読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツ発 雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

感受性が豊かすぎて辛い?敏感な人(HSP)かもしれないよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

わたしは小さいころから、「感受性が豊か」と言われてきました。昨日、ドラマ『JIN-仁-』の完結篇最終回を見たんですが、1話で5回号泣しました。

 

で、調べてみたら、感受性豊か、敏感すぎる人(HSP)なる言葉があるそうです。

 

感受性が豊か過ぎる=敏感な人

f:id:amamiya9901:20161216194935j:plain

「感受性が豊か」って言われても、いまいちどういうことかわかんないですよね。『ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。』という本のセルフチェックでは、以下のような項目があります。

 

・自分をとりまく環境の微妙な変化によく気づくほうだ

・痛みにとても敏感である

・騒音に悩まされやすい

・すぐにびっくりする

・仕事をする時、競争させられたり、観察されていると、緊張し、いつもの実力を発揮できなくなる

 

 23項目あって、わたしは21項目当てはまっていました! すごいね!!

これは敏感な人=HSP(Highly Sensitive Person)というらしいですよ。へぇー。いっぱいいるらしいので、病気というより「心理的傾向」って感じでしょうか。

 

「感受性が豊か」だとどうなる?

「感受性が豊か」っていうのは、「常に敏感な状態」なんです。そうすると、どうなるか。わたしの場合、対人関係でいえばこんな感じです。

 

・共感するからか、相談役になることが多い

・言ってることは本心なのか?本当は怒ってるんじゃないか?とか考えて疲れる

・人と話した後、「あの言い方はこう思わせてしまったんじゃないか」と考えて落ち込む

 

改めて並べてみると繊細通り越して「よく生きてこられたな」ってレベルの豆腐メンタル……。でもこういう人って、結構いると思うんだよね!

 

で、「敏感な人」の日常生活は(わたしの場合)こんな感じ。

 

・感動的な場面→泣く、悲しい場面→泣く、幸せな場面→泣く。凶悪な事件のニュース→泣く。とにかく泣く!!

・小説や音楽に感情移入しすぎて何日も無気力状態になる

・ぶっつけ本番系は絶対に無理

・スマホの着信音にびっくりしすぎて、その後朝まで寝れなくなる(だからいつもサイレント)

・見知らぬ他人とエレベーターに乗るとストレスで叫びだしたくなる

・食事や就寝時間が1時間でもズレるとなんかしっくりこなくて1日やる気が起きない

 

これってもはや「感受性」の問題じゃない気がしてきますが、敏感な人(HSP)の人はこういった傾向があるらしいです。

 

「アタシ感受性豊かだからぁー」って映画で嘘泣きしてる女とか見ると、二度と表に出て来れないくらいボコボコにしてやりたいですね。

わたしなんて、薄桜鬼のアニメ見て、1週間ろくに食事できないほど感情のすべてを持っていかれたからな!!

 

感受性豊かだと生きづらい

当たり前ですが、小さなことにいちいち心がザワザワさせられていたら、生きづらいです。

自己肯定感なんてゼロだし、些細なことで心がザワザワする。幸いわたしは神経質な割りに内気ではないけど、知り合いの数の割りに友達が超少ないタイプです。

 

まぁ良くも悪くも他人の感情が気になっちゃうんだから、疲れるのも、人間関係に苦労するのも、当たり前だよねー。

 

そう考えると、いままで『心の整理が苦手な人へ!ストレス日記のメリットと書き方を伝授する』とか、『人間関係に悩む人へ。「言いたいヤツには言わせとけ」精神』とかって記事を書いてるんだけど、結局のところ、自分が敏感すぎる人間だからこういう記事書いてたのかも。

 

感受性豊かで敏感すぎると、人との付き合いも割り切っていかなきゃしんどいし、心の平穏のための環境を整える必要があるし、自分に厳しくしすぎたらすぐに潰れちゃうからね。だからこういう考えになってたのかも。

 

わたしの記事に共感してくれる人も、感受性が豊かで、敏感な人なのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 



感受性が豊かな人が生き抜くために

対してわたしの彼は、感受性ってアンテナがまったく仕事してません。『JIN-仁-』を見ながら号泣するわたしに対し、「夜ご飯なにー?」って聞いてくる人です。「今日バイト先でこんなことされた!」って愚痴っても、「昨日と似た話だからもう飽きた」と言ってゲームをしだす人です。

 

そういう人と暮らしていると、逆に「なんで自分の神経はこんな高ぶってんだ?」と冷静になってきます。

 

気にすることを気にしない

感受性が豊かだと、とにかく色々と気になります。で、多くの人は「気にしなくて大丈夫だよ」って言います。いや、わかってますから。でも気になるから気にするの!

 

そういう性分はすぐには変わりません。自分を根っこから変えようとすると、自分に嘘をつくわけですから、もっとしんどいと思うんですよね。

だったら「気にすることを気にしない」っていうのが一番妥当な付き合い方なんじゃないかな。

 

仕事関係で初対面の方とお会いする、お話する日はだいたい「めっちゃ嫌味っぽい人だったらどうしよう」「怒られたらつらい」とか思ってなにも食べられなくなるんですが、そういう自分と付き合っていくしかないんです。

 

だったら、「なんでこんなにダメなんだろう……」って考えるより、「やべぇ全然食欲ねぇ!好きなものちょこっと食べて落ち着こう!」って方向の方がうまくいきそうじゃないですか?

 

自分を認めてくれる人に褒めてもらう

アホくさいんですが、敏感な人って、自分のダメなところにも敏感だから、自己肯定感がすっごい低いと思うんですよ。他人の目線が気になるし。

 

だから、褒めてもらおう! ね、そうしよう!!

 

わたしの親や友人、パートナーはみんな、「そういうこと言えるのがいいところだよね!」みたいにサラっと言ってくれるので、うれしいです。バカみたいな言い分ですが、人に褒めてもらうって本当に大事だよ!

 

客観的な情報で自分を理解する

最近は対人関係のトラブルの理由がアスペルガー症候群だったり、片付けられないのが脳の病気だったり……と、いろんな病気の認知度が進んでいます。

 

でもHSPってはじめて聞いた人が多いんじゃないでしょうか。「気にしすぎな性格」で済ませられちゃう。病気ではないにせよ、「こういった心理傾向がある人はたくさんいるよ!」っていう客観的情報を知ると、ずいぶん楽になります。

「自分だけが弱くて、気にしすぎだったわけじゃないんだ!」みたいな。

 

さっそく『「敏感すぎる自分」を好きになれる本』と『ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。』なるものを買ってみました。

自己啓発、スピリチュアル本はキライだけど、さっそく新たな発見しまくってます。

 

感受性豊かなHSPの人はたくさんいる!

いままで、「泣いて許されると思うなよ」だとか、「これくらいのことで騒ぐな」とか言われて、「気にしすぎるわたしが変なんだ」と思ってました。っていうか、ただ小心者で涙もろいんだと思ってた。

 

でも、そういった敏感な人には「HSP」って言葉があって、ちゃーんと研究されているようです。気になる人、同じような経験をしている人なんかはぜひ調べてみてくださいねー!

 

▼おススメ関連記事

www.amamiyashion.com

www.amamiyashion.com