雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

ライフハック

「がんばればできる」という幻想を捨てよ。無能は大人しく我が道を行け

ザ・無能の雨宮です、こんにちわ! わたしはブログで散々偉そうなことを書いていますが、社会的な能力に関していえば下の中くらいです。居酒屋バイトですらそこそこ無能でした。 だからわたしは、あえて声に出して言いたいんです。「がんばればできるという…

行動を起こすとき、成功者だけじゃなくて失敗例にも目を向けるべきだ

「成功者のマネをする」というのが成功の常套手段と言われていますが、わたしとしては、「失敗例」もちゃんと視野に入れるべきだと思うんですよね。 失敗例を書いている人はたいてい、「なぜ失敗したのか」「どうすべきか」も書いてるから。

他人の反応が怖くて挑戦できない?だれも君なんか気にしてないよ

日本人はよく「気にしすぎ」な性格だと言われます。かくいうわたしもそういう人間で、自分の意見ははっきり言うけど、「自分がまわりからどう見られてるか」は結構気にする人間でした。 でもドイツに来てから、「まわりを気にすること」がまずなくなりました…

能動的な人生にしたいなら「選択肢の量産」が不可欠

ドイツで出会った「ドイツを楽しんでいる人」に「ドイツのなにが楽しい?」と聞いてみると、「いろんな選択肢があるから」と返ってくることが多いんです。わたしも最初は、「ドイツでは自由に生きれる!」って思いました。 でもドイツでできるほとんどのこと…

「20代のうちにやるべきこと」なんてない。年齢を理由にするのは無意味

もう20代も半ばになるんですが、友達と「20代のうちに○○しておきたいよね」という話題が結構出ます。海外旅行したい、結婚したい、子どもがほしい、貯金がいくらほしい……。 ネットで調べると、「20代はその後の人生に大きな影響を与えるから、こういうことを…

嫌なことから逃げて何が悪い?耐えれば成長するとは限らない

嫌なことから逃げ出してばかりの雨宮です、こんばんわ。 日本社会では一般的に、「嫌なことから逃げることは根性なしがやることで、恥じるべきだ」という考えがあります。武士道、自己犠牲精神が根付いてるからでしょうか。 でも、そんな風潮があるからこそ…

海外はもう特別じゃない。「日本を出る」ことを真剣に考えるべし

「ドイツに住んでる」って言うと、高確率で「すごいですね」って言われる雨宮です。いや、引っ越すだけならパスポート持ってればみんなできるんですけど……って思います。 このご時世、海外は特別なものではありません。日本人だからって日本で暮らさなきゃい…

いつから「自分はまだ若い」と錯覚していた?

「まだまだ若い」「人生これから」だと思い続けて、気づいたら、もう25歳。順調に生きていけば、5年後には30歳になって、その10年後には40歳になります。 そう考えると、人生って驚くほどあっという間だし、「自分はまだ若い」なんてすぐに言ってられなくな…

フリーターは人生負け組?その偏見が、働き方の選択肢を1つ減らす

フリーターって、本当に世間体悪いよね!「フリーターとか終わってる」「人生捨ててる」「結婚はできない」とかって声をよく聞きます。でも、言うほど「負け組」ではないと思うんですよ。 フリーターは、正社員やフリーランスのように、働き方のひとつです。…

欲求に「ちゃんとした理由」は必要ない!直観も立派な行動理由だ

人の人生の決断に対して、「自分が納得する理由をくれ」っていう第3者、多くないですか? 「なんでその仕事を選んだか」「その人と付き合ってるのか」「結婚したくないのか」みたいな、他人には関係のないことに対しても、「なんで?説明して納得させて!」…

モノゴトを最適化するように、人生も一番いいカタチに最適化すべし

ちょっとお久しぶりです、雨宮です。久しぶりに実家に帰ってきたんですが、家って自分に最適化されてるんですよね。必要なものは、手を伸ばせば届く。足りないものはない。いちばん快適な環境になってます。 家だけじゃなく、携帯の料金プランも、旅行の予定…

フリーランスvs.会社員?多様化する働き方と無意味な潰し合い

わたしはフリーランスとしてどうにかこうにか生活していますが、巷では「フリーランスと会社員は対義語であり、対立している」って思ってる人がいるようです。実際、一部のフリーランサーと会社員が、お互いを批判しあっています。 働き方が多様化していく時…

不毛な不幸合戦に終止符を。不幸自慢は助け合いの邪魔

不幸を比べたがる人っているんですよねー。「残業100時間?俺なんてもっとやってるぞ」とか、「子育てが大変って、実家に預けてるじゃない。わたしなんてひとりで働きながら子育てしたのよ」みたいな。 なんでみんな、そんなに堂々と「わたしは不幸です!」…

自分の幸せは自分で決めるから、他人の幸せを邪魔しちゃいけない

わたしは昔から、まわりに相談してもらえることが多いんです。で、昔を振り返って、「こうすべき」って決め付けてたなぁと最近反省しています。 自分が当然だと思っている「幸せ」も、他人にとっては必ずしも幸せなわけじゃないんですよね。逆に、「不幸」っ…

劣等感や後悔から脱却!一歩踏み出すために必要な考え方

後悔や劣等感は、理想と現実に大きな差があるから生まれるものです。「本当だったらいまごろ、こうなっていたのに」とか、「わたしだってあっち側にいたはずなのに」みたいな。 思い描いている理想と現実がちがうから、つらい。すごくよくわかります。わたし…

適当で無責任な他人の意見は無視して、「自分は自分」と生きるべし

よく、「人の話はちゃんと聞け」って言う人がいるんですが、どうも納得いきません。だってみんなが言ってることって、結構適当じゃないですか。「いちいち真に受けてもなぁ」って思っちゃいます。 他人に関して、人間はびっくりするくらい適当です。だからそ…

「無関係」と言う勇気。余計なものを背負いすぎるな

「それ、わたしに関係ありませんから」 ……この言葉、人生で使ったことありますか? たぶん、多くの人は使わないと思います。言うとしても、「ちょっとわたしじゃわかりませんね~。スミマセン」みたいに言うんじゃないでしょうか。 でもドイツでは、結構使う…

脱・不幸癖。自分を幸せにすることに貪欲になれ

あなたは、どういうとき幸せを感じますか?「バリバリ仕事して人に認められたとき」っていう人もいるし、「自分の部屋で好きな本を読んでるとき」っていう人もいるでしょう。 幸せのカタチは人それぞれなんですが、「自分から幸せを遠ざける環境にいる人」っ…

欠点だと思っていたモノが、実は自分の最大の武器だった

人間、完璧な人はいません。だれもが「欠けた部分」を持っています。それは他人からの評価であろうと自分自身の認識であろうと同じで、「欠点」がない人間はいません。 多くの人は、「できるだけ長所で欠点をカバーしたい」「欠点を目立たせないように気をつ…

努力教信者の洗脳に負けるな。努力の本質は目標に近づくこと

「がんばる力」が低い雨宮です。どうも。 「がんばる力」とは、目標に対してどれだけ労力を費やせるか……ではありません。「目標のためにどれだけのものを犠牲にして、消耗できるか」です。そういう意味で使います。 がんばる力が低い人は、怠惰ではありませ…

ネガティブ人間におススメな「ハッピー&アンラッキー思考」

あなたは、ポジティブ思考ですか、ネガティブ思考ですか? 多くの人が、「たぶんネガティブな方かな」と答えるんじゃないかと思います。ちなみにわたしはスーパーネガティブ人間です。 人間の気質っていうのはなかなか変えられないけど、せめてネガティブに…

HSPとは?生きづらさを感じる感受性が豊かすぎる・敏感な人が穏やかに生きていくために

「感受性が豊か」って言われても、いまいちどういうことかわかんないですよね。『ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。』という本のセルフチェックでは、以下のような項目があります。 ・自分をとりまく環境の微妙な変化によく気づくほうだ …

好きなことを仕事にできない日本って異常じゃない?

「好きなことを仕事にできるほど甘くない!」ってセリフ、おかしくないですか? 多くの人が40年も働くのに、好きじゃないことをやる方がヘンだと思うんですが。 なんで日本は、「好きなことは仕事にできない」っていう前提があるんでしょう。

「やりたいことが見つからない」?諦め癖があるだけじゃない?

よく、「やりたいことが見つからない」「夢がない」とかって言う人を見かけます。そんなことはない。そんな人はいないはずです。 やりたいことも、夢も、本当はみんな持ってます。でもそれを、なにかしら理由をつけて諦めてしまっただけなんです。 やりたい…

出る杭は打たれやすいけど、飛び出してなきゃ見つけてもらえない

出る杭は打たれる。ぬきんでてる人はまわりから憎まれるってことですね。でもそれは、ただのひがみです。 ひがみたいなら一生「いいなー」ってハンカチ噛んで過ごせばいい。でもチャンスを掴みたいなら、出る杭にならないとダメです。そうじゃなきゃ見つけて…

人間関係をすぐに切って「整理しました!」って人が理解できない

最近盛り上がってる、「イヤなやつとの人間関係はすぐに切ればいい」論。 たしかに、人間関係は切ろうと思えば結構あっさり切れます。でも繋ぐのってなかなかむずかしいんですよ。 切ったほうがいいこともあるけど、「俺の生き方に合わないやつは即ブロック…

いま出来ることを「将来の夢」にする人は結局何もしない

海外にいるからか、たまに相談メールをいただきます。で、多いのがこういうパターン。 ・いずれドイツへ留学したいのですが、親に反対されています ・ドイツ移住を考えていますが、向こうで仕事が見つかるかわかりません ・将来海外に行きたいのですが、どう…

心の整理が苦手な人へ!ストレス日記のメリットと書き方を伝授する

わたしは心の整理がすっごい苦手です。割り切りがヘタで、小さなストレスをかなり引きずります。それこそ一日中。長ければ数日ずっと心がモヤモヤしてます。 そんな心の整理が苦手な人は、ストレス日記を書くのがおススメ。ネガティブな感情を全部日記にぶつ…

ノウハウ本が役に立たない3つの理由。マニュアルとはちがう!

最近はどの書店でも、「ノウハウ本」を謳っている本が溢れかえっています。読んで字のごとく、know-how本です。「方法を知る」ということですね。 ですがそのノウハウ、本当に役に立ちますか? 断言しますが、ノウハウ本は役に立ちません。だれもが成功でき…

身軽に生きるために捨てた3つの固定概念。無重力人生にするために

たったいま、ブログの柱を決めました。キーワードは「無重力人生」です。 外からの圧力を感じず、気ままに漂うような人生。立派ではないけど、なににも囚われない。そんな人生にしたいし、そういった記事も増やしていきます。 無重力人生とは、身軽に生きる…