雨宮の迷走ニュース

ちょっと尖ってるらしいオピニオン系ブログ。海外生活やライフハック、その他ニュースなど。

「外国語ができる」と「外国語で飯を食う」はまったくちがうという話

わたしはドイツ語ができるので、「ねーねーこの単語ってどういう意味?」とか、「通訳お願ーい」って言われたりします。 最初はわたしも、ドイツ語ができる=翻訳・通訳もできるもんだと思ってました。が、「外国語で飯を食う」って、そんな甘いものじゃあり…

毎日「最善」を尽くせば、「最良」の結果につながる

人間生きている限り、なにかしら悩み続けるんだろうと思います。どうしたらいいのか、どうすべきなのか、なにが正しいか。「正解」がないからこそ、「もっといい道があるんじゃないか」と思って悩むんです。 特にわたしは将来のことをウダウダ考えるタイプな…

日本の皆さん。「国民総休日・働いてはいけない日」を作りませんか

長時間労働が大問題になっている日本。プレミアムフライデーを有給消化対策として使う企業や、残業隠しのためにタイムカードの改ざんを行うなど、もうやりたい放題です。 それに対する政策はいろいろとあるでしょうが、わたしはあえてこれを提案したい。 「…

「やってみたけど失敗した。だからやめる」は逃げでも無責任でもない

いろいろと試行錯誤している雨宮です。試行錯誤の途中では、「やってみたけどやっぱりやめる」が多発します。 わたしとしては当然の撤退なんだけど、なんか「成し遂げない=逃げ」って思ってる人が多いような気がするんですよねー。

「がんばればできる」という幻想を捨てよ。無能は大人しく我が道を行け

ザ・無能の雨宮です、こんにちわ! わたしはブログで散々偉そうなことを書いていますが、社会的な能力に関していえば下の中くらいです。居酒屋バイトですらそこそこ無能でした。 だからわたしは、あえて声に出して言いたいんです。「がんばればできるという…

なぜ日本人は「人見知り」を自称する?空気を読まないと話せない人たち

日本って、「自分は人見知りなんだ」って自己申告してくる人多すぎませんか? 感覚的には10人中8人くらいが臆面もなく人見知りアピールをしてくるんですけど、本当に日本には人見知りばっかりなんでしょうか? なんでみんなが「人見知り」を自称するのかにつ…

他人と比べて落ち込むあなたへ。『ばらかもん』から学ぶ「どうぞお先に」精神

結構前から『ばらかもん』というマンガにハマっている雨宮です。ほのぼのギャグマンガなんですが、たまにとても深いセリフが飛び出たりします。 後輩に負けてメンタルやられる主人公が、ヨボヨボのおばぁちゃんから前を向く力をもらうシーンがすごく素敵なの…

「Übung macht den Meister」が教えてくれる、努力を笑わない社会の大切さ

日本人はあまり日常生活でことわざを使わない気がするんですが、ドイツ人は結構ひんぱんに「Übung macht den Meister」という言葉を使います。 Übung=訓練、練習、演習 macht=する、つくる(英語のmake的な意味) Meister=マイスター、名人、達人 という…

教科書に載っていない日常ドイツ語を紹介!動画『雨宮のAlltagsdeutsch』配信

今週のお題「カバンの中身」 ドイツ語を勉強している人は少なくないのに、日本で「日常的なドイツ語」を勉強する機会はなかなかありません。 「もっとドイツ語が勉強しやすくなるといいな」と思い立ち、教科書には載っていない日常ドイツ語フレーズを動画で…

帰属意識が強い日本にはない、「いろんな人がいる」という当然の多様性

わたしは生まれも育ちも日本なので、「世界にはいろんな人がいる」とは理解しつつも、心の底では「みんな黒髪で日本語を話すのが当然」だと思っていました。 でもドイツで「いろんな人がいる」という当然の光景を目の当たりにして、むしろこっちの方が自然だ…

必要なのは配慮より理解。傷つく人がいる「かもしれない」論の茶番

かもしれない運転ならぬ、かもしれないコミュニケーション。日本は「言われる前に気付くべき」「空気を読んで思いやるべき」という不文律があります。 だから、「ちゃんと話し合って理解し合おう」じゃなくて、「その場の空気に合わせて自分をうまく調節しよ…

文章は、歌う。うまい文章とは文字による音楽だ

いままで「文章を書くノウハウ」にあまり興味がなかったわたしですが、「うまい文章とはなにか」について、本気で考えてみました。

92%の若者が「創造力がない」と答える日本に必要な、自己表現力

日本人の多くは、「クリエイティブな仕事に就けるのはごく一握りのセンスを持った天才かつ変人だけだ」と思ってます。だからわたしも、「文章でお金を稼いでるなんてすごい!」と言われます。でも、それはちがう。 創造的じゃない人間なんていません。ただ、…

行動を起こすとき、成功者だけじゃなくて失敗例にも目を向けるべきだ

「成功者のマネをする」というのが成功の常套手段と言われていますが、わたしとしては、「失敗例」もちゃんと視野に入れるべきだと思うんですよね。 失敗例を書いている人はたいてい、「なぜ失敗したのか」「どうすべきか」も書いてるから。

出来ない自分に絶望して逃げ出したけど、もう一度挑戦することに決めた

ふだんブログでは好き勝手書いてるけど、今回は自分の失敗談というか、つらかった経験について書こうと思います。 わたしはドイツの大学に入学して、1年半で大学を辞めています。でもその本当の理由は、実は一緒に住んでいる彼氏にすら言っていませんでした…

他人の反応が怖くて挑戦できない?だれも君なんか気にしてないよ

日本人はよく「気にしすぎ」な性格だと言われます。かくいうわたしもそういう人間で、自分の意見ははっきり言うけど、「自分がまわりからどう見られてるか」は結構気にする人間でした。 でもドイツに来てから、「まわりを気にすること」がまずなくなりました…

能動的な人生にしたいなら「選択肢の量産」が不可欠

ドイツで出会った「ドイツを楽しんでいる人」に「ドイツのなにが楽しい?」と聞いてみると、「いろんな選択肢があるから」と返ってくることが多いんです。わたしも最初は、「ドイツでは自由に生きれる!」って思いました。 でもドイツでできるほとんどのこと…

外国人に「ハロー」と言うのは正しいおもてなしなのか?

「外国人に『ハロー』と言うのは正しいおもてなしなのか」について考えてみました。 訪日外国人が増え、日本の観光地ではどこでも外国人を見かけるようになりました。京都なんて外国人ばっかりだったし、山口県では中国人ツアー客がたくさんいました。 で、…

【あらすじと感想】『最後の医者は桜を見上げて君を想う』レビュー

感動とやるせなさと切なさで、読んだ後「あぁ……」ってなることまちがいなしの名作『最後の医者は桜を見上げて君を想う』をレビューします! たったの302円(2017年7月5日現在)で楽しめる、超オトクな小説です。 これからもずっと続いていくと思っていた人生…

「20代のうちにやるべきこと」なんてない。年齢を理由にするのは無意味

もう20代も半ばになるんですが、友達と「20代のうちに○○しておきたいよね」という話題が結構出ます。海外旅行したい、結婚したい、子どもがほしい、貯金がいくらほしい……。 ネットで調べると、「20代はその後の人生に大きな影響を与えるから、こういうことを…

嫌なことから逃げて何が悪い?耐えれば成長するとは限らない

嫌なことから逃げ出してばかりの雨宮です、こんばんわ。 日本社会では一般的に、「嫌なことから逃げることは根性なしがやることで、恥じるべきだ」という考えがあります。武士道、自己犠牲精神が根付いてるからでしょうか。 でも、そんな風潮があるからこそ…

ブログを活用しないライターは、宝の持ち腐れ。ライター×ブログの可能性

わたしは、「文章を書いて生計を立てたい」と決めて、すぐにブログをはじめました。 でもそういう人はどっちかっていうと少数派で、多くの人は「ライターとしての実績を積みつつ、気分転換でブログを運営」しているようです。 ライターだから一応ブログやっ…

日本の無駄に多すぎるプレゼント文化に明確なNOを!!

日本に3ヶ月ほど帰省していた雨宮です。その3ヶ月で思ったのは、日本はとにかく「プレゼントのやり取り」が多すぎる!ってこと。 今年に入ってからの半年間を考えただけでも、新年、バレンタイン、ホワイトデー、新学期、新年度、GW(子どもの日)、母の日、…

美談にされる子どもへの強制英才教育は、虐待ではないのか?

2020年東京オリンピック開催ということで、最近は中高生アスリートが注目されていますよね。 スポーツに微塵も興味がないわたしですが、そういった番組や記事ではしょっちゅう、「強制英才教育を、親子二人三脚の美談」として取り上げています。それがもう気…

海外はもう特別じゃない。「日本を出る」ことを真剣に考えるべし

「ドイツに住んでる」って言うと、高確率で「すごいですね」って言われる雨宮です。いや、引っ越すだけならパスポート持ってればみんなできるんですけど……って思います。 このご時世、海外は特別なものではありません。日本人だからって日本で暮らさなきゃい…

現代人は、最先端テクノロジーより「愛すべき不便」を求めてる

島暮らしに憧れる雨宮です。実はかなりの「アンチ最先端」でして、「最新」「世界初」みたいな言葉に、まったく惹かれません。 わたしは最先端のテクノロジーよりも、不便を愛でたいんです。完成された便利よりも、未完成な不便が魅力的に思えます。

成功した人生以外は、すべて失敗なんだろうか?

人生における目標設定が低い雨宮です。わたしはメンタルが弱すぎて社会に溶け込めない上、特に際立った能力も才能もないです。だから、自分の人生にあんまり期待していません。 世の中には、「成功」という文字があふれてます。でも人間って、絶対に成功を追…

『名探偵コナン から紅の恋歌』のあらすじ・ネタバレ&辛口の感想!

『名探偵コナン から紅の恋歌』を見てきました!映画館久々!! 言いたいことがいろいろあったので、つっこみながらレビューしていきます。 簡単なあらすじだけ知りたい方は、ネタバレと書いている部分は飛ばしてくださいね!

「もったいない」が、日本人から無駄を愛する気持ちを奪った?

高校の英語の授業で、アフリカ人女性ではじめてノーベル平和賞を受賞した、ワンガリ・マータイさんについて学びました。彼女は「もったいない」という日本語に非常に感銘を受けて、「MOTTAINAI」キャンペーンを行ったそうです。 無駄にせず、大切にする精神―…

新幹線の座席を倒すとき、声をかけるのがマナー?意味がわからない

最近、「新幹線の座席を倒すときは声をかけるのがマナー」という話題が盛り上がっていますね。そんなマナー人生ではじめて聞いたんだけど、本当に「当然」なんですか? この件に関するテレビやネットでいろんな人のコメントを見ていて不思議だったのが、「な…