの窓口の人に「担当じゃないからGewerbestelleにまず行け」と言われ、Gewerbestelleの人に「Finanzamtの担当者に個別相談しろ」と言われ、Finanzamtの担当者の人の予約を入れたいというと、「担当者などいない」と言われてブチ切れそうでした。

 

ラチが開かないので電話して「担当者につないでください」と言ったら、「だれが担当か判断するから、書類を送ってください」と郵送させられました。いやいや、なんでわざわざ郵送やねん。

 

結果、その1ヵ月後くらいに「ここサイン忘れてるから受理できませんでした」ってきて、サインしなおして再申請、やっともらえました。なにが起こったのかいまだによくわかりません。

 

ビザ申請と平行して行うこと

健康保険は、フリーランス用のものに加入している必要があります。プライベート保険でもいいんですが、国民保険→民間保険の切り替えはかんたんなのに対し、逆はむずかしいです。なので、長期滞在を視野に入れて、わたしはAOKにしました。

 

また、Steuernummerが必要なので、Finanzamtに行く必要があります。登録はややこしくてよくわかんなかったので、窓口でひとつひとつ確認しながら埋めていきました。

 

フリーランスは社会保障費が高いので、KSKという機関が手助けしてくれます。会社員の社会保障を会社が一部負担してくれるように、フリーランスの社会保険費をKSKが一部払ってくれます。

 

この申請もよくわからなかったので、年金担当の人に泣きついて、一緒にやってもらいました。1ヶ月経ってもまだ返事がきていないので、早く手続きするに越したことはないです。

 

ドイツで正式なフリーランサーとなりました!

本当はKSKの登録が終わっておらず年金に関してうやむやになっていますが、とりあえず、ドイツでフリーランスビザを取得することができました!

 

なんかもう意味がわからなくて「帰国かもしれん!」と焦りましたが、どうにかなりました。大事なのは「担当者のさじ加減で決まるから、とにかく担当者に直接確認する」ことですね。

 

みなさんもうまく取得できるよう、祈ってます!

 

おすすめ関連記事

ドイツ語勉強におススメの最高の参考書!独検・testDaF対策もこれでOK

ドイツ就職活動のいろは!フリーランス・就労ビザ情報も