雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

「外国語ができる」と「外国語で飯を食う」はまったくちがうという話

わたしはドイツ語ができるので、「ねーねーこの単語ってどういう意味?」とか、「通訳お願ーい」って言われたりします。 最初はわたしも、ドイツ語ができる=翻訳・通訳もできるもんだと思ってました。が、「外国語で飯を食う」って、そんな甘いものじゃあり…

毎日「最善」を尽くせば、「最良」の結果につながる

人間生きている限り、なにかしら悩み続けるんだろうと思います。どうしたらいいのか、どうすべきなのか、なにが正しいか。「正解」がないからこそ、「もっといい道があるんじゃないか」と思って悩むんです。 特にわたしは将来のことをウダウダ考えるタイプな…

日本の皆さん。「国民総休日・働いてはいけない日」を作りませんか

長時間労働が大問題になっている日本。プレミアムフライデーを有給消化対策として使う企業や、残業隠しのためにタイムカードの改ざんを行うなど、もうやりたい放題です。 それに対する政策はいろいろとあるでしょうが、わたしはあえてこれを提案したい。 「…

「やってみたけど失敗した。だからやめる」は逃げでも無責任でもない

いろいろと試行錯誤している雨宮です。試行錯誤の途中では、「やってみたけどやっぱりやめる」が多発します。 わたしとしては当然の撤退なんだけど、なんか「成し遂げない=逃げ」って思ってる人が多いような気がするんですよねー。

「がんばればできる」という幻想を捨てよ。無能は大人しく我が道を行け

ザ・無能の雨宮です、こんにちわ! わたしはブログで散々偉そうなことを書いていますが、社会的な能力に関していえば下の中くらいです。居酒屋バイトですらそこそこ無能でした。 だからわたしは、あえて声に出して言いたいんです。「がんばればできるという…

なぜ日本人は「人見知り」を自称する?空気を読まないと話せない人たち

日本って、「自分は人見知りなんだ」って自己申告してくる人多すぎませんか? 感覚的には10人中8人くらいが臆面もなく人見知りアピールをしてくるんですけど、本当に日本には人見知りばっかりなんでしょうか? なんでみんなが「人見知り」を自称するのかにつ…

他人と比べて落ち込むあなたへ。『ばらかもん』から学ぶ「どうぞお先に」精神

結構前から『ばらかもん』というマンガにハマっている雨宮です。ほのぼのギャグマンガなんですが、たまにとても深いセリフが飛び出たりします。 後輩に負けてメンタルやられる主人公が、ヨボヨボのおばぁちゃんから前を向く力をもらうシーンがすごく素敵なの…

「Übung macht den Meister」が教えてくれる、努力を笑わない社会の大切さ

日本人はあまり日常生活でことわざを使わない気がするんですが、ドイツ人は結構ひんぱんに「Übung macht den Meister」という言葉を使います。 Übung=訓練、練習、演習 macht=する、つくる(英語のmake的な意味) Meister=マイスター、名人、達人 という…

教科書に載っていない日常ドイツ語を紹介!動画『雨宮のAlltagsdeutsch』配信

今週のお題「カバンの中身」 ドイツ語を勉強している人は少なくないのに、日本で「日常的なドイツ語」を勉強する機会はなかなかありません。 「もっとドイツ語が勉強しやすくなるといいな」と思い立ち、教科書には載っていない日常ドイツ語フレーズを動画で…

帰属意識が強い日本にはない、「いろんな人がいる」という当然の多様性

わたしは生まれも育ちも日本なので、「世界にはいろんな人がいる」とは理解しつつも、心の底では「みんな黒髪で日本語を話すのが当然」だと思っていました。 でもドイツで「いろんな人がいる」という当然の光景を目の当たりにして、むしろこっちの方が自然だ…