読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツ発 雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

わたしはもう、がんばらない

ライフハック
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

昔は、自分はできる子だと思っていました。勉強も苦手じゃなかったし、運動部を差し置いてリレーの選手になっていました。

学級委員にも立候補していたし、神奈川県のなかでも進学校し指定されている高校に進学。現役で立教大学に入って、留学して、大学卒業。

 

なんかいい感じの人生でした。わたしはどんどん上にいけると思ってたし、ちゃちゃっと自立して親孝行できるつもりでいました。

 

でも、ドイツにきて、たくさん辛いことがあって、考え方も大きく変わりました。日本にいるときは、「やりたいことしかやらない」「自分に厳しく」「本気で取り組む」を自分のスローガンにしていました。

 

いまは、「やりたいことしかやらない」「自分を好きになる」「がんばらない」に変わりました。

 

もう、がんばらないことにした

わたしは、休むことが苦手です。受験期は、まわりが休めというのを無視して、勉強し続けました。いまも、駆け出しなのに休んでちゃダメだ! と思って、ひたすら書き続けています。

 

まわりからは、「ストイックだよねー」とか、「意外とマジメなんだねw」とか言われますが、そんなレベルじゃありません。

ただ、怖いのです。まわりから置いていかれる。ひとり取り残される。そう思うと、怖いのです。だから、休めないんです。ストイックなんかじゃありません。ただの小心者です。

 

がんばりすぎたら、疲れた

ざっくり言うと、そういう考え方で努力し続けると、ひたすら疲れます。ドイツの大学に入って、ドイツ人に勝てるわけないのに、「ドイツ語を勉強しないと……」と狂ったように勉強していました。結局心折れたけど。

 

がんばる、っていうのは、もっとポジティブで、希望に溢れたものですよね。「好転させるぞ! 改善させるぞ!」みたいな。

でも、わたしの場合は、「がんばらないと人生終わる! なにがなんでもやらないと!」って心境なんですね。精神衛生上、よくないです。

 

そういうことをずーっとやっていると、疲れるんです。そういう性質だからしょうがないんですが、やっぱり疲れちゃうんですよね。

 

がんばらないといけない、と思ってた

なんでそう考えるようになったかといえば、「もっと上にいかなきゃ!」って思い込んでたんですね。がんばんなきゃダメなんだ! って。心の余裕なんてこれっぽっちもなくて、ひたすらなにかに追い込まれていました。

 

精神的に疲弊してても、「ここで休んだらすべてダメになる」と引き込みもつかずに、ひたすらガムシャラに進むだけ。結局なにを得たかっていうと、正直たいしたものを得てないわけです。そりゃ、ガムシャラだっただけだからね。

 

みんな、「がんばれ」って言うんだもん。みんな、「できるよ」って言うんだよ。そしたら、がんばらないといけないって思うじゃない。できなきゃいけないんだって。

って考えてました。人のせいにするつもりはないけど、どう逃げていいかわからなかったし。

 

でも、そういう努力のかたちって実を結ばないんですよね。だって充実してないわけだし。疲れるだけです。バカらしいです。

 

「それは逃げだ」とか、「そんなんだから上にいけない」とかって言う人がいるけど、そこまでして上にいかなくてもいいじゃん。がんばらなくても、幸せならそれでいいと思うんだよ。

 

スポンサーリンク

 



がんばらないわたしは、幸せだ

というわけで、がんばること をやめてみました。具体的には、「ヤル気が起きなかったらばっちり休む」「パソコンから離れる時間を作る」「趣味に時間を使う」ことを意識しました。

 

いままでは、「やらなきゃ!」って思って休めなかったので、休むことにしました。パソコンに向かってると休みきれないので、離れてのんびりする時間を作りました。で、空いた時間を、趣味だったピアノやベースに使うことにしました。楽しい。

 

がんばらなかったら気持ちが楽になった

「がんばらなきゃ」っていうプレッシャーは、とても重いものです。がんばることは、尊いことです。ですが、犠牲にしてまで努力する必要はないはずです。

 

多くの人が、犠牲をはらってまで努力する。自分の時間や楽しみを捨ててまで残業をがんばったり、自分の意見を押し殺して他人にあわせがんばったり。それって、意味があるのかな。

 

「がんばる」っていう象徴的なプレッシャーをムシしていれば、とても心が軽くなります。ナゾの重荷から開放されました。

 

がんばらなかったら気持ちに余裕ができた

わたしは割りと切羽詰ってることが多かったんですが、「焦らなくていいや」と思えるようになってから、気持ちに余裕ができました。

前よりも自分や人を認められるようになったし、ちゃんと物事に集中できるようになりました。

 

自分を追い詰めるって、ストイックでなんかカッコイイけど、ただの自己陶酔ですからね。気持ちいいんでしょうけど、自分を追い込んでもいいことなんてないですし。

 

人生において、「○○しなきゃいけない!」なんてことはないはずです。義務教育とか納税は別にして、働かなくちゃいけないわけでもないしね。やりたくなきゃやらなきゃいい。

 

がんばらなくてもいい、という選択肢があることによって、心に余裕ができました。

 

もう、がんばりません

もちろん、やりたいことややるべきことはあります。でも、それはわたしが選び取ったものです。外からのプレッシャーはありません。

 

ライター業でちゃんと自立できるように、できることはちゃんとやり遂げたいと思います。が、「がんばらなきゃ……」という気持ちはなくなりました。まぁ死なないくらいにお金稼げればいいしね? ってくらいなもんです。

 

「ライターでお金稼いでるよ!」って言うと、「がんばってね!」と言われます。が、だからといってがんばらなきゃいけないわけでもありません。自分の人生ですからね。相当のんびりした気構えでいこうと思います。

 

もはや開き直ってます↓

www.amamiyashion.com